論文の概要、ライセンス

# (参考訳) PostgreSQLのための認知的視覚学習環境 [全文訳有]

Cognitive Visual-learning Environment for PostgreSQL ( http://arxiv.org/abs/2205.04834v1 )

ライセンス: CC BY 4.0
Manuela Nayantara Jeyaraj, Senuri Sucharitharathna, Chathurika Senarath, Yasanthy Kanagaraj, Indraka Udayakumara(参考訳) PostgreSQLは、データベースコミュニティに導入されたオブジェクトリレーショナルデータベース(ORDBMS)であり、さまざまな情報抽出ユースケースに広く使用されている。 高度なSQL準拠のオープンソースObject RDBMSとしても知られている。 しかし、ユーザはまだPostgreSQLに解決していない。これは、まだレイヤーの下にあり、アマチュアユーザにとって永続的なテキスト環境の複雑さのためである。 したがって、postgresqlの条件に基づいてクエリとフローを操作することにより、データベースが作成される手順と標準、テーブルとそれらの関係をユーザが理解するための簡単な環境を提供する必要がある。 このようにして、プロジェクトはpostgresqlが提供する支配的な機能を特定し、postgresqlへの移行においてデータベースユーザコミュニティに存在する制約を分析し、特定されたスコープと制約に基づいて、クエリ生成プラットフォームとして機能するシステムと、postgresqlクエリ構築を認知的に学習するインタラクティブな環境を提供する学習ツールを開発する。 これは、テキストエディタを組み込んだビジュアルエディタを使って、会話の行き届いたユーザに提供する。 視覚的に描画可能なクエリコンポーネントを提供することで、ユーザはpostgresqlクエリ生成をインタラクティブに学習できる認知的、視覚的、触覚的な環境を提供することを目的としている。

PostgreSQL is an object-relational database (ORDBMS) that was introduced into the database community and has been avidly used for a variety of information extraction use cases. It is also known to be an advanced SQL-compliant open source Object RDBMS. However, users have not yet resolved to PostgreSQL due to the fact that it is still under the layers and the complexity of its persistent textual environment for an amateur user. Hence, there is a dire need to provide an easy environment for users to comprehend the procedure and standards with which databases are created, tables and the relationships among them, manipulating queries and their flow based on conditions in PostgreSQL. As such, this project identifies the dominant features offered by Postgresql, analyzes the constraints that exist in the database user community in migrating to PostgreSQL and based on the scope and constraints identified, develop a system that will serve as a query generation platform as well as a learning tool that will provide an interactive environment to cognitively learn PostgreSQL query building. This is achieved using a visual editor incorporating a textual editor for a well-versed user. By providing visually-draggable query components to work with, this research aims to offer a cognitive, visual and tactile environment where users can interactively learn PostgreSQL query generation.
公開日: Tue, 10 May 2022 12:10:35 GMT

※ 翻訳結果を表に示しています。PDFがオリジナルの論文です。翻訳結果のライセンスはCC BY-SA 4.0です。詳細はトップページをご参照ください。

翻訳結果

    Page: /      
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Cognitive Visual-learning Environment for PostgreSQL PostgreSQLのための認知的視覚学習環境 0.61
Manuela N. Jeyaraj, Senuri Sucharitharathna, Chathurika Senarath, Yasanthy Kanagaraj, Indraka Udayakumara Manuela N. Jeyaraj, Senuri Sucharitharathna, Chathurika Senarath, Yasanthy Kanagaraj, Indraka Udayakumara 0.45
Sri Lanka Institute of Information Technology, Sri Lanka スリランカ情報技術研究所(sri lanka institute of information technology) 0.60
PostgreSQL is an object-relational database (ORDBMS) that was introduced into the database community and has been avidly used for a variety of information extraction use cases. PostgreSQLは、データベースコミュニティに導入されたオブジェクトリレーショナルデータベース(ORDBMS)であり、さまざまな情報抽出ユースケースに広く使用されている。 0.84
It is also known to be an advanced SQL-compliant open source Object RDBMS. 高度なSQL準拠のオープンソースObject RDBMSとしても知られている。 0.74
However, users have not yet resolved to PostgreSQL due to the fact that it is still under the layers and the complexity of its persistent textual environment for an amateur user.Hence, there is a dire need to provide an easy environment for users to comprehend the procedure and standards with which databases are created, tables and the relationships among them, manipulating queries and their flow based on conditions in Postgresql. しかし、まだレイヤ内にあり、アマチュアユーザのための永続的なテキスト環境の複雑さがあるため、ユーザはまだpostgresqlに解決していない。しかしながら、postgresqlの条件に基づいてクエリとフローを操作するために、データベース作成の手順と標準、テーブルとそれらの関係を理解するための簡単な環境を提供する必要がある。 0.76
As such, this project identifies the dominant features offered by Postgresql, analyzes the constraints that exist in the database user community in migrating to Postgresql and based on the scope and constraints identified, develop a system that will serve as a query generation platform as well as a learning tool that will provide an interactive environment to cognitively learn PostgreSQL query building. このようにして、プロジェクトはpostgresqlが提供する支配的な機能を特定し、postgresqlへの移行においてデータベースユーザコミュニティに存在する制約を分析し、特定されたスコープと制約に基づいて、クエリ生成プラットフォームとして機能するシステムと、postgresqlクエリ構築を認知的に学習するインタラクティブな環境を提供する学習ツールを開発する。 0.82
This is achieved using a visual editor incorporating a textual editor for a well-versed user. これは、テキストエディタを組み込んだビジュアルエディタを使って、会話の行き届いたユーザに提供する。 0.69
By providing visually-draggable query components to work with, this research aims to offer a cognitive, visual and tactile environment where users can interactively learn PostgreSQL query generation. 視覚的に描画可能なクエリコンポーネントを提供することで、ユーザはpostgresqlクエリ生成をインタラクティブに学習できる認知的、視覚的、触覚的な環境を提供することを目的としている。 0.62
Index Terms—database, interactive-learning , postgresql, visual-editor. インデックス用語 — データベース、インタラクティブラーニング、postgresql、ビジュアルエディタ。 0.64
I. INTRODUCTION POSTGRESQL, also simply referred to as Postgres, is an 私は... 導入 postgresqlは単にpostgresとも呼ばれます。 0.46
erudite open-source Object- Relational DBMS that serves as a subsidiary to practically all SQL constructs, including sub selects, transactions, and user-defined types. オープンソースのObject-Relational DBMSは、サブセレクション、トランザクション、ユーザ定義型を含む、事実上すべてのSQLコンストラクトのサブセットとして機能する。 0.63
It possesses an established architecture that has received a strong status for dependability, data integrity, and precision. 信頼性、データ完全性、正確性に強い地位を得た確立されたアーキテクチャを持っている。 0.65
Its compatibility ranges across various operating systems. 互換性は様々なオペレーティングシステムにまたがる。 0.78
It is copiously ACID amenable, provides provision for foreign keys, joins, views, triggers, and stored procedures across omni-various languages. 耐酸性であり、外国の鍵、結合、ビュー、トリガー、そしてあらゆる言語にまたがるストアドプロシージャを提供する。 0.55
As stated throughout the project, the lack of awareness of Postgresql and its attached beneficiary functionalities over any other existent systems, stated the dire need to elucidate the entire workings of Postgresql. プロジェクト全体で述べられているように、postgresqlに対する認識の欠如と、他の既存のシステムに対する受益機能の欠如は、postgresqlの動作全体を解明する必要性を示唆している。 0.70
Despite its numerous benefits and functionalities, the level to which its usage has penetrated into the database community is staggering. 多数のメリットと機能にもかかわらず、データベースコミュニティにその利用が浸透しているレベルは停滞している。 0.70
And hence an analysis on the reasons as to why Postgresql suffers a low prominence in utilization, the constraints that keep Postgresql from being renowned and a study on existing contender systems was carried out in order to build a system that triggers learnability within a development environment for Postgresql database creation and table querying functionalities. それゆえ,Postgresqlが低利用率に悩まされている理由,Postgresqlが有名にならないことの制約,およびPostgresqlデータベース作成とテーブルクエリ機能のための開発環境内で学習可能性を引き起こすシステムを構築するために既存の競合システムに関する研究が実施された。 0.81
II. A B ACKGROUND BRIEFING OF POSTGRESQL II。 postgresql の b ackground ブリーフィング 0.60
PostgreSQL, originally called Postgres, was created by Michael Stonebraker, a computer science professor. PostgreSQLはもともとPostgresと呼ばれ、コンピュータサイエンスの教授Michael Stonebrakerによって開発された。 0.83
He started this as a follow-up of Ingres, Postgres’ predecessor, which is now under the ownership of Computer Associates. 彼はこれを、Postgresの前身であるIngresのフォローアップとして始め、現在Computer Associatesの所有下にある。 0.72
The background study on Postgres presented here was done based on the literature survey conducted on the Postgresql Documentation [1]. 本論文はPostgresql Documentation [1]で実施した文献調査に基づいて,Postgresに関する背景調査を行った。 0.84
A. Postgresql’s support for languages and platforms A. Postgresqlが言語とプラットフォームをサポート 0.81
PostgreSQL is compatible with many of the dominant Operating Systems such as Windows, Linux, UNIX (AIX, BSD, HP-UX, SGI IRIX, Mac OS X, Solaris, and Tru64). PostgreSQLは、Windows、Linux、UNIX(AIX、BSD、HP-UX、SGI IRIX、Mac OS X、Solaris、Tru64)などの主要なオペレーティングシステムと互換性がある。
訳抜け防止モード: PostgreSQLはWindowsのような支配的なオペレーティングシステムの多くと互換性がある。 Linux, UNIX (AIX, BSD, HP - UX, SGI IRIX, Mac OS X, Solaris, Tru64 )。
0.89
It 1 provides avid support to various forms of data that include Text, Image, Audio and Video. それ 1 Text, Image, Audio, Videoなど,さまざまな形式のデータに対して,高度なサポートを提供する。 0.62
It houses various programming interfaces for C / C++, Java, Perl, Python, Ruby, Tcl and Open Database Connectivity (ODBC). C/C++、Java、Perl、Python、Ruby、Tcl、Open Database Connectivity (ODBC)の様々なプログラミングインターフェースを格納している。 0.84
Postgres provisions a hefty share of the SQL standard functionalities and goes further to offer many added features as described below: Postgresは、SQL標準機能のかなりのシェアを提供し、さらに、下記のような多くの追加機能を提供する。 0.69
- Complex SQL queries - Triggers - SQL Sub-selects - Hot Standby - Multi-version concurrency control (MVCC) -複雑なSQLクエリ - Triggers - SQLサブセレクト - Hot Standby - Multi-version concurrent control (MVCC) 0.91
- Foreign Keys - Views - Transactions - Streaming Replication -外部キー - ビュー - トランザクション - ストリーミングレプリケーション 0.73
PostgreSQL can also be extended to incorporate several PostgreSQLはいくつかのものを組み込むように拡張することもできる 0.54
added features in the following sections - Data types - Functions - Operators - Aggregate functions - Index methods データ型 - 関数 - 演算子 - 集約関数 - インデックスメソッド 0.49
In Postgres, an SQL statement is made up of tokens. postgresでは、sqlステートメントはトークンで構成されている。 0.73
These tokens can be of the following type. これら トークンは以下の型にすることができる。 0.69
- Keyword - Identifier - Quoted Identifier - Constant - Special Character Symbol -キーワード-識別子-引用識別子-定数-特殊文字記号 0.83
B. Postgresql data types b.postgresqlデータ型 0.89
Data types are specified for each column while creating tables. データ型はテーブルを作成しながら列毎に指定される。 0.73
The advantages of doing so is that the Database tends to retain Consistency, Validity, Compactness and Performance. その利点は、データベースが一貫性、妥当性、コンパクト性、パフォーマンスを維持する傾向があることです。 0.67
1) Consistency: Operations against columns of the same data type give consistent results and are usually the fastest. 1) 一貫性: 同じデータ型の列に対する操作は一貫性があり、通常は最速である。 0.79
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
2) Validation: Proper use of data types implies format validation of data and rejection of data outside the scope of data type. 2)検証: 適切なデータ型の使用は、データのフォーマット検証とデータ型の範囲外のデータの拒絶を意味する。 0.89
3) Compactness: As a column can store a single type of value, it is stored in a compact way. 3) コンパクト性: カラムは単一の種類の値を格納できるため、コンパクトな方法で格納される。 0.79
4) Performance: Proper use of data types gives the most efficient storage of data. 4) パフォーマンス: 適切なデータ型の使用は、データの最も効率的なストレージを提供します。 0.79
The values stored can be processed quickly, which enhances the performance. 保存された値は迅速に処理でき、パフォーマンスが向上する。 0.82
Postgresql supports a wide set of Data Types. postgresqlは幅広いデータ型をサポートしている。 0.82
It also permits the users to create their own custom data type using CREATE TYPE SQL command. また、CREATE TYPE SQLコマンドを使用して独自のカスタムデータタイプを作成することもできる。 0.81
Hence the flexibility offered here is high. したがって、ここで提供される柔軟性は高い。 0.63
There is a never ending list of data types offered by Postgres. postgresが提供するデータ型は、決して終わらないリストである。 0.77
III. FUNCTIONALITIES RENDERED BY POSTGRESQL III。 POSTGRESQL による機能評価 0.78
A. Creating databases in Postgresql a.postgresqlでのデータベース作成 0.90
There are two stagnant ways in which a user can create or ユーザが作成または作成できる方法は2つある。 0.69
define databases within the PostgreSQL environment [2]. PostgreSQL環境内でデータベースを定義する[2]。 0.80
- Using CREATE DATABASE SQL command - Using createdb command-line executable -CREATE DateBASE SQL コマンドを使用する - createdb コマンド行実行ファイルを使用する 0.71
The parameters that could be passed in specifying the database are the database name, description and options such as command-line arguments which it accepts. データベースを指定する際に渡すことができるパラメータは、データベース名、記述、およびそれが受け入れるコマンドライン引数のようなオプションである。 0.79
B. Creating database schemas in Postgresql B.Postgresqlでデータベーススキーマを作成する 0.83
Postgresql provides the ability to create a schema where a schema is a named collection of tables that defines a structure the database [3]. Postgresqlは、スキーマがデータベース[3]の構造を定義するテーブルの命名されたコレクションであるスキーマを作成する機能を提供します。 0.81
A schema can also contain views, for indexes, sequences, data types, operators, and functions. スキーマには、インデックス、シーケンス、データタイプ、演算子、関数などのビューも含まれる。 0.67
Schemas are comparable to directories at the operating system level, excluding the restriction that schemas cannot be nested. スキーマは、スキーマがネストできないという制限を除いて、オペレーティングシステムレベルでのディレクトリに匹敵する。 0.71
PostgreSQL statement CREATE SCHEMA creates a schema [4]. PostgreSQL文 CREATE SCHEMAはスキーマを生成する[4]。 0.78
CREATE SCHEMA <name>; クリートSCHEMA<name>; 0.55
A table in the schema can be created using; スキーマ内のテーブルを作成できる。 0.50
CREATE TABLE <myschema.mytable> (...); CREATE TABLE <myschema.mytable> (...) 0.42
C. Postgresql Operators C. Postgresql オペレータ 0.90
The definition of an operator explains it as an earmarked keyword or a character that bears a prime functionality in a Postgresql statement WHERE clause to accomplish the intended filter, comparison, arithmetic or related operations [5]. 演算子の定義は、意図したフィルタ、比較、算術、または関連する操作を達成するためにPostgresql文のWHERE節で素機能を持つ文字またはイヤーマーク付きキーワードとして説明します [5]。 0.75
Operators also function as binding points that collaborate omni various statements endorsed on a query and serve the accumulated conditions’ results via execution. オペレータはまた、クエリに準拠したあらゆる様々なステートメントを協調し、実行を通じて蓄積された条件の結果を提供するバインディングポイントとしても機能する。 0.62
The following operator types are currently categorized and available in Postgresql. 以下のオペレータタイプは、現在postgresqlで分類および利用可能である。 0.75
- Arithmetic operators - Comparison operators - Logical operators - Bitwise operators -演算演算子-比較演算子-論理演算子-ビット演算 0.78
D. Constraints and the various levels at which they can be enforced d. 施行可能な制約及び各種レベル 0.54
Constraints can be mentioned as the rubrics imposed on data columns of the database table. 制約は、データベーステーブルのデータ列に課されるルーリックとして言及することができる。 0.70
Constraints bar the entry of inacceptable data being passed into the database. 制約は、データベースに渡される許容できないデータの入力を禁止する。 0.69
This confirms the precision and dependability of the data in the database. これはデータベース内のデータの正確性と信頼性を確認する。 0.80
Constraints can be formulated to adhere to the column level or table level. 制約はカラムレベルやテーブルレベルに準拠するように定式化することができる。 0.70
Column level constraints are functional only on one column while table level constraints are functional to the unabridged table. 列レベルの制約は1つの列でのみ機能し、テーブルレベルの制約は非ブリッジテーブルで機能する。 0.71
The process of outlining a data type for a column can be considered as a constraint in itself. カラムのデータ型を概説するプロセスは、それ自体が制約と見なすことができる。 0.69
Since data types automatically validate the values that are allowed to be stored in columns while inserting into the database, without the interference or specification from a user or developer, declaration of column data types are readily deemed as the easiest and lowest level of constraint declaration [6]. データ型は、ユーザや開発者からの干渉や仕様なしに、データベースに挿入しながら列に格納できる値を自動的に検証するので、列データ型の宣言は、簡単に最も簡単かつ最低レベルの制約宣言とみなすことができます [6]。 0.76
For example, a column declared with the data type STRING constrains the column to permit the entry of solely string values. 例えば、データ型STRINGで宣言された列は、列を制約し、単に文字列値の入力を許可する。 0.70
Some of the very notably available and utilized constraints within Postgresql’s operation are tabularized below. Postgresqlの操作で非常に顕著に利用でき、利用可能な制約のいくつかは以下に表されている。 0.61
TABLE I. Constraint Description テーブルI。 制約 解説 0.59
NOT NULL UNIQUE null ではない ユニキュー 0.50
FOREIGN Key CHECK EXCLUSION 外国キー チェック 排ガス 0.46
are via this the は 経由 これ その... 0.55
that column constraint constraint あれ コラム 制約 制約 0.66
Guarantees column doesn’t permit the entry of null values Guarantees that all values within a distinct and different from one another the extends This specified the to columns referenced column in another table Conditions on columns can be type specified of constraint. Guarantees列はnull値の入力を許可していない 異なる値内のすべての値と異なる値が拡張されていることを保証 この指定したカラムは、別のテーブルで参照されたカラムを参照している。 0.86
specified constraint will be validated for all values that are stored in the column This restriction certifies that if any two rows are likened on the indicated column/ columns or expression/expressio ns using the stated operator/operators, not all of these evaluations are bound to return TRUE 指定された制約は、列に格納されたすべての値に対して検証される。この制限は、2つの行が指定された列/列に型付けされたり、指定された演算子/オペレータを使用して式/表現された場合、これらすべての評価がtrueを返すように束縛されているわけではないことを証明する。 0.50
The E. Triggers as functions in Postgresql その... Postgresqlの関数としてのE. Triggers 0.44
PostgreSQL Triggers facilitate callback functions on the database. PostgreSQL Triggerはデータベースのコールバック機能を促進する。 0.75
These are inevitably fired at the occurrence of a stated event within the or upon the database. これらは必然的にデータベース内またはデータベース上の特定のイベントが発生すると解雇される。 0.69
The most commonly invoked triggers in Postgresql are listed below [7]. Postgresqlで最も一般的に起動されるトリガは以下の通りである。 0.66
- Constraint is laid before the operation is attempted in a row (before restrictions are tested and the INSERT, UPDATE or DELETE is tried). - 操作が行で試みられる前に制約を定める(制約がテストされ、挿入、更新、削除が試みられる前に)。 0.67
2 2 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
- Constraint is checked after the operation has completed (after constraints are checked and the INSERT, UPDATE, or DELETE has completed). -操作が完了した後、制約がチェックされる(制約がチェックされ、INSERT、UPDATE、DELETEが完了した後)。 0.74
- Constraint is checked instead of the operation (in the case of an INSERT, UPDATE, or DELETE on a view). -操作の代わりに制約をチェックする(ビュー上のINSERT、UPDATE、DELETEの場合)。
訳抜け防止モード: -操作の代わりに制約がチェックされる(INSERTの場合)。 UPDATE または DELETE on a view )。
0.72
F. Indexes as an optimization technique F.最適化手法としての指数 0.65
Indexes are distinctive search techniques or tools on tables that the database search engine utilizes to fetch data quickly. インデックスは、データベース検索エンジンがデータを素早く取得するために利用するテーブル上のユニークな検索テクニックやツールである。 0.75
This can also be stated to describe the index as a lookup or reference to the actual data in the table [8]. これはまた、インデックスをテーブル[8]内の実際のデータに対するルックアップまたは参照として記述することもできる。 0.88
SELECT and WHERE clauses positively gain through the application of indexes on tables, speeding up the data retrieval procedure. SELECTおよびWHERE節は、テーブル上のインデックスの適用によって、データ検索手順を高速化することで、肯定的に向上する。 0.62
But, the UPDATE and INSERT statement negatively suffer the enforcement of indexes as their execution speed is diminished. しかし、UDPATEとINSERTの声明は、実行速度が低下するにつれて、インデックスの強制を負う。 0.71
The creation or deletion of indexes bears no toll on the way in which data is present within the database. インデックスの作成や削除は、データベース内にデータが存在している途中で何の負担も伴わない。 0.76
An index can be created using the following SQL statement. インデックスは以下のSQLステートメントを使って作成できる。 0.77
CREATE INDEX; インデックスを作成する 0.43
This statement permits the index to have the following このステートメントは、インデックスに以下のことを許可します 0.72
attributes. - A specified name - The table or column on which the index will function - The order of the index (Ascending or descending) 属性。 -指定された名前 - インデックスが機能するテーブルまたは列 - インデックスの順序(上昇または降下) 0.72
A UNIQUE constraint can be laid upon the indexes as well. インデックスにもユニークな制約が設定できる。 0.52
In such a way, the indexes ensure that only distinct values are entered in the columns upon which the indexes are enforced. このようにして、インデックスは、インデックスが強制される列にのみ異なる値が入力されることを保証する。 0.80
IV. NEED FOR A DEVELOPMENT ENVIRONMENT FOR IV。 開発環境の必要性 0.43
POSTGRESQL POSTGRESQL 0.42
It This proposed system is intended to induce the utilization and elucidate the importance and advantages of PostgreSQL, which is an object-relational database (ORDBMS) that was recently introduced into the database community and has been proven to be superior to the well-renown MySQL in many ways. それ 提案システムは、最近データベースコミュニティに導入され、よく知られたMySQLよりも多くの点で優れていることが証明されたオブジェクトリレーショナルデータベース(ORDBMS)であるPostgreSQLの活用とメリットの解明を目的としている。 0.72
is also known to be the world’s most advanced SQL-compliant open source Objective RDBMS. また、世界で最も先進的なSQL準拠のオープンソースObjective RDBMSとしても知られている。 0.69
But, users have not yet resolved to Postgresql due to the facts that it is still under the layers and the complexity of its persistent textual environment for an introductory user. しかし、まだレイヤ内にあるという事実と、入門ユーザのための永続的なテキスト環境の複雑さのため、ユーザはまだpostgresqlに解決していない。 0.75
Simply stating this, there is a dire need to elucidate an easy way of making the users comprehend the procedure and standards with which databases are created, tables and the relationships among them, manipulating queries and their flow based on conditions in Postgresql to help the community resolve to Postgresql at an augmented rate. 簡単に言えば、データベースの作成手順やテーブル、それらの関係を理解し、Postgresqlの条件に基づいてクエリとフローを操作することで、コミュニティがPostgresqlを拡張レートで解決するのに役立つように、ユーザが簡単に理解できるようにする方法を理解する必要があります。 0.82
Hence, this project tends to identify the dominant features provided by Postgresql over MySQL, analyze the constraints that exist in the database user community in moving towards the utilization of Postgresql and based on the scope and constraints identified, develop a system that will serve as a designing platform as well as a learning tool that will provide an interactive method of learning via a visual editor mode and incorporate a textual editor for a well-versed user. したがって、このプロジェクトでは、MySQL上でPostgresqlが提供する支配的な機能を特定し、Postgresqlの利用に向かっているデータベースユーザコミュニティに存在する制約を分析し、特定されたスコープと制約に基づいて、デザインプラットフォームとして機能するシステムと、ビジュアルエディタモードによるインタラクティブな学習方法を提供し、よく知られたユーザのためのテキストエディタを組み込む学習ツールを開発する傾向にある。 0.85
By providing a visually draggable and manipulative environment to work with Postgresql databases and queries, it is expected to highlight the advanced features displayed by Postgresql over any other existent systems in order to grasp and disseminate the importance and simplicity offered by this language to a hesitant user. postgresqlデータベースやクエリを扱うために視覚的にドラッグ可能なマニピュレーション環境を提供することで、この言語によって提供される重要さと単純さをためらうために、postgresqlが他の既存のシステムに対して表示した高度な機能を強調することが期待されている。 0.78
A. Concerns that led to the lack of potential users A.潜在的なユーザ不足の原因となる懸念 0.80
The reason to direct major focus towards Postgresql is the fact that in spite of its numerous advantages over any current SQL compliant DBMS, Postgresql is not a database server in vogue. PostgresqlがPostgresqlに大きくフォーカスする理由は、現在のSQL準拠DBMSに対して多くのアドバンテージがあるにもかかわらず、Postgresqlはデータベースサーバではないという事実である。 0.86
The database user community is somehow tentative to migrate to this environment abandoning conventional servers such as MySQL. データベースユーザコミュニティは、mysqlのような従来のサーバを捨てて、この環境に移行するために暫定的です。 0.71
As a questionable research topic on why such hesitance still exists, the following concerns were identified. なぜそのようなためらうのかという疑問が残る研究テーマとして、以下の懸念点があげられる。 0.56
- The hassle of learning new standards and processes over well-known database management systems such as MySQL. -MySQLのようなよく知られたデータベース管理システムで新しい標準とプロセスを学ぶのが面倒です。 0.75
- Provided the advanced features of this tool, there are deficiencies in rapports of popularity, despite the extreme implementations. -このツールの高度な機能により、極端な実装にもかかわらず、人気度が低下する。 0.62
This affects the level of ease with which support is made available これはサポートが利用可能になる際の容易さに影響を及ぼす 0.77
Misconceptions about the platform that permits complex custom solutions- Postgresql is well adopted to incorporate complex custom solutions since it is extensible. 複雑なカスタムソリューションを許可するプラットフォームに関する誤解-postgresqlは拡張性があるため、複雑なカスタムソリューションを組み込むのによく採用されている。
訳抜け防止モード: 複雑なカスタムソリューションを可能にするプラットフォームに関する誤解-Postgresqlがよく採用されている 拡張可能な複雑なカスタムソリューションを 組み込むことです
0.73
Hence, based on the concerns identified, it was conclusive that learnability and comprehensibility were two major attributes that affected the user migration from other platforms to Postgresql. したがって、特定された懸念に基づいて、学習可能性と理解性が、他のプラットフォームからPostgresqlへのユーザ移行に影響を与える2つの主要な属性であると結論付けられた。
訳抜け防止モード: それゆえ 特定された懸念から 結論づけられたのは 学習性と理解性は、他のプラットフォームからpostgresqlへの移行に影響を与える2つの大きな要因だった。
0.66
So this research based system being developed tends to identify the ways and features that a development platform for Postgresql needs and build a development environment that will serve both the amateur users as well as the well-versed users via interactive modes of database creation and manipulation. この研究ベースシステムは,Postgresqlの開発プラットフォームが必要とする方法や機能を特定し,データベース作成と操作のインタラクティブなモードを通じて,素人ユーザと多言語ユーザの両方にサービスを提供する開発環境を構築する傾向にある。 0.82
to have B. Perspective of conjuring a feasible product to have ~ b. 実現可能な製品の構築の展望 0.59
Though there are IDEs to work on PostgreSQL databases management, these existing workspaces do not focus on inducing learnability of PostgreSQL via interactive operations. PostgreSQLデータベース管理に取り組むIDEは存在するが、既存のワークスペースは、インタラクティブな操作を通じてPostgreSQLの学習性を促進することに重点を置いていない。 0.66
Some of the namable IDEs in this regard are PGAdmin III [9], PhpPGAdmin [10], and SQuirreL [11]. この点で命名可能なIDEには、PGAdmin III[9]、PhpPGAdmin[10]、SQuirreL[11]がある。
訳抜け防止モード: この点における命名可能なIDEのいくつかは、PGAdmin III [9 ]である。 PhpPGAdmin [ 10 ] と SQuirreL [ 11 ] である。
0.75
The factor considered in conjuring the solutions to differentiate the system under development from the existing systems is learnability. 開発中のシステムを既存のシステムと区別する解決策を導出する上で考慮される要因は、学習性である。
訳抜け防止モード: 考慮すべき要因 開発中のシステムを既存のシステムと区別する解決策を調整します 学習性です
0.82
Learnability of the system can be measured using the システムの学習能力は、それを使って測定できる。 0.61
following ways. - Effectiveness: Number of functions that could be learnt from working on the system. 次の方法で -有効性: システムの開発から学ぶことのできる関数の数。 0.74
- Efficiency: The time taken to learn a new function via interacting with the Application. - 効率性: アプリケーションとのインタラクションを通じて新しい機能を学ぶのに要する時間。 0.90
- Satisfaction: The perceived value of the user associated with their investment (Time, Effort and Cost) in learning how to use a particular functionality on the system. 満足: システムで特定の機能を使用する方法を学ぶことにおける、投資(時間、努力、コスト)に関連するユーザの認識された価値。 0.77
- Errors: The number of errors that are possible to be met when working on the Application and the time or methods to recover from the incurred erroneous state. - エラー: アプリケーションで作業する場合に満たせるエラーの数と、発生した誤った状態から回復する時間やメソッド。 0.64
3 3 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Based on these measurable and assumable attributes, the UI design for a Visual Editor that encapsulates learnability as a key component had to be analyzed. これらの測定可能な属性に基づいて、学習可能性を重要なコンポーネントとしてカプセル化するVisual EditorのUI設計を分析する必要がある。 0.71
To do so, the Info-graphic of Interaction Principles [12] by David Hogue was evaluated on a research basis. そのためにDavid Hogue氏のInfo-graphic of Interaction Principles[12]を研究ベースとして評価した。 0.82
According to David Hogue’s core principle of Interaction Design, Comprehensibility is coherent with learnability as shown in Fig 1. david hogue氏のインタラクション設計のコア原則(source)によると、理解可能性は図1に示すように、学習可能性と一貫性がある。 0.51
Fig. 1 V. TARGET MODEL FOR POSTGRESQL LEARNABILITY 第1図 v.postgresql learnabilityのターゲットモデル 0.60
A. System components A.システムコンポーネント 0.80
Bearing in mind all the pre-calculated and evaluated features, constraints and feasible factors, a system with the following components can be considered as a viable solution to the concern at hand. 事前計算および評価されたすべての特徴、制約、実現可能な要因を念頭に置いて、以下のコンポーネントを持つシステムは、目前にある懸念に対する実行可能な解決策とみなすことができる。 0.62
The system will provide the user with functionalities under three categories. このシステムは、ユーザーに3つのカテゴリの機能を提供する。 0.71
1) The Visual Editor 1)ビジュアルエディター 0.62
Provides a drag-and-drop based editor where databases and queries on databases can be interactively created and manipulated. データベース上のデータベースとクエリをインタラクティブに作成および操作できるドラッグ&ドロップベースのエディタを提供する。 0.78
2) The Text Editor 2)テキストエディター 0.67
This facilitates the production of source code featuring user-programmable syntax highlighting and clause navigation functions. これにより、ユーザープログラミング可能な構文強調表示と節ナビゲーション機能を備えたソースコードの作成が容易になる。 0.54
3) A user dashboard 3) ユーザダッシュボード 0.65
A personalized user dashboard for each registered user creates an illusion separating multiple logged in user sessions from one another providing privacy and manageability of one’s own databases and query projects. 登録ユーザ毎にパーソナライズされたユーザダッシュボードは、ユーザセッションに登録された複数のログを互いに分離して、自身のデータベースやクエリプロジェクトのプライバシと管理性を提供する錯覚を生成します。 0.71
B. Target users of the system B.システムのユーザをターゲットとする 0.85
context of this project. このプロジェクトのコンテキスト。 0.68
There are basically two user classes focused within the 基本的に2つのユーザークラスがある。 0.72
1) Novice users These users are those who have a certain level of database knowledge and know to work their way within a database environment in general. 1)初心者 これらのユーザは、一定のレベルのデータベース知識を持ち、一般的にデータベース環境内で動作することを知っている人です。 0.70
But their knowledge does not span well across the concepts and practicality of Postgresql in specific. しかし、彼らの知識は特にpostgresqlの概念と実用性に及ばない。 0.72
Hence these users will need to be taught the concepts as well as manipulation of Postgresql Queries and databases. したがって、これらのユーザは、Postgresql Queriesとデータベースの操作と同様に、概念を教える必要がある。 0.72
2) Expert users. These users are considered to be regular Postgresql users who are well-versed in its concepts and techniques. 2) 専門ユーザ。 これらのユーザは、概念やテクニックに精通した正規のpostgresqlユーザだと考えられている。 0.73
But the 4 reason to accommodate these users within the system’s context is to provide a broader scope and capture more target audience instead of extending the usability of the system to mere amateur users. しかし 4 これらのユーザをシステムコンテキストに適応させる理由は、システムのユーザビリティをアマチュアユーザのみに拡張するのではなく、より広いスコープを提供し、よりターゲットとするオーディエンスを獲得することだ。
訳抜け防止モード: しかし 4 システムのコンテキスト内でこれらのユーザに対応する理由は、より広いスコープを提供することである。 ターゲットのオーディエンスを システムのユーザビリティを ただのアマチュアユーザーにまで拡張します
0.58
VI. CONTRIBUTION OF A VISUAL EDITOR INCOHERENT VI。 インコヒーレントなビジュアルエディターの貢献 0.66
LEARNING The Visual Editor is predominantly intended towards the provision of learnability of Postgresql concepts and techniques for amateur users as considered within this context. 学習 Visual Editorは主に、Postgresqlの概念と、この文脈で考慮されたアマチュアユーザのためのテクニックの学習性の提供を目的としている。 0.62
As such the Visual Editor will be partitioned in two major sections based on its functionality within the system. そのため、Visual Editorはシステム内の機能に基づいて2つの主要なセクションに分割される。 0.80
- Database and Table creation - Query Builder for Table Data Retrieval -データベースとテーブル作成-テーブルデータ検索のためのクエリビルダー 0.89
Each of these are elucidated in detail here. いずれも詳細はこちらを参照のこと。 0.63
A. Database and table creation within the Visual Editor A. Visual Editor 内のデータベースとテーブル作成 0.82
The various functionalities that are broken down within this major context of creating databases and tables, consider the implementation of each of these features. データベースとテーブルを作成するというこの主要なコンテキストの中で分解される様々な機能は、これらの機能の実装について検討する。 0.70
1) Effectiveness a) Creating database or schema object 1)有効性 a)データベースまたはスキーマオブジェクトの作成 0.84
Most of the web based visual editors currently provide less number of options while creating users or databases or schema objects like tables, novice users are unable to learn available options for databases or schema objects in Postgresql [13]. 現在、Webベースのビジュアルエディタのほとんどは、ユーザやデータベース、テーブルのようなスキーマオブジェクトを作成しながら、選択肢が少ないため、初心者のユーザはPostgresql[13]でデータベースやスキーマオブジェクトのオプションを学べない。 0.81
For example when creating a database we have to provide database template, owner, collation type, character classification and connection limit. 例えば、データベースを作成する場合、データベーステンプレート、オーナー、照合タイプ、文字分類、接続制限を提供する必要があります。 0.73
Users have to navigate pages to identify available options. ユーザーは利用可能なオプションを特定するためにページをナビゲートする必要がある。 0.49
So the percentage of users who manage to learn the criterion is less. ですから、この基準を学べるユーザの割合は、少ないのです。 0.67
Insufficient in learning a single task or function. 1つのタスクや機能を学ぶのに不十分です。 0.52
In our tool we have provided a single form with multiple options to create database or schema objects therefore beginners may feel convenient while using, they don’t need to access many pages. 私たちのツールでは、データベースやスキーマオブジェクトを作成するための複数のオプションを備えた単一のフォームを提供しています。
訳抜け防止モード: 私たちのツールでは、データベースやスキーマオブジェクトを作成するための複数のオプションを備えた単一のフォームを提供しています。 多くのページにアクセスする必要はない。
0.76
configuration attributes configuration 属性 0.81
like b) Continuity of task sequences 例えば b) タスクシーケンスの連続性 0.66
Database design has many processes, to do each process instructions are given by our visual editor. データベース設計には多くのプロセスがあり、それぞれのプロセス命令はビジュアルエディターによって与えられます。 0.74
This may be useful for both novice and expert users. これは初心者と専門家の双方にとって有用かもしれない。 0.53
For example; after logging into their accounts each user will be given a dashboard. 例えば、アカウントにログインした後、各ユーザにダッシュボードが与えられる。 0.77
In the dashboard we will give an instruction for users to create a new user for a new database likewise for each task we will be helping them. ダッシュボードでは、ユーザが新しいデータベース用の新しいユーザーを作成するように指示します。 0.44
At a time, users can learn multiple functions. 一度に複数の機能を学ぶことができる。 0.74
2) Efficiency Users expect to learn in a quick way. 2)効率性 ユーザーは素早く学習することを期待している。 0.84
Some of the elements present in PostgreSQL are not known by beginners. PostgreSQLに存在するいくつかの要素は初心者には知られていない。 0.67
They might know basic components. 彼らは基本的なコンポーネントを知っているかもしれません。 0.39
For each element in database design we thought of giving a small description. データベース設計の各要素について、小さな説明をしようと考えたのです。 0.70
Postgresql provides many data types but some data types are unknown by novice users. Postgresqlは多くのデータ型を提供しているが、一部のデータ型は初心者ユーザーによって不明である。 0.55
For instance as shown in Fig 2, while creating a table with columns and when the user moves the cursor to that particular data type like double precision, serial our visual editor describes it. 例えば、図2に示すように、カラム付きのテーブルを作成しながら、ユーザがカーソルをダブル精度のような特定のデータタイプに移動すると、ビジュアルエディタがそれを記述します。 0.80
So users no need to get help from other だからユーザーは他人の助けを得る必要がない 0.80
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
sites. This feature may reduce time consumption to learn and is a convenient way to increase their knowledge on Postgresql. サイト。 この機能は、学習する時間の消費を減らし、postgresqlに関する知識を増やすための便利な方法である。 0.71
Fig. 2 Database beginners may be confused if they see numerous options in a single form of table creation. 第2図 データベース初心者は、テーブル生成の単一の形式で多数のオプションを見れば混乱する可能性がある。 0.71
We can’t limit the options or fields because the system should be used by experts simultaneously. システムを専門家が同時に使用する必要があるため、オプションやフィールドを制限できません。 0.75
Therefore to make it more efficient we separated table options into two parts as shown in above Fig 3. したがって、より効率的にするために、上の図3に示すように、テーブルオプションを2つの部分に分けました。
訳抜け防止モード: それゆえ より効率的に 図3に示すように、テーブルオプションを2つの部分に分けました。
0.73
- Primary details which includes table name & description - Advance properties which include indexes, check constraints [14] and schemas. - テーブル名と記述を含む主要な詳細 - インデックス、チェック制約[14]、スキーマを含む高度なプロパティ。 0.73
Fig. 3 3) Satisfaction Satisfaction can be measured using a rating scale of ease of learning. 第3図 3)満足度 満足度は、学習の容易さのレーティング尺度を使って測定できる。 0.75
This factor includes effort, time and cost. この要因には、労力、時間、コストが含まれる。 0.55
Main effort of users is learning the Postgresql database system. ユーザの主な取り組みは、Postgresqlデータベースシステムを学ぶことだ。 0.82
To increase the learnability, the number of components in UI must be reduced [12]. 学習性を高めるために、uiのコンポーネントの数を削減しなければならない[12]。 0.70
Current visual editors have so many menus after logging in. 現在のビジュアルエディタはログイン後のメニューがとても多い。 0.73
By providing simple forms for users and database creation, beginners might adapt to the system for the learning process. ユーザとデータベース作成にシンプルなフォームを提供することで、初心者は学習プロセスに適応するかもしれない。 0.78
In the user creation task of our product, the available components are user name and single or multiple user configuration selections like super user, created role, and password [15]. 製品のユーザ作成タスクでは、利用可能なコンポーネントはユーザ名と、super user、create role、password[15]のような単一または複数のユーザー設定選択です。 0.74
a) Visibility of commands and menu options a) コマンド及びメニューオプションの可視性 0.88
Make commands and menu options highly visible and easy to find. コマンドとメニューオプションを高度に可視化し、見つけやすくする。 0.81
For example near the database object that they impact - a right click on that database or if they click on the dropdown icon displays a list of available operations like creating new table and view existing tables as shown in below Fig 4. 例えば、影響のあるデータベースオブジェクトの近くに - データベースを右クリックするか、ドロップダウンアイコンをクリックすると、新しいテーブルを作成し、図4に示すように既存のテーブルを見るといった利用可能な操作のリストが表示される。 0.84
Fig. 4 b) Providing command feedbacks 第4図 b) 指令のフィードバックの提供 0.76
Prompting out successful or failure messages after object creation this feature may help users to find out whether their schema objects were created on their specific database. オブジェクト作成後に成功または失敗メッセージをプロンプトする この機能は、ユーザが特定のデータベース上でスキーマオブジェクトが作成されているかどうかを知るのに役立つ。 0.71
As shown in Fig 3 if a user clicks on ‘+ New table’, it redirects to create a table page. 図3に示すように、ユーザが‘+ New table’をクリックすると、テーブルページを作成するようにリダイレクトされる。 0.86
After creating the table it shows a successful or failure message. テーブルを作成すると、成功または失敗のメッセージが表示される。 0.71
According to time satisfaction, if they navigate the table list, users will be able to view existing tables of that database, add columns menu and table drop option. 時間の満足度によると、テーブルリストをナビゲートすると、ユーザはそのデータベースの既存のテーブルを閲覧でき、カラムメニューとテーブルドロップオプションを追加できる。 0.85
They don’t need search or navigate multiple pages to choose options like drop table menu テーブルメニューのドロップなど、複数のページを検索したりナビゲートしたりする必要もない。 0.72
4) Recover from errors 4)エラーから回復する 0.89
In Postgresql certain index methods do not support some data types of columns [16]. postgresqlでは、特定のインデックスメソッドはいくつかのデータ型 [16] をサポートしない。 0.71
If a user selects incompatible data types while selecting index methods, the system should give an error message for the user to discover the error. ユーザがインデックスメソッドを選択しながら互換性のないデータ型を選択する場合、システムはエラーを発見するためのエラーメッセージを与える必要がある。 0.83
Unique option is compatible with some index methods of tables like ‘btree’ index method supports unique option but ‘hash’ method does not have unique option. ユニークなオプションは、‘btree’インデックスメソッドのようなテーブルのインデックスメソッドと互換性があるが、‘hash’メソッドにはユニークなオプションがない。 0.77
So the solution for the above problems is making the unique field visible only when the user selects certain index types. 上記の問題の解決策は、ユーザが特定のインデックスタイプを選択するときのみ、ユニークなフィールドを見える化することだ。
訳抜け防止モード: 上記の問題の解決策は ユーザが特定のインデックスタイプを選択するときのみ、ユニークなフィールドを表示する。
0.84
These validation avoid operations that do not succeed because of some simple and predictable mistake. これらの検証は、単純で予測可能な誤りのために成功しない操作を避ける。 0.66
Providing guidance if an inappropriate command is activated or enable commands only when they can be used in the correct context [17]. 適切なコマンドがアクティベートされた場合、あるいは正しいコンテキストで使用できる場合にのみコマンドを有効にする場合、ガイダンスを提供する [17]。 0.74
For instance if a user starts typing database names in digits, we should provide an error message and give a solution to sort it out like giving a message to start with letters. 例えば、ユーザが数字でデータベース名をタイプし始めると、エラーメッセージを提供し、文字で始まるメッセージを与えるようにソートするソリューションを提供する必要があります。 0.79
B. Query Builder for table data retrieval within the Visual Editor The query builder for Postgresql table queries is an interactive environment that consists of the following 3 elements. B. Query Builder for table data retrieve in the Visual Editor Postgresql table queryは、以下の3つの要素からなる対話型環境である。 0.77
5 5 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
- The Toolbox - The Canvas - Properties panel -ツールボックス - Canvas - プロパティパネル 0.70
The Toolbox will be a host of the elements that represent the various clauses in the Postgresql query statements. ツールボックスはpostgresqlクエリ文のさまざまな節を表す要素のホストになる。
訳抜け防止モード: Toolboxは、その要素のホストとなる。 Postgresqlクエリステートメントで、さまざまな節を表現します。
0.74
Users will be permitted to drag and drop the elements onto the canvas. ユーザーはcanvasに要素をドラッグ&ドロップすることができる。 0.66
Preceding the drop of an element onto the canvas, that element will be cloned on the canvas so that the user can freely move and manipulate this element within the canvas. 要素がcanvasにドロップされる前に、その要素はcanvas上でクローンされ、ユーザがcanvas内でこの要素を自由に移動および操作できるようにします。 0.80
The canvas will contain the elements’ movement so that the elements are not extendable out of that container. キャンバスには要素の動きが含まれており、要素がそのコンテナから拡張されないようにします。 0.68
The properties panel is a dynamic property declaring window that is created and made visible only when the user chooses to set the properties of a particular element. プロパティパネルは動的プロパティ宣言ウィンドウであり、ユーザが特定の要素のプロパティを設定することを選択した場合にのみ生成され、可視化される。 0.83
Based on the element chosen, the property attributes of the element will be gathered with regard to the connections that the element bears at the moment within the container and display the available and valid properties that could be assigned for that element. 選択された要素に基づいて、要素のプロパティ属性は、その要素がコンテナ内の瞬間に保持する接続に関して収集され、その要素に割り当てられる利用可能な、有効なプロパティを表示する。 0.78
The crucial features that were considered in formulating the features, design principles, location, minimization and visibility of the interface elements of the Query Builder Interface in order to facilitate learnability are stated here. 学習性を促進するために、クエリビルダインタフェースのインターフェイス要素の特徴、設計原則、位置、最小化、可視性を定義する際に考慮された重要な特徴について述べる。 0.76
As suggested via Hogue’s core principles, there needs to be Evidence of action. Hogueのコア原則によって提案されているように、行動のエビデンスが必要だ。 0.72
Learnability is provided through traceability of a certain action. 学習性は特定の行動のトレーサビリティを通じて提供される。 0.56
In touch screen functionalities, the previous actions are lost unless they are stored by coded means. タッチスクリーン機能では、コード化された手段で保存されない限り、前のアクションは失われる。 0.64
Likewise, when an application’s intention is to provide a learning platform, the users’ previous actions need to be traceable to identify and correlate the tasks performed with the output rendered. 同様に、アプリケーションが学習プラットフォームを提供することを意図する場合、ユーザの以前のアクションをトレースして、出力が出力されたタスクを特定し、関連付ける必要があります。 0.76
To solve this issue, the Visual editor will provide a “History” option where past actions or functions performed can be viewed by the user as part of the model and its connected network of elements that the query clauses. この問題を解決するために、Visualエディタは”History”オプションを提供する。過去のアクションや関数は、ユーザがモデルとそのクエリ節が持つ要素の接続ネットワークの一部として見ることができる。 0.81
In addition, a user is found to spend more time learning a feature if feature bears the following characteristics. さらに、機能に以下の特徴がある場合、ユーザは機能を学ぶのにより多くの時間を費やすことが分かる。 0.71
represent that - The presence of a mandated feature that they are bound to use often 代表 あれ -頻繁に使用する義務のある機能の存在 0.61
Highlight the clauses and functional elements that form the basis of any PostgreSQL statement by means of instructions and color pop-ups. 指示とカラーポップアップによってPostgreSQLステートメントの基礎となる節と機能要素をハイライトする。 0.68
- Provides alternatives Once the user completes a query creation, suggest a -代替品 ユーザがクエリ生成を完了すると、提案します。 0.54
alternative query optimization patterns cost-effective design. 代替クエリ最適化パターン コスト効率の良い設計。 0.68
to enhance to enhance 0.42
- Is attained at low cost -低コストで達成される 0.90
The system will be implemented as a web application システムはwebアプリケーションとして実装されます 0.87
incurring no additional software or hardware purchases. 追加のソフトウェアやハードウェアの購入は行いません 0.65
In balancing learning components with UI components, the proportion of UI features should maintain a minimalistic design without overwhelming the users’ cognitive load [18]. 学習コンポーネントとuiコンポーネントのバランスをとる場合、ui機能の比率は、ユーザの認知負荷を圧倒することなく、最小限の設計を維持するべきです [18]。 0.66
Hence the Visual Editor will adhere to a minimalistic, simple design where only the basic elements will be displayed initially. したがって、ビジュアルエディタは、基本要素のみを最初に表示する最小限のシンプルなデザインに固執する。 0.79
Upon the users’ will, advanced features of PostgreSQL can be accessed and utilized at no cost. ユーザの意思により、PostgreSQLの高度な機能にアクセスして、無償で利用することができる。 0.70
A balance between learnability and UI component features needs to be optimized to provide an environment that facilitates teaching in subtlety without letting the user be disrupted as shown in Fig. 5. 学習可能性とuiコンポーネントの機能のバランスは、図5に示すように、ユーザを混乱させることなく微妙に教えることができる環境を提供するように最適化する必要があります。 0.66
Fig. 5 The following features will be implemented to make 第5図 以下の機能が実装される予定だ。 0.76
learning easy via the usage of the application. アプリケーションの利用を通じて簡単に学習できる。 0.81
a) Scaffolding scaffolding (複数形 scaffoldings) 0.16
This is the process where the application will direct an amateur user to gradually move into the difficulty level via properly guided instructions and tailored clause flows. これは、アプリケーションがアマチュアユーザーに対して、適切に指示された指示と調整された節フローを通じて、徐々に難易度レベルに移行するよう指示するプロセスである。
訳抜け防止モード: これはアプリケーションがアマチュアユーザーを指示するプロセスです 適切に指示された指示と調整された節流れにより、徐々に難易度レベルへ移行する。
0.69
b) Quiet Design The UI will be designed to silently lay in the background to of b)静かな設計 UIは、バックグラウンドで静かに横たわるように設計されている 0.81
avoid components/elements or functionalities all at once. コンポーネント/要素や機能をすべて同時に避ける。 0.74
overwhelming with tons user 圧倒的 と トン ユーザ 0.55
the c) Paradox of Choices その... c) 選択のパラドックス 0.41
Eliminating consumer choices can greatly reduce anxiety for shoppers and reveals a global disconnect between happiness and freedom [19]. 消費者の選択の排除は買い物客の不安を大幅に軽減し、幸福と自由のグローバルな切り離しを明らかにする[19]。 0.66
Based on this revelation by Barry Schwartz, more options does not directly indicate user freedom. バリー・シュワルツによるこの暴露に基づき、より多くのオプションはユーザー自由を直接示さない。 0.66
Instead it toils with happiness increasing anxiety. その代わり、不安を増す幸せで苦しむ。 0.71
Applying this concept to our Visual Editor, providing the basic and mandatory elements at first sight while hiding the advanced limited operational environment. この概念をvisual editorに適用し、高度な限定的な運用環境を隠蔽しながら、基本的な要素と必須要素を一目見て提供します。
訳抜け防止モード: この概念をビジュアルエディタに適用する 先進的な限られた運用環境を隠蔽しながら、一目で基本的かつ必須の要素を提供する。
0.75
But this environment will allow the user to get accustomed to the available functions before moving forth into the advanced option. しかし、この環境により、ユーザーは高度なオプションに進む前に利用可能な機能に慣れることができる。 0.85
options will provide a Once the user familiarizes with the limited base set of the advanced options can be accessed to 選択肢は あ ユーザが制限されたベースセットに慣れたら、高度なオプションにアクセスできます。 0.62
functionalities, proceed further on. 機能性をさらに進めろ 0.51
- Provides a simple first interaction -簡単なファーストインタラクションを提供する 0.71
Guide new users via tooltips, suggestions and instructions while permitting the option to limit an overload of instructions at the same time. 新しいユーザーをツールチップ、提案、指示を通じてガイドし、同時に過剰な命令を制限するオプションを許可する。 0.67
d) Mental Models This is what the user expects the system to perform. d)精神モデル これはユーザがシステムが実行すると期待することです。 0.79
There are 3 ways to bind the users’ mental model with the actual system. ユーザのメンタルモデルを実際のシステムにバインドする方法は3つあります。 0.73
6 6 0.43
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
system to conform to システム conform + -ly 0.36
users’ TABLE II. ユーザ テレビII。 0.44
(cid:0) Design UI to better communicate the system’s nature (cid:0)システムの性質をより良く伝えるためのui設計 0.77
in order to correct the users’ mental model. ユーザのメンタルモデルを修正するために。 0.55
(cid:0) Educate users (cid:0)教育 ユーザ 0.58
to adapt to the へ 適応 へ その... 0.52
application (cid:0) Redesign 応用 (cid:0)再設計 0.50
the understanding. environment. Out of the afore-mentioned, option b will be followed by conducting onsite observation, discussion and interviews with potential user classes to draw up an idea about the users’ mental model. 理解だ 環境 前述のオプションbでは、オンサイト観察、議論、潜在的なユーザクラスへのインタビューを実施して、ユーザのメンタルモデルに関するアイデアを導き出す。 0.55
Based on the conjured mental model, the UI will be designed to align with the users’ expectations. 判断されたメンタルモデルに基づいて、UIはユーザの期待に合致するように設計される。 0.72
When option b fails and the user is left with no clue of the next step to proceed onto, the user can choose to be educated via a brief tutorial that elucidates the system’s functionalities from scratch. オプションbが失敗し、ユーザが次のステップの手がかりを残さずに残ると、ユーザはシステムの機能をスクラッチから解明する簡単なチュートリアルを通じて教育を受けることができる。 0.71
e) Intrinsic Complexity This is about reducing the user’s extraneous cognitive load [12] by making each element’s functionality more obvious to the users to avoid making them remember it. e)固有の複雑さ これは、各要素の機能をユーザに明確化し、それを思い出さないようにすることで、ユーザの余計な認知負荷を削減します[12]。 0.75
f) Expertise Reversal Effect f) 専門性逆転効果 0.83
Experts do not need information to be chunked as they can handle more control over their instruction. 専門家は、指示をもっとコントロールできるため、情報をチャンクする必要はない。
訳抜け防止モード: 専門家は情報を必要としない 命令をもっとコントロールできるように チャンクすることです
0.73
But at the same time these experts won’t be hurt by design guidelines that apply to the novice users. しかし同時に、これらの専門家は初心者ユーザーに適用されるデザインガイドラインに傷を負わないだろう。 0.83
Though this is the case, sometimes rules for novices can decrease the learning outcomes for experts by slowing them down. このような場合もありますが、初心者のルールは、専門家の学習結果を遅くすることで減少させます。 0.61
So since our target group comprises both the novice and expert users the instructions and guidelines will be tailored to provide enough information for a novice user to work on the system and simultaneously not hinder an expert user’s work effort/speed. したがって、当社のターゲットグループは、初心者とエキスパートの両方のユーザーで構成されているため、初心者ユーザーがシステムに取り組むのに十分な情報を提供し、同時に専門家の作業労力/速度を妨げないよう、指示とガイドラインを調整します。 0.66
g) Desirable level of Difficulties and Errors g) 難易度及び誤りの所望レベル 0.84
Errors need not to be necessarily seen as an undesirable effect. エラーは必ずしも望ましくない効果と見なされる必要はない。 0.79
Instead errors pave the way to learn through experience. 代わりに、エラーは経験から学ぶ道を開く。 0.68
Hence, the application will provide a level of guidance that permits the user to falter occasionally. したがって、アプリケーションは、ユーザーが時々めちゃくちゃにできるレベルのガイダンスを提供するだろう。 0.68
But methods of recovery and guidance will be available upon the user’s breaking point. しかし、リカバリとガイダンスの方法は、ユーザのブレークポイントで利用できるようになる。 0.68
Since the other existing products with relation to PostgreSQL do not focus on providing a learning platform for users as well as an operational environment for experts, the system under development in our context, based on all of these conclusive learnability features, the Visual Editor’s UI design and component features have been drawn for implementation. PostgreSQLに関連する他の既存の製品は、ユーザのための学習プラットフォームや専門家のための運用環境の提供に重点を置いていないため、これらの決定的な学習性機能をすべてベースとして、開発中のシステムは、実装のためにVisual EditorのUIデザインとコンポーネントの機能を設計しています。 0.77
1) Mapping the elements to the query clause representation 1)要素をクエリ句表現にマッピングする 0.73
The query builder’s intention is to create a visually comprehensible model that educates the user about the query flow and execution by simply being able to display it obviously. クエリビルダーの意図は、クエリフローと実行についてユーザに教える、視覚的に理解可能なモデルを作ることだ。 0.59
Postgresql Postgresql 0.43
Query Clause/fun ction クエリ 節・ファン ction 0.45
Visual Editor Representation ビジュアルエディタの表現 0.78
Name Element Representation SELECT 名称 要素表現 選択 0.66
SELECT FROM TABLE 選択 出身 テーブル 0.48
WHERE WHERE GROUP BY どこ? どこ? グループバイ 0.50
GROUP BY HAVING HAVING グループバイ 持つ 持つ 0.40
ORDER BY ORDER BY Join JOIN 注文 注文 参加 参加 0.36
As such, the chosen elements that are called to map the clauses need to adhere to the meaning of the clause directly or indirectly. そのため、節をマッピングするために呼び出される選択された要素は、節の意味に直接または間接的に従わなければならない。
訳抜け防止モード: そのため、節をマッピングするために呼び出される選択された要素は、 条項の意味を直接または間接的に従うこと。
0.75
Hence, the following elements were chosen to represent the query clauses for easy comprehensibility. そのため、簡単な理解のために以下の要素が選択された。 0.66
Likewise, connectivity between dropped elements, the properties panel elements and the dynamicity in the overall flow and interface components of the visual editor are all aligned towards the provision of an exclusive query builder that not only functions as a development environment, but also a learning environment. 同様に、ドロップした要素、プロパティパネル要素、フロー全体の動的性、ビジュアルエディタのインターフェイスコンポーネント間の接続はすべて、開発環境としてだけでなく、学習環境としても機能する排他的なクエリビルダーの提供に向けて整合しています。 0.81
VII. THE CONTRIBUTION OF A TEXT EDITOR WITHIN THE VII。 テクスト編集者の貢献 0.53
PROPOSED SYSTEM The Text editor is a mere execution text pad that paves way for the Postgresql database user to type in text, execute and run it in order to retrieve intended results or queries on the 提案システム Textエディタは、単に実行中のテキストパッドで、Postgresqlデータベースユーザーがテキストを入力し、実行し、実行して、意図した結果やクエリを検索する方法を提供する。 0.70
7 7 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
database. This scenario can be atomized into the following functionalities. データベース。 このシナリオは以下の機能に微粒化できる。 0.77
- The Execution Environment - The Enhanced provident Environment -実行環境-強化された提供環境 0.86
These are an encapsulation of the two major functionalities that the Text Editor will work with. これらは、Text Editorが扱う2つの主要な機能のカプセル化です。 0.73
As such each of these wide classes are elucidated in detail for clarity by providing the exact mannerism of the Text Editor’s trivial tasks. このように、これら幅広いクラスは、テキストエディターの自明なタスクの正確な整合性を提供することによって、明確さのために詳細に解明される。 0.65
A. The Execution Environment within the Text Editor A. テキストエディタにおける実行環境 0.78
When it comes to quality of a software system it mainly focuses on “capability of a software product to conform requirements” (ISO/IEC 9001). ソフトウェアシステムの品質に関しては,主に“要件を満たすソフトウェア製品の能力”に重点を置いています(ISO/IEC 9001)。 0.89
And also this can be defined as customer value (Highsmith, 2000). また、これは顧客価値と定義できる(Highsmith, 2000)。 0.72
All these definitions are guidelines for one main requirement of a software system. これらの定義はすべて、ソフトウェアシステムの1つの主要な要件に対するガイドラインです。 0.69
This illustrates how the software system architecture covers the stakeholders non-communicate requirements. これは、ソフトウェアシステムアーキテクチャがステークホルダーの非コミュニケーション要件をどのようにカバーしているかを示している。 0.42
In there it is important to understand what the main objective of using the software is. そこでは、ソフトウェアを使う主な目的が何であるかを理解することが重要です。 0.81
If the Software system only addresses the stakeholders main verbally communicated requirements which are considered as functional requirements it will not be considered as a customer valued software system. ソフトウェアシステムが利害関係者にのみ対処している場合、機能要件と見なされる主な口頭でコミュニケーションする要件は、顧客価値の高いソフトウェアシステムとはみなされない。 0.75
Software system quality represents one or more structural aspects, which illustrates how the architecture addresses the concerns such as requirements, objectives, intention of stakeholders for the architecture design [20]. ソフトウェアシステムの品質は1つ以上の構造的な側面を表しており、アーキテクチャ設計の要件、目標、ステークホルダーの意図など、アーキテクチャがどのように対処するかを示しています [20]。 0.66
1) The usability aspect of Postgresql Text Editor 1) Postgresql テキストエディタのユーザビリティ 0.60
Usability of a software system is one of the main quality attributes. ソフトウェアシステムのユーザビリティは、主な品質特性の1つです。 0.77
It focuses on the ability of a system to perform well. システムは、うまく機能する能力に重点を置いている。 0.78
For a given task how the software system performs. 特定のタスクに対して、ソフトウェアシステムがどのように振る舞うか。 0.56
How the system performance can be improved. システムパフォーマンスをどのように改善するか。 0.82
Usability of a system addresses a user who is a novice user. システムのユーザビリティは、初心者ユーザであるユーザに対処する。 0.82
Assuming that the user does not have experience with computers, Experience with interface is none, domain knowledge is none and experience with similar type of software is none [21]. ユーザがコンピュータの経験を持っていないと仮定すると、インターフェースを使った経験はなし、ドメイン知識はなし、同様のタイプのソフトウェアを使った経験はなし[21]。 0.80
Usability is the ease of use and the learnability of a human made object such as a tool or device. 使いやすさ(Usability)とは、ツールやデバイスなどの人造オブジェクトの使いやすさと学習性である。 0.75
In Software Engineering usability is the degree to which a software can be used by specific consumers to archive and quantify objectives with effectiveness, efficiency and satisfaction in a quantified context of use. ソフトウェア工学におけるユーザビリティ(英: userability)とは、特定の消費者が、有効性、効率性、満足度で目的をアーカイブし、定量化するためにソフトウェアを使用できる程度である。 0.62
Most of the software systems are rejected by the community because of this usability factor is lacking from those systems. このユーザビリティの要因がこれらのシステムに欠けているため、ほとんどのソフトウェアシステムはコミュニティによって拒否されています。 0.67
Usability is simply the usefulness and the end user satisfaction. ユーザビリティは、単に有用性とエンドユーザの満足度です。 0.71
2) Learnability via the Text Editor 2)テキストエディタによる学習性 0.84
Learnability is a main aspect of usability. 学習性はユーザビリティの主要な側面です。 0.73
In order to improve usability of a software system it is important to improve its characteristics. ソフトウェアシステムのユーザビリティを向上させるためには,その特性を改善することが重要である。 0.81
Such as usefulness, ease-of-use, end user satisfaction and learnability. 有用性、使いやすさ、エンドユーザーの満足度、学習能力などです。 0.56
But still there is little agreement on improving the learnability factor. しかし、それでも学習可能性の改善に関する合意はほとんどない。 0.58
Within the past few decades there were lots of methodologies matured to provide well accepted usability of a system. 過去数十年の間に、システムのユーザビリティを十分に受け入れるために、多くの方法論が成熟しました。 0.61
But still there is a little agreement for improving learnability. しかし、学習性を改善するための小さな合意がある。 0.63
In a later study Lazer et al found that the users lose up to 40% of their time due to “frustrating experience” with computers. その後の研究でLazerらは、コンピュータの“フラストレーション体験”により、ユーザが最大40%の時間を失うことを発見した。 0.82
With one of 8 the most common causes of this frustration being missing, hard to find and unusable features of the software system [22]. 一つは 8 このフラストレーションの最も一般的な原因は、欠けていること、見つけにくいこと、そして、使用できないソフトウェアシステムの機能です [22]。 0.56
Learnability is not only false under HCI literature. 学習能力はhci文学では偽りではない。 0.57
It is also false under fields such as artificial intelligence [23], CSCW [24], Psychology [25] and technical communication [26]. また、人工知能[23]、CSCW[24]、心理学[25]、技術コミュニケーション[26]などの分野でも誤りである。 0.64
Therefore the designer who is responsible to improve the learnability has to be aware of those research areas as well. したがって、学習性を向上させる責任を負うデザイナーは、これらの研究領域にも気付く必要がある。 0.72
Even though the main aspect of usability still remains, it will bear a problem in defining learnability. ユーザビリティの主な側面は依然として残っているが、学習可能性の定義には問題がある。 0.61
When developing a system interface the most difficult part is to implement an ease-of-use feature. システムインターフェースを開発する場合、最も難しいのは使い勝手の良い機能を実装することです。
訳抜け防止モード: システムインターフェースを開発する場合、最も難しいのは easy-of-use機能を実装する。
0.73
When the user is working on the system for the first time, he may need support or a guide to perform well. ユーザが初めてシステムに取り組んでいるとき、うまく動作するためのサポートやガイドが必要になるかもしれません。 0.81
To provide that feature within the given environment is a difficult part when there is no definition or a standard. 定義や標準がない場合には、所定の環境内でその機能を実現することが難しい部分である。 0.74
Reason for this is because learnability is not a term evolving from a particular research area. その理由は、学習性は特定の研究領域から進化する用語ではないからである。 0.69
It has evolved in many research areas. 多くの研究分野で進化している。 0.76
In 1980 Michelson et al defined learnability as the system should be easy to learn by The class of intended users for whom it is intended to [27]. 1980年、michelsonらは学習可能性を定義し、システムが[27]を意図する意図のあるユーザのクラスで簡単に学習できることを定義した。 0.71
This definition is a positive effect when optimizing difficulties when implementing learnability features. この定義は、学習可能性機能を実装する際の困難を最適化するときのポジティブな効果である。 0.53
Nielsen defines learnability as novice user experience of the initial part of the learning curve [28]. Nielsenは学習容易性を学習曲線の初期部分の初心者ユーザエクスペリエンスとして定義している[28]。 0.77
However high learnable system can be considered within a short time [21]. しかし、学習可能なシステムは短時間で検討できる[21]。 0.67
3) Methodology in implementing learnability 3)学習可能性の実践方法 0.80
Human mind tends to respond to visual representation rather than textual representation. 人間の心はテキスト表現よりも視覚的表現に反応する傾向がある。 0.59
Therefore, learnability can be enhanced by using graphical representation. したがって、図式表現を用いて学習性を高めることができる。 0.63
Which means if the system can guide the user system then that system will be a better guide for the user. つまり、システムがユーザーシステムをガイドできるなら、そのシステムはユーザーにとってより良いガイドになるだろう。 0.80
Every system has a support option which acts as a manual guide to the user. 各システムには、ユーザへの手動ガイドとして機能するサポートオプションがある。 0.85
But since of the complexity of that manual user will not tend to use it. しかし、その手動ユーザの複雑さのため、それを使わない傾向があります。 0.73
Because there can be more systems that can be used for the same intention with easy procedures to follow. なぜなら、従うのが簡単な手順で同じ目的に使えるシステムがもっと増えるからです。 0.71
Therefore supportive function cannot be considered as an effective fact which can be used to enhance the learnability of the system. したがって、支援システムの学習性を高めるために有効な事実とは考えられない。
訳抜け防止モード: したがって、支持関数は有効な事実とは考えられない。 システムの学習性を高めるために利用できます
0.73
It can be helpful for a user who has the knowledge of using similar types of systems. 同様のタイプのシステムを使用する知識を持つユーザにとって,これは有益だ。 0.81
4) Learnability methodologies within the Postgresql IDE – Text Editor context 4) Postgresql IDE内の学習可能性方法論 - テキストエディタコンテキスト 0.87
Postgresql IDE will guide the user through out of the process using visual representations as well as textual representation. Postgresql IDEは、ビジュアル表現とテキスト表現を使用して、プロセスからユーザーを誘導する。 0.74
Rather than providing comprehensive manual documents it has a better way of improving the learnability of the system. 包括的なマニュアルドキュメントを提供するよりも、システムの学習性を改善するより良い方法がある。 0.77
Postgresql editor will help or will guide the user throughout the procedures of query processing. Postgresqlエディタは、クエリ処理の手順を通じてユーザを支援するか、ガイドする。 0.75
It will use interactive popup windows and models to attract the user and help to develop queries. インタラクティブなポップアップウィンドウとモデルを使用してユーザを引き付け、クエリの開発を支援する。 0.77
For a novice user this guidance will provide better experience in learning PostgreSQL. 初心者にとっては、このガイダンスはPostgreSQLの学習におけるより良いエクスペリエンスを提供するだろう。 0.54
If users do not have the knowledge of PostgreSQL querying then they only have to type the required pseudo code on the text editor. PostgreSQLクエリに関する知識がなければ、必要な擬似コードをテキストエディタに入力するだけでよい。
訳抜け防止モード: PostgreSQLクエリの知識がなければ、ユーザはそれしか持たない。 必要な疑似コードをテキストエディタに入力します。
0.74
And the query will be automatically generated from the system. そして、クエリはシステムから自動的に生成される。 0.78
System will identify the query and it will generate the query automatically after reading relevant keywords. システムはクエリを識別し、関連するキーワードを読んでからクエリを自動的に生成する。 0.68
Query auto completion is another feature that will be available from this system. クエリの自動補完は、このシステムから利用できるもう1つの機能である。 0.66
Users only want to add half the query so that the whole query will get auto completed. ユーザはクエリの半分を追加して、クエリ全体が自動的に完了するようにしたいだけだ。 0.68
System システム 0.79
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
will identify the relevant keyword and complete the whole query with the usage of these keywords. 関連するキーワードを特定し、これらのキーワードの使用でクエリ全体を完了する。 0.72
Error reduction is also included for this IDE. このIDEにはエラー削減も含まれている。 0.76
Where the system will identify the errors and correct them at the point of identification. システムはエラーを識別し、識別の時点で修正する。 0.53
And also it will provide a better description of the error so that the user can learn about the source of the error. また、エラーの原因をユーザが知ることができるように、エラーのより詳しい説明を提供する。 0.71
Error description will be in more readable language without having more that make the description more comprehensive to the novice user. エラー記述は、その記述を初心者ユーザーにより包括的にすることなしに、より読みやすい言語になるでしょう。 0.66
technical words By using these methodologies text editors will provide a better learning experience to the user in the context of PostgreSQL. 専門用語 これらの方法論を使用することで、テキストエディタはPostgreSQLのコンテキストにおいて、ユーザにより良い学習体験を提供する。 0.61
And also these features will guide the user to learn the system within a short time. さらにこれらの機能は,ユーザが短時間でシステムを学ぶためのガイドにもなる。 0.75
B. The Enhanced provident Environment within the Text Editor Enhancement of a user provided query is available through an optimization option that the text editor will provide. B. テキストエディタ内の拡張提供環境 テキストエディタが提供する最適化オプションを通じて、ユーザが提供するクエリの強化を行うことができる。 0.88
The query optimization intends on suggesting alternatives to optimize the existing query that the user has typed. クエリ最適化は、ユーザが入力した既存のクエリを最適化する代替案を提案することを目的としている。
訳抜け防止モード: クエリ最適化は ユーザが入力した既存のクエリを最適化するための代替案の提案。
0.81
1) Query Optimization via the Text Editor 1)テキストエディタによるクエリ最適化 0.84
Query optimization plays a vital role in database management systems. クエリ最適化はデータベース管理システムにおいて重要な役割を果たす。 0.74
The best way to tune performance is to try to write queries in a number of different ways and compare their reads and execution plans [29]. パフォーマンスを調整する最善の方法は、さまざまな方法でクエリを書き、読み込みと実行の計画を比較することです [29]。 0.71
Given a query, there are many plans that a database management system (DBMS) can follow to process it and produce its answer. クエリが与えられた場合、データベース管理システム(DBMS)がそれを処理し、その答えを生成するための多くの計画がある。 0.81
All plans are equivalent in terms of their final output but vary in their cost. 全ての計画は最終的な生産量では同等だが、コストは異なる。 0.80
Various techniques can be used to optimize database queries in order to improve the performance of PostgreSQL queries [30]. PostgreSQLクエリ[30]のパフォーマンスを改善するために、データベースクエリの最適化にさまざまなテクニックを使用することができます。 0.75
Therefore query optimization is absolutely necessary in a DBMS. そのため、DBMSではクエリ最適化が絶対必要です。 0.69
The cost difference between two alternatives can be enormous. 2つの選択肢のコスト差は巨大です。 0.71
For example, consider the following database Postgresql query [31]. 例えば、以下のデータベースpostgresqlクエリ [31] を考える。 0.74
This example below shows the same query with two different query plans. 以下の例は、2つの異なるクエリプランで同じクエリを示している。 0.64
SELECT SSN, address FROM Customers WHERE credit_score (SSN) >600 AND education=’College’; credit_score (ssn) > 600 and education='college'の顧客からssnを選択します。 0.68
For the query shown above, the query plan can be drawn in 上述のクエリでは、クエリプランを描画することができる。 0.67
two different ways. The first manner is shown in Fig 6. 2つの方法がある 第1の方法は図6に示されます。 0.68
The second alternative plan for the query considered within 検討中のクエリの第2の代替計画 0.73
this scenario is shown in Fig 7. このシナリオは図7に示されます。 0.84
Fig. 6 Fig. 7 9 The proposed Postgresql IDE is a designing and learning tool. 第6図 第7図 9 提案されているPostgresql IDEは、設計および学習ツールである。 0.66
Therefore increasing the learnability about query optimization is the objective of this Postgresql text editor. したがって、クエリ最適化に関する学習可能性を高めることが、このPostgresqlテキストエディタの目的である。
訳抜け防止モード: 問合せ最適化における学習能力の向上 このpostgresqlテキストエディタの目的です。
0.71
This tool provides a way for users to get a clear idea about query optimization. このツールは,クエリ最適化に関する明確なアイデアをユーザに提供するものだ。 0.82
Users can get the query plan of executed Postgresql query. 実行中のPostgresqlクエリのクエリプランを取得することができる。 0.67
It contains query execution time, query planning time, query cost and other details. クエリの実行時間、クエリ計画時間、クエリコストなどの詳細が含まれている。 0.65
Output displays in a user friendly way. 出力はユーザフレンドリーに表示されます。 0.75
Therefore it will increase the learnability and the usability of the tool. これにより、ツールの学習可能性とユーザビリティが向上する。 0.71
This tool provides query optimization tips for each and every query. このツールは、クエリごとにクエリ最適化ヒントを提供する。 0.67
It will help users to get an idea about whether the query is further optimizable or not. クエリがさらに最適化可能かどうかについて、ユーザがアイデアを得るのに役立つだろう。 0.70
Users need to understand the query optimization tips and change their query accordingly and observe the execution time. ユーザはクエリ最適化のヒントを理解し、クエリを適切に変更し、実行時間を監視する必要がある。 0.67
By comparing query plans users can decide which query is the best for the execution. クエリプランを比較することで、どのクエリが実行に最適なのかを決定できる。 0.69
As this tool fulfills the ultimate goal of any database system is to allow efficient querying by minimizing response time of the queries through performance tuning. このツールがデータベースシステムの究極の目標を達成するため、パフォーマンスチューニングを通じてクエリの応答時間を最小化し、効率的なクエリを可能にする。 0.70
Some techniques that were adhered in order to facilitate 固執する技法もいくつかありますが 0.57
query optimization are stated here below [32]. クエリの最適化は以下の通りです [32]。 0.71
a) Specific column name instead of * in SELECT Example: Writing the query as SELECT col_1, col_2, col_3, col_4 FROM table_name; Instead of: SELECT * FROM table_name; a) 選択した例で * の代わりに特定のカラム名。 select col_1, col_2, col_3, col_4 を table_name から記述する。
訳抜け防止モード: a) SELECT Example : クエリをSELECT col_1として記述する col_2 , col_3 , col_4 from table_name ; instead of : SELECT * from table_name ;
0.90
b) Try to avoid HAVING Clause in Select statements b)選択文にクロースを記載することを避けること 0.67
HAVING clause is used to filter the rows after all the rows are selected and is used like a filter. すべての行が選択された後に、節をフィルタするために使用され、フィルタのように使用される。 0.66
Hence the HAVING clause should be avoided for any other purpose. したがって、Hiding節は他の目的のために避けるべきである。 0.52
c) Avoid the use of DISTINCT clause where applicable c) 適用可能なDISTINCT条項の使用を回避すること 0.82
DISTINCT clauses will result in performance degradation. DISTINCT節は性能劣化をもたらす。 0.61
So this clause should be used only when it is necessary or unavoidable. したがって、この条項は必要か避けられない場合にのみ使用されるべきである。 0.60
d) Alternatives of COUNT (*) for returning total tables row count d)全表行数を返すためのCOUNT(*)の代替品 0.80
If the table's row count is required to be returned, alternative ways instead of the SELECT COUNT (*) statements need to be used. テーブルの行数を返す必要がある場合、SELECT COUNT (*)ステートメントの代わりに別の方法を使う必要がある。 0.73
As SELECT COUNT (*) statement makes a full table scan to return the table's row count, it can take much time for the large tables. SELECT COUNT (*)ステートメントがテーブルの行数を返すために全テーブルスキャンを行うので、大きなテーブルに多くの時間がかかる可能性がある。 0.88
e) Minimize number of Sub query blocks within query e)クエリ内のサブクエリブロックの数を最小にする 0.78
There may be more than one subquery nested within the main query. メインクエリ内に複数のサブクエリがネストされる可能性がある。 0.67
Hence the number of sub query blocks in the main query need to be reduced. したがって、メインクエリにおけるサブクエリブロックの数を減らす必要がある。 0.80
So the query needs to be written as shown here. ですから、クエリはここに示すように記述する必要があります。 0.56
SELECT col1 FROM tablename1 WHERE (col2, col3) = (SELECT MAX (col2), MAX (col3) FROM tablename2) AND col4 = testvalue1 Instead of: tablename1からcol1を選択します。 (col2, col3) = (select max (col2), max (col3) from tablename2) and col4 = testvalue1 の代わりに。 0.76
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
SELECT col1 FROM tablename1 WHERE col2 = (SELECT MAX (col2) FROM tablename2) AND col3 = (SELECT MAX (col3) FROM tablename2) AND col4 = testvalue1; col1 を tablename1 から選び、col2 = (select max (col2) を tablename2 から、col3 = (select max (col3) を tablename2 から、col4 = testvalue1 から選びます。 0.70
f) Using UNION ALL instead of UNION f)UNIONの代わりにUNION ALLを使用する 0.82
The UNION ALL statement is faster than UNION, because UNION ALL文はUNIONよりも高速である。 0.78
UNION ALL statement does not consider duplicates. UNION ALL文は重複を考慮しない。 0.66
CONCLUSION Postgresql is an Object Relational Database Management System that has received diminished reputation and utilization among the database community over the years. 結論 postgresqlはオブジェクトリレーショナルデータベース管理システムで、長年にわたってデータベースコミュニティの評判と利用が低下しています。 0.65
In-spite of its extensive list of support and functional features over its competitors, Postgresql is still not visibly renowned. 競合相手に対する広範なサポートと機能のリストの中で、postgresqlはいまだに目立たないほど有名ではない。 0.69
Hence, in order to create more awareness and migration towards Postgresql, the current issues and concerns that relate to this low level of Postgresql users had to be identified. したがって、Postgresqlへのさらなる意識と移行を実現するために、Postgresqlユーザの低いレベルに関連する現在の問題と懸念を特定せざるを得なかった。 0.81
As such, the current features provided by Postgresql, the dominant features that Postgresql possesses over its competitors, the constraints that it suffers as a product in the market were analyzed and based on that a viable system has been proposed and developed. そのため、Postgresqlが提供する現在の特徴は、Postgresqlが競合相手より優位な特徴であり、市場で製品として苦しむ制約は分析され、実行可能なシステムの提案と開発がなされている。 0.65
This system will function as a development environment for Postgresql databases and queries. このシステムはPostgresqlデータベースとクエリの開発環境として機能する。 0.85
But due to the reasons identified via the factors under concern, the lack of Postgresql knowledge among users dictated the system under development to bear learnability as a mandated feature in its environment. しかし、懸念されている要因によって特定された理由から、ユーザ間でのPostgresqlの知識の欠如は、開発中のシステムに対して、環境に強制的な機能として学習性を持つように指示した。
訳抜け防止モード: しかし、懸念されている要因によって特定された理由により。 開発中のシステムにユーザ間でのPostgresqlの知識の欠如 環境に根ざした特徴として 学習性を維持することです
0.68
Hence, the system has been developed by researching the provision of learnability through visual manipulations and interactivity via a Visual Editor and for the more advanced users, a Text editor with query optimization and execution facilitations. そこで,視覚操作と対話による学習可能性の提供をビジュアルエディタとより高度なユーザ,クエリ最適化と実行ファシリテーションを備えたテキストエディタを用いて研究し,学習性の向上を実現した。 0.77
This paper tends to revolve around the simultaneous provision of learnability and a development environment to both novice and professional users through Visual Elements and interactive dynamicity. 本稿は,視覚要素とインタラクティブな動的性を通じて,初級ユーザとプロユーザの両方に学習可能性と開発環境を同時に提供する傾向にある。 0.77
REFERENCES 13, 2017, 参考 13, 2017, 0.44
[1] Official PostgreSQL Website. 公式 PostgreSQL Web サイト。 0.49
(n.d.). Retrieved March 12, 2017, from https://www.postgres ql.org/ [2] Point, T. (2017, July 23). (n.d.)。 https://www.postgres ql.org/ [2] Point, T. (2017年7月23日). 2017年3月12日閲覧。 0.67
PostgreSQL - Database Creation. PostgreSQL - データベースの作成。 0.90
Retrieved August from https://www.tutorial spoint.com/postgresq l/postgresql_create_ database.htm [3] Definition of a database schema. データベーススキーマの定義: https://www.tutorial spoint.com/postgresq l/postgresql_create_ database.htm [3] 0.61
(n.d.). Retrieved August 13, 2017, from http://searchsqlserv er.techtarget.com/de finition/schema [4] Database schema- A breakdown of its concepts. (n.d.)。 2017年8月13日、http://searchsqlserv er.techtarget.com/de finition/schema [4]データベーススキーマから取得。 0.70
(n.d.). Retrieved August 13, from http://workshops.bou ndlessgeo.com/postgi s-intro/schemas.html [5] PostgreSQL - Operators. (n.d.)。 8月13日、http://workshops.bou ndlessgeo.com/postgi s-intro/schemas.html [5] PostgreSQL - Operators.comから削除。 0.59
(2017, July 23). (2017年7月23日) 0.75
Retrieved August 13, 2017, from https://www.tutorial spoint.com/postgresq l/postgresql_operato rs.htm [6] https://www.postgres ql.org/docs/9.4/stat ic/ddl-constraints.h tml. 2017年8月13日、https://www.tutorial spoint.com/postgresq l/postgresql_operato rs.htm [6] https://www.postgres ql.org/docs/9.4/stat ic/ddl-constraints.h tmlから取得。 0.38
[7] Postgresql Triggers. [7] Postgresql トリガー。 0.76
from https://www2.navicat .com/manual/online_m anual/en/navicat/lin ux_manual/Tr iggersOthersPGSQL.ht ml https://www2.navicat .com/manual/online_m anual/en/navicat/lin ux_manual/Tr iggersOthersPGSQL。 0.24
(n.d.). Retrieved August 13, 2017, (n.d.)。 2017年8月13日脱退。 0.63
Constraints. Retrieved August (n.d.). 制約。 回収 8月 (n.d.)。 0.51
2017, 2017, 2017, 2017, 0.43
from 13, 10 5). 由来 13, 10 5). 0.44
from April 21, 2017, 由来 4月 21, 2017, 0.48
from from (n.d.). 由来 由来 (n.d.)。 0.54
2017, from (n.d.). 2017, 由来 (n.d.)。 0.52
Retrieved April 21, (n.d.). 回収 4月 21, (n.d.)。 0.53
2017, from 2017, 2017, 由来 2017, 0.44
from Index Types. 由来 索引 タイプ。 0.49
PgAdmin III PgAdmin iii 0.38
SQuirreL. 21, SQuirreL。 21, 0.60
2017, 23, 2017, 2017, 23, 2017, 0.43
16, 2017, from 16, 2017, 由来 0.45
a Database. PhpPgAdmin. データベース。 PhpPgAdmin 0.42
(2017, March Retrieved April (2017年3月) 4月復帰。 0.47
5.3. Constraints. 06). 5.3. 制約。 06). 0.36
Retrieved April (n.d.). 4月復帰。 (n.d.)。 0.50
Retrieved April (n.d.). 4月復帰。 (n.d.)。 0.50
Retrieved April (n.d.). 4月復帰。 (n.d.)。 0.50
Retrieved August (n.d). 8月復帰。 (n.d.) 0.37
Retrieved August 16, 2017, 2017年8月16日脱退。 0.57
(n.d.). Retrieved August 16, 2017, from (n.d.)。 2017年8月16日に復帰。 0.67
(2017, July 23). (2017年7月23日) 0.75
Retrieved August 14, 2017, from 2017年8月14日に復帰。 0.66
[8] SQL Indexes. [8] sql インデックス。 0.71
https://www.tutorial spoint.com/sql/sql-i ndexes.htm. https://www.tutorial spoint.com/sql/sql-i ndexes.htm 0.16
[9] . http://www.pgadmin.o rg/ [10] http://sourceforge.n et/projects/phppgadm in [11] Retrieved http://squirrel-sql. sourceforge.net/ [12] Learnability: 5 Principles of Interaction Design to supercharge your UI (3 of from http://www.givegoodu x.com/learnability-5 -principles-interact iondesign-super charge-ui-3-5/ [13] Create https://www.postgres ql.org/docs/9.0/stat ic/sql-createdatabas e.html [14] 23, https://www.postgres ql.org/docs/8.1/stat ic/ddl-constraints.h tml [15] CREATE USER. [9] . http://www.pgadmin.o rg/ [10] http://sourceforge.n et/projects/phppgadm in [11] Retrieved http://squirrel-sql. sourceforge.net/ [12] Learnability: 5 Principles of Interaction Design to supercharge your UI (3 of from http://www.givegoodu x.com/learnability-5 -principles-interact iondesign-super charge-ui-3/ [13] Create https://www.postgres ql.org/docs/9.0/stat ic/sql-createdatabas e.html.23] https://postgresql.o rg/docs/9.0/static/s ql-createdatabase.ht ml.14]
訳抜け防止モード: [9] . http://www.givegoodu x.com/learnability-5 -principles-interact iondesign-super charge - ui-3 - 5/[ 13 ] create https://www.postgres ql.org/docs/9.0/stat ic/sql-createdatabas e.html [ 14 ] 23。 https://www.postgres ql.org/docs/8.1/stat ic/ddl-constraints.h tml [ 15 ] ユーザーを作成する。
0.57
https://www.postgres ql.org/docs/9.5/stat ic/sql-createuser.ht ml [16] 27, https://www.postgres ql.org/docs/9.1/stat ic/indexes-types.htm l [17] Nielsen Norman Group. https://www.postgres ql.org/docs/9.5/stat ic/sql-createuser.ht ml [16] 27 https://www.postgres ql.org/docs/9.1/stat ic/indexes-types.htm l [17] Nielsen Norman Group 0.20
https://www.nngroup. com/articles/usabili ty-101-introduction- to-usability/ [18] Van Gerven, Pascal W. M. (2003/03/01). https://www.nngroup. com/articles/usabili ty-101-introduction- to-usability/ [18] Van Gerven, Pascal W. M. (2003/03/01)。 0.22
Cognitive Load Measurement as a Means to Advance Cognitive Load Theory. 認知負荷理論を前進させる手段としての認知負荷測定。 0.64
Educational Psychologist, 38, 63-71. 教育心理学38,63-71。 0.76
doi: 10.1207/S15326985EP3 801_8 [19] Schwartz, B. (2004, January). doi: 10.1207/s15326985ep3 801_8 [19] schwartz, b. (2004年1月) 0.62
The paradox of choice: Why more is less. 選択のパラドックス:なぜ多くは少ないのか。 0.61
New York: Ecco. ニューヨーク州:ecco。 0.73
[20] Dr.A. 20] dr. a. 0.42
Chandrasekar, Mrs Sudharajesh, Mr P Rajesh. チャンドラセカールさん、スダラエシュさん、プ・ラエシュさん。 0.40
A Research Study on Software Quality attributes. ソフトウェア品質特性の研究。 0.55
International Journal Of Scientific & Technology Research Volume4, Issue 1, January 2014 ISSN 2250-3153 [21] Tovis Grossman, George Fitmaurice, Ramtin Attar. International Journal of Scientific & Technology Research Volume4, Issue 1 2014 ISSN 2250-3153 [21] Tovis Grossman, George Fitmaurice, Ramtin Attar
訳抜け防止モード: International Journal of Scientific & Technology Research Volume 4, Issue 1 2014年1月 ISSN 2250 - 3153 [21 ] Tovis Grossman ジョージ・フィッツモーリス(George Fitmaurice) - イギリスの俳優。
0.66
Autodesk Research. autodesk research所属。 0.82
210 King St.East, Toronto,Ontario, Canada, M5A 1J7 [22] Lazar, J., Jones, A. and Shneiderman, B. (2006). 210 King St.East, Toronto, Ontario, Canada, M5A 1J7 [22] Lazar, J., Jones, A. and Shneiderman, B. (2006)
訳抜け防止モード: 210 カナダ・オンタリオ州トロントのセント・イースト国王 M5A 1J7 [ 22 ] Lazar, J., Jones, A。 とShneiderman, B. (2006)。
0.88
Workplace user frustration with computers: An exploratory investigation of the causes and severity. コンピュータによる職場ユーザのフラストレーション:原因と重大性の探索的な調査。 0.77
Behaviour and Info. Technology. 行動と情報。 テクノロジー 0.53
25(3):239-251 [23] Howes, A. and Young, R. M. (1991). 25(3):239-251 [23] howes, a. and young, r. m. (1991) 0.45
Predicting the learnability of task-action mappings. タスク・アクションマッピングの学習可能性の予測。 0.58
ACM CHI. 1204-1209. ACM CHI。 1204-1209. 0.58
[24] Twidale, M. B. (2005). [24] twidale, m. b. (2005) 0.35
Over the Shoulder Learning: Supporting Brief Informal Learning. 肩書き学習: 簡潔なインフォーマルな学習を支援する。 0.71
CSCW.14(6):505-547. CSCW.14(6):505-547。 0.65
[25] Stickel, C., Fink, J. and Holzinger, A. (2007). [25] Stickel, C., Fink, J. and Holzinger, A. (2007)。 0.44
Enhancing Universal Access–EEG Based Learnability Assessment. ユニバーサルアクセス-EEGに基づく学習可能性評価の強化。 0.55
Lecture Notes in Comp. Compの講義ノート 0.57
Sci. 813-822. Sci 813-822. 0.30
[26] Haramundanis, K. (2001). [26]Haramundanis, K. (2001)。 0.41
Learnability in information design. 情報設計における学習能力。 0.66
ACM SIGDOC. ACM SIGDOC所属。 0.83
7-11. [27] Michelsen, C. D., Dominick, W. D. and Urban, J. E. (1980). 7-11. (27)Michelsen, C. D., Dominick, W. D. and Urban, J. E. (1980) 0.40
A methodology for the objective evaluation of the user/system interfaces ofthe MADAM system using software engineering principles. ソフトウェア工学の原理を用いたMADAMシステムのユーザ/システムインタフェースの客観的評価手法 0.75
ACM Southeast Regional Conference. ACM東南アジア地域会議。 0.74
103-109. [28] Nielsen, J. (1994). 103-109. [28]Nielsen, J. (1994)。 0.35
Usability Engineering. ユーザビリティエンジニアリング。 0.61
Morgan Kaufmann. モーガン・カウフマン。 0.50
[29] P.Jyotsnai, P.Sunil Kumar Reddy, P.Govindarajajulu, Dept of Computer science,S.V.Universi ty, Tirupat(2013) Effective Implementation Of Query Optimization Through Performance Tuning Tecniques On Web [30] Yannis E. Ioannidis,Query Optimization,Compute r Sciences Department,Universit y of Wisconsin,Madison, WI 53706 [31] Saurabh gupta,Gopal Singh Tandel,Umashankar Pandey, A Survey on Query Processing and Optimization in Relational Database Management System [32] Jean Habimana, Query Optimization Techniques - Tips For Writing Efficient And Faster SQL Queries,Internationa l Journal Of Scientific & Technology. [29] P.Jyotsnai, P.Sunil Kumar Reddy, P.Govindarajajulu, Dept of Computer science,S.V.Universi ty, Tirupat(2013) Effective Implementation Of Query Optimization Through Performance Tuning Tecniques On Web [30] Yannis E. Ioannidis,Query Optimization,Compute r Sciences Department,Universit y of Wisconsin,Madison, WI 53706 [31] Saurabh gupta,Gopal Singh Tandel,Umashankar Pandey, A Survey on Query Processing and Optimization in Relational Database Management System [32] Jean Habimana, Query Optimization Techniques - Tips For Writing Efficient And Faster SQL Queries,Internationa l Journal Of Scientific & Technology.
訳抜け防止モード: P.Jyotsnai, P.Sunil Kumar Reddy, P.Govindarajajulu, Dept of Computer Science S.V.University, Tirupat(2013 ) Effective implementation of Query Optimization through Performance Tuning Tecniques on Web [30 ] Yannis E. Ioannidis, ウィスコンシン大学マディソン校コンピュータ科学科クエリ最適化 WI 53706 [31 ] Saurabh gupta, Gopal Singh Tandel, Umashankar Pandey リレーショナルデータベース管理システムにおけるクエリ処理と最適化に関する調査 [32] Jean Habimana, クエリ最適化テクニック - 効率的で高速なSQLクエリを書くためのヒント International Journal of Scientific & Technology(英語)
0.87
                     ページの最初に戻る

翻訳にはFugu-Machine Translatorを利用しています。