論文の概要、ライセンス

# (参考訳) キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から [全文訳有]

Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices ( http://arxiv.org/abs/2205.05192v1 )

ライセンス: CC BY 4.0
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem(参考訳) 人工知能の文献は、社会の少数かつ脆弱なコミュニティは、デザインプロセスに固有のバイアスがあるため、機械学習アルゴリズムによって負の影響を受ける可能性があることを示唆している。 多様化するオーディエンスに対処する上で同様の課題に直面した博物館部門は、特に表現と意味作りの分野で理論と実践の変化を見てきた。 rarityとgrandeurは、初期の博物館の慣習の中心に置かれていたが、民俗生活と博物館の多様なコミュニティとの関係は、現代の慣習と広く統合された部分となっている。 これらの変更は、より社会的に包括的なサービスを提供するために、多様性とアクセシビリティの問題に対処する。 これらの変化を振り返り、AIの世界を振り返ると、博物館の体験は、特に検索エンジン、レコメンダシステム、デジタルライブラリーで頻繁に発生するように、コレクションとアクセスの両方をキュレーションまたはフィルタリングする必要がある状況において、社会的に包括的なアプローチでAIを構築するための有用な教訓を提供する、と私たちは主張する。 1) 中立性の価値を保留する代わりに, 実践者は自身の背景や仕事に対する他者の影響を認識している。 中立ではなく、文化的謙虚さを実践することで、潜在的なバイアスに対処する可能性を高めることができる。 (2)データ収集や機械学習の段階を超えて、状況解釈の余地があるはずだ。 モデルや予測を適用する前に、関連する関係者が存在する状況を考慮する必要がある。 (3)コミュニティ参加はコミュニティのニーズに役立ち、実践者とコミュニティをまとめることのメリットが付加される。

Artificial intelligence literature suggests that minority and fragile communities in society can be negatively impacted by machine learning algorithms due to inherent biases in the design process, which lead to socially exclusive decisions and policies. Faced with similar challenges in dealing with an increasingly diversified audience, the museum sector has seen changes in theory and practice, particularly in the areas of representation and meaning-making. While rarity and grandeur used to be at the centre stage of the early museum practices, folk life and museums' relationships with the diverse communities they serve become a widely integrated part of the contemporary practices. These changes address issues of diversity and accessibility in order to offer more socially inclusive services. Drawing on these changes and reflecting back on the AI world, we argue that the museum experience provides useful lessons for building AI with socially inclusive approaches, especially in situations in which both a collection and access to it will need to be curated or filtered, as frequently happens in search engines, recommender systems and digital libraries. We highlight three principles: (1) Instead of upholding the value of neutrality, practitioners are aware of the influences of their own backgrounds and those of others on their work. By not claiming to be neutral but practising cultural humility, the chances of addressing potential biases can be increased. (2) There should be room for situational interpretation beyond the stages of data collection and machine learning. Before applying models and predictions, the contexts in which relevant parties exist should be taken into account. (3) Community participation serves the needs of communities and has the added benefit of bringing practitioners and communities together.
公開日: Tue, 10 May 2022 22:22:12 GMT

※ 翻訳結果を表に示しています。PDFがオリジナルの論文です。翻訳結果のライセンスはCC BY-SA 4.0です。詳細はトップページをご参照ください。

翻訳結果

    Page: /      
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
2 2 0 2 y a M 0 1 2 2 0 2 y a m 0 1 である。 0.53
] G L . s c [ ] G L。 sc [ 0.47
1 v 2 9 1 5 0 1 v 2 9 1 5 0 0.43
. 5 0 2 2 : v i X r a . 5 0 2 2 : v i X r a 0.42
Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から 0.50
HAN-YIN HUANG, Delft University of Technology, The Netherlands CYNTHIA C. S. LIEM, Delft University of Technology, The Netherlands Artificial intelligence literature suggests that minority and fragile communities in society can be negatively impacted by machine learning algorithms due to inherent biases in the design process, which lead to socially exclusive decisions and policies. HAN-YIN HUANG, Delft University of Technology, The Netherlands CYNTHIA C. S. LIEM, Delft University of Technology, The Netherlands 人工知能文学は、社会の少数派と脆弱なコミュニティは、デザインプロセスに固有の偏りがあり、社会的に排他的な決定や政策につながることを示唆している。 0.77
Faced with similar challenges in dealing with an increasingly diversified audience, the museum sector has seen changes in theory and practice, particularly in the areas of representation and meaning-making. 多様化するオーディエンスに対処する上で同様の課題に直面した博物館部門は、特に表現と意味作りの分野で理論と実践の変化を見てきた。 0.62
While rarity and grandeur used to be at the centre stage of the early museum practices, folk life and museums’ relationships with the diverse communities they serve become a widely integrated part of the contemporary practices. rarityとgrandeurは、初期の博物館の慣習の中心に置かれていたが、民俗生活と博物館の多様なコミュニティとの関係は、現代の慣習の広く統合された部分となっている。 0.66
These changes address issues of diversity and accessibility in order to offer more socially inclusive services. これらの変更は、より社会的に包括的なサービスを提供するために、多様性とアクセシビリティの問題に対処する。 0.53
Drawing on these changes and reflecting back on the AI world, we argue that the museum experience provides useful lessons for building AI with socially inclusive approaches, especially in situations in which both a collection and access to it will need to be curated or filtered, as frequently happens in search engines, recommender systems and digital libraries. これらの変化を振り返り、AIの世界を振り返ると、博物館の体験は、特に検索エンジン、レコメンダシステム、デジタルライブラリーで頻繁に発生するように、コレクションとアクセスの両方をキュレーションまたはフィルタリングする必要がある状況において、社会的に包括的なアプローチでAIを構築するための有用な教訓を提供する、と私たちは主張する。 0.64
We highlight three principles: (1) Instead of upholding the value of neutrality, practitioners are aware of the influences of their own backgrounds and those of others on their work. 1) 中立性の価値を保留する代わりに, 実践者は自身の背景や仕事に対する他者の影響を認識している。
訳抜け防止モード: 我々は3つの原則を強調する: (1) 中立性の価値を保留する代わりに。 実践者は自身のバックグラウンドや仕事に対する他人の影響を認識しています。
0.77
By not claiming to be neutral but practising cultural humility, the chances of addressing potential biases can be increased. 中立ではなく、文化的謙虚さを実践することで、潜在的なバイアスに対処する可能性を高めることができる。
訳抜け防止モード: 中立ではなく、文化的謙虚さを実践すること。 潜在的なバイアスに 対処する確率は増加する
0.68
(2) There should be room for situational interpretation beyond the stages of data collection and machine learning. (2)データ収集や機械学習の段階を超えて、状況解釈の余地があるはずだ。 0.77
Before applying models and predictions, the contexts in which relevant parties exist should be taken into account. モデルや予測を適用する前に、関連する関係者が存在する状況を考慮する必要がある。 0.70
(3) Community participation serves the needs of communities and has the added benefit of bringing practitioners and communities together. (3)コミュニティ参加はコミュニティのニーズに役立ち、実践者とコミュニティをまとめることのメリットが付加される。 0.81
CCS Concepts: • General and reference → Design; • Computing methodologies → Philosophical/theore tical foundations of artificial intelligence; • Applied computing → Arts and humanities. CCSの概念: • 一般および参照 → 設計; • 計算方法論 → 人工知能の哲学的・理論的基礎; • 応用コンピューティング → 芸術と人文科学 0.91
Additional Key Words and Phrases: Curation, museums, libraries, social inclusion, diversity キーワードの追加:キュレーション、博物館、図書館、ソーシャルインクルージョン、多様性 0.71
ACM Reference Format: Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem. ACM参照フォーマット:Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem。 0.82
2022. Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices. 2022. キュレーションされた文脈における社会的包含:博物館の実践からの洞察。 0.46
In 2022 ACM Conference on Fairness, Accountability, and Transparency (FAccT ’22), June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea. 2022年6月21-24日、大韓民国ソウルの公正、説明責任、透明性に関するACM会議(FAccT'22)。 0.73
ACM, New York, NY, USA, 16 pages. ACM, New York, NY, USA, 16ページ。 0.80
https://doi.org/10.1 145/3531146.3533095 https://doi.org/10.1 145/3531146.3533095 0.15
1 INTRODUCTION In many applications of AI, machine learning technology is employed to refocus the attention of humans. 1 イントロダクション AIの多くの応用において、機械学習技術は人間の注意を振り返るために使われます。 0.76
In many classification tasks, the intention is to automatically label digital objects in ways that scale beyond human capacity. 多くの分類タスクでは、人間の能力を超えたスケールでデジタルオブジェクトを自動的にラベル付けする。 0.83
The necessary standardisation in this procedure has both been lauded for its efficiency, yet criticised for its taxonomic crudeness, which tends to be particularly oblivious to cultural and contextual sensitivities and minority perspectives. この手順の必要な標準化は、その効率性から称賛されたが、その分類学的粗さは、文化的・文脈的な感受性や少数派的な視点に特に偏っていると批判されている。 0.50
Further downstream, machine learning technology empowers how vast collections of automatically describable digital objects get organised and re-organised, and how, when a human seeks to interact with the collections, they will be filtered down to much smaller-sized ‘relevant’ sub-selections. さらに下流では、機械学習技術によって、自動記述可能なデジタルオブジェクトの膨大なコレクションが、どのように組織化され、再編成されるか、そして人間がコレクションと対話しようとすると、より小さな‘関連’サブセレクションにフィルタリングされる。
訳抜け防止モード: さらに下流の機械学習技術は 自動記述可能なデジタルオブジェクトの膨大なコレクションが整理され、再編成される。 人間がコレクションと対話しようとすると それらは、ずっと小さな‘関連する’サブセレクションにフィルターされる。
0.77
In digital libraries, search engines and recommender systems alike, this has again both been lauded and criticised. デジタルライブラリー、検索エンジン、レコメンデーションシステムなどでも、これは再び称賛され、批判されている。 0.69
On the positive side, automated filtering technologies ポジティブな側面として、自動フィルタリング技術は 0.73
Permission to make digital or hard copies of part or all of this work for personal or classroom use is granted without fee provided that copies are not made or distributed for profit or commercial advantage and that copies bear this notice and the full citation on the first page. デジタル又はハード又はこの作品の一部又は全部を個人または教室で使用するための許可は、その複製が利益または商業上の利益のために作成、配布されず、かつ、この通知と第1ページの全引用を添付して、手数料なしで与えられる。
訳抜け防止モード: この作品の一部又は全部のデジタル又はハードコピーを個人または教室での使用許可 手数料なしで与えられます 利益や商業上の利益のためにコピーは作られない そのコピーには この通知と 最初のページの全文が書かれています
0.84
Copyrights for third-party components of this work must be honored. この作品のサードパーティコンポーネントの著作権を尊重しなければならない。 0.59
For all other uses, contact the owner/author(s). 他のすべての用途について、オーナー/著者に連絡してください。 0.47
© 2022 Copyright held by the owner/author(s). 第2022条 所有者/著者が保持する著作権。 0.60
Manuscript submitted to ACM ACMに提出された写本 0.63
1 1 0.43
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem 0.37
can traverse digital collections more broadly and efficiently than humans can do. デジタルコレクションを人間より広範に効率よく 横切ることができます 0.69
Generally, through digitalisation and unified access mechanisms, collection items that would be hard to reach in physical archives can now universally and globally be retrieved. 一般に、デジタル化と統一アクセス機構により、物理的アーカイブで到達しにくい収集アイテムは、普遍的かつグローバルに検索できる。 0.72
Yet, on the negative side, filtering and access mechanisms in our digital information space may not actually capitalise on the diversity they could in principle offer. しかし、ネガティブな面では、デジタル情報空間におけるフィルタリングとアクセスメカニズムは、原則として提供できる多様性を実際に活用するものではないかもしれない。 0.60
Many services do not naturally stimulate their audiences to venture beyond the filtered sub-selections offered to them, and perspectives provoking the strongest engagement easily get prioritised, at the risk of favoring ‘majority-group’ or heavily polarising world views. 多くのサービスは、フィルターされたサブセレクションを超えて、観客を自然に刺激するものではなく、最強のエンゲージメントを喚起する視点は、‘多国籍グループ’や高度に偏りを増す世界観を好んで、容易に優先される。
訳抜け防止モード: 多くのサービスは、自然に観客にフィルターされたサブセレクションを超えて冒険するよう刺激するわけではない。 最強のエンゲージメントを 引き起こす視点は 簡単に優先され 多数派 – グループ – あるいは非常に偏見的な世界観を支持する。
0.66
Often, we face large collections reflecting a pluriformity of perspectives and interpretations, while people interested in interacting with these collections will only get to see limited selections of items. 多くの場合、視点や解釈の多様さを反映した大規模なコレクションに直面していますが、これらのコレクションとのインタラクションに関心のある人は、アイテムの限定的な選択しか見ることができません。
訳抜け防止モード: 私たちはしばしば、視点と解釈の多様さを反映した大規模なコレクションに直面します。 これらのコレクションと対話したい人は 限定的なアイテムしか見れません
0.69
How can such selections be constituted and presented in ways that do right to the original diversity in the broader collections? このような選択をどのように構成し、より広いコレクションのオリジナルの多様性に正しい方法で提示するか。 0.74
How can curation be performed in ways that respect, engage and include audiences beyond mainstream perspectives, without necessarily going down populist routes? ポピュリストのルートを下ることなく、メインストリームの視点を越えて観客を尊敬し、関与し、包含する方法で、キュレーションをどのように行うことができるのか?
訳抜け防止モード: どのようにキュレーションを行うか 主観を超えた観衆を尊敬し、関与し、包含する 必ずしもポピュリストのルートを 下ることなく?
0.61
In digital information access applications, we are starting to recognise these are relevant, yet still unsolved challenges. デジタル情報アクセスアプリケーションでは、これらが重要でありながら未解決の課題であることを認め始めています。 0.61
When not applied consciously, AI technology may however actively work against these challenges, and it still is an open question how to avoid this. しかし、意識的に適用されない場合、AI技術はこれらの課題に対して活発に機能する可能性がある。 0.64
However, in the physical world, over the last decades, similar questions and challenges have actually been posed and addressed in the museum community. しかし、この数十年間、物理的な世界でも同様な疑問や課題が美術館のコミュニティで提起され、対処されてきた。 0.67
For at least two decades, the museum sector has been confronted with debates on its social role, potential biases in its work and issues of social inclusion and cultural diversity [12, 26, 32]. 少なくとも20年間、博物館部門は、その社会的役割、仕事における潜在的なバイアス、社会的包摂と文化的多様性の問題(12,26,32)に関する議論に直面してきた。 0.58
According to the current museum definition of the International Council for Museums (ICOM), a museum is an institution that ‘acquires, conserves, researches, communicates and exhibits’ both the intangible and tangible heritage [22]. 国際博物館協議会 (ICOM) の現在の博物館の定義によれば、博物館は無形・有形両方の遺産を「取得し、保存し、研究し、通信し、展示する」施設である。 0.71
In this process, a museum decides what is accepted into its collection and what is deemed significant heritage for the past, present and future generations. この過程で博物館は、そのコレクションに受け入れられるものと、過去、現在、将来の世代にとって重要な遺産となるものを決定する。 0.75
Museums are, therefore, institutions with the power to endorse views. したがって、博物館は見解を支持する力を持つ機関である。 0.66
Traditionally, museums are seen as places that house and exhibit items of historic, scientific or aesthetic values, where the criteria primarily have been based on the dominant groups whose cultures museums were founded on. 伝統的に、博物館は歴史的、科学的、美的価値の項目を収容し展示する場所と見なされ、その基準は主に文化博物館を創設した支配的なグループに基づいていた。 0.73
Such a curating process can actually be interpreted as one of exclusion (i.e., deciding what does not get to be accepted into a collection, and what thus would not be deemed significant heritage). このようなキュレーションプロセスは、実際には排除の1つとして解釈することができる(すなわち、コレクションに受け入れられないものを決定し、従って重要な遺産とはみなされない)。 0.75
Recognising this, various activities and actions have been initiated to still foster social inclusion, as will be discussed in this paper. これを認識しながら, 社会的包摂性を高めるための様々な活動や行動が, 本稿で論じられている。 0.66
Beyond these various initiatives in different museums, a recent debate surrounding the museum definition proposal of ICOM illustrates the sector’s attempt to officially formalise inclusive practices as part of its raison d’être. 様々な博物館での様々な取り組みの他に、ICOMの博物館定義提案をめぐる最近の議論は、このセクターが包括的慣行をレイソン・デトレの一部として公式に定式化しようとする試みを描いている。 0.51
Before its general assembly in 2019, ICOM announced that it would put a new museum definition proposal to be voted on during the assembly. 2019年の総会の前に、icomは議会期間中に新しい博物館の定義案を提出することを発表した。 0.60
This proposed new definition referred to museums as ‘democratising, inclusive and polyphonic spaces’, whose aims are to ‘contribute to human dignity and social justice, global equality and planetary wellbeing’ [14]. この新たな定義は、博物館を「民主主義、包括的、ポリフォニックな空間」と呼び、「人間の尊厳と社会的正義、グローバル平等、惑星の幸福に貢献すること」を目的とする[14]。 0.69
While applauded by supporters, the announcement was also met with criticisms, among which the lack of transparency in the decision-making process and insufficient consultation with members and national committees came to the fore. この発表は支持者に称賛される一方で、意思決定プロセスにおける透明性の欠如とメンバーや全国委員会との十分な協議の欠如が批判を浴びた。 0.72
The 2019 ICOM general assembly closed with a postponement of the vote. 2019年のicm総会は投票を延期して閉会した。 0.61
A series of consultation sessions, led by the ICOM Define committee and scheduled to take place until the first quarter of 2022, ensues. ICOM Define委員会が主導し、2022年の第1四半期まで開催される一連のコンサルテーションセッションが続く。 0.64
According to the analysis and report of the ICOM Define Committee’s second consultation with national committees, among the terms mentioned by national committees, many are related to social inclusion and diversity, for example, ‘inclusive’ is mentioned by 66 percent of the national committees, ‘open to society/public’ 52 percent, ‘community/society’ 51 percent, ‘accessibility’ 45 percent, ‘service to society’ 44 percent and ‘diversity’ 41 percent [6]. icomが全国委員会と二度目の協議を行った結果、全国委員会の用語の中には、社会的包摂性や多様性に関するものが多く、例えば、全国委員会の66%が「包括的」と言及しており、52パーセントが「社会/公開」、51%が「コミュニティ/社会」、55%が「アクセス可能性」、45%が「社会へのサービス」44%が「多様性」41%が「多様性」である。 0.70
Among the five draft proposals for museum 博物館の5つの案のうち 0.69
2 2 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から 0.50
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
definitions put forward by ICOM in February 2022, museums being inclusive and accessible to a variety of audiences is mentioned in all five definition proposals1. 2022年2月にICOMが提案した定義では、博物館は様々なオーディエンスに包括的かつアクセス可能であり、5つの定義提案のすべてに言及されている。 0.56
Both in the museum sector and in AI-powered digital information technology, potential biases in curated contexts pose very tangible challenges. 博物館部門とaiによるデジタル情報技術の両方において、キュレーションされたコンテキストにおける潜在的なバイアスは、非常に具体的な課題をもたらす。 0.48
Both worlds have a similar process, that starts with collecting what is deemed relevant to their purposes: in the museum’s case, the tangible and intangible heritage, and in case of AI technology, the data. どちらの世界にも同様のプロセスがあり、博物館の場合、有形で無形の遺産、そしてAI技術の場合、データといった目的に関係していると考えられるものを集めることから始まる。 0.71
The collections are then interpreted, after which selected items and views are presented to audiences. コレクションは解釈され、その後選択されたアイテムとビューが聴衆に提示される。 0.71
Drawing on this parallel, we argue that the existing debates and reform movements with regard to the museum experience can provide useful insights for developing socially inclusive approaches in AI. これと並行して、博物館体験に関する既存の議論や改革運動は、AIにおける社会的包括的アプローチを開発する上で有用な洞察を与えることができると論じる。 0.66
In their work on Lessons from Archives, Jo and Gebru draw attention to how sociocultural data is collected and processed in archives [24]. 資料から学ぶ授業に関する研究の中で,Jo と Gebru は,社会文化的データの収集・処理方法に注意を払っている [24]。 0.70
They identify principles that the machine learning community can learn from, in particular on practices to increase transparency with regard to data collection. 彼らは機械学習コミュニティが学ぶことができる原則、特にデータ収集に関する透明性を高めるためのプラクティスを特定します。 0.77
In this paper, we complement these insights by taking a broader process and organisational perspective, looking beyond the collection phase, and also including the interpretation, application and presentation phases, that ultimately reach human audiences. 本稿では,より広いプロセスと組織的視点を取り入れ,収集段階を超えて,最終的に人間のオーディエンスにリーチする解釈,応用,プレゼンテーションフェーズを含めることで,これらの洞察を補完する。 0.83
2 SOCIAL INCLUSION IN MUSEUMS Although, because of its more positive note, social inclusion is a term applied more often in policy and in practice, it is also used interchangeably with social exclusion, social cohesion, solidarity, integration and social capital [31, 40]. 2 博物館における社会的包含性は,より肯定的な意味から,社会的包含性は政策や実践において,社会的排他性,社会的結束性,連帯性,統合性,社会資本(31,40])と相補的に用いられる。 0.75
First coined in France in the 1970s, social exclusion referred to the marginalised groups of the French welfare system and has since then become part of the European political discussions. 1970年代にフランスで最初に作られたが、社会的排他はフランスの福祉制度の限界グループを指し、その後ヨーロッパの政治議論の一部となった。 0.74
As time went by, the discussion in policy moved to the more positive ‘social inclusion’ [40]. 時が経つにつれ、政策に関する議論はよりポジティブな「社会的包摂性」へと移行した [40]。 0.75
According to Silver, social inclusion has different connotations and applications in different settings on the national and neighbourhood levels, and is also located in place [40]. silver氏によると、社会包含物は国と近隣のレベルで異なる意味合いと応用があり、[40]の位置にある。
訳抜け防止モード: Silverによると、社会的包摂性は、国家レベルと近隣レベルの異なる設定で異なる意味と応用を持つ。 場所も[40]にあります
0.70
Social inclusion is therefore a context-specific term. したがって、社会的包含は文脈固有の用語である。 0.52
To many cultural institutions, what social inclusion entails is extremely fluid, and it thus is difficult to give a definition that fits all practices [31, 40]. 多くの文化機関では、社会的包摂性は非常に流動的であり、すべての慣行 [31, 40] に適合する定義を与えるのは難しい。 0.76
Richard Sandell is one of the early museologists who champions museums as ‘agents of social inclusion’ and suggests that museums nowadays are involved in or committed to different degrees of socially inclusive practices and ideals [34]. リチャード・サンデル(richard sandell)は、博物館を「社会的包摂の成員」として擁護する初期の博物館学者の一人であり、現代博物館は様々な社会的に包括的な実践や理想に関与している(34]。 0.65
The inclusive museums engage from the cultural dimension by tackling representation and access aspects in museum practice. インクルーシブ・ミュージアムは、博物館の実践における表現とアクセスの側面に取り組むことで文化的側面から関与している。 0.52
Museums as agents of social regeneration take on the social, economic and political dimensions and seek to promote better quality of lives for individuals, also encouraging personal development of the disadvantaged groups. 社会再生のエージェントとしての博物館は、社会的、経済的、政治的側面を取り上げ、個人の生活の質向上を追求し、不利な集団の個人的発展を促す。 0.59
Finally, museums as vehicles for broad social change aim to encourage positive social change and open themselves up as forums for public debates [34]. 最後に、広い社会変革のための博物館は、肯定的な社会変革を奨励し、公開討論フォーラムとして開館することを目的とする[34]。
訳抜け防止モード: 最後に、広い社会変革を目指す博物館 肯定的な社会変革を奨励し、公開討論のフォーラムとして開会する[34]。
0.58
Social inclusion in museum practice responds at first to the discussions of museum accessibility for a wider range of visitors (cultural dimension) and later includes the discussion the capacity of museums empowering its visitors (social, economic and political dimensions). 博物館の実践における社会的包摂性は、まず、より広い範囲の訪問者(文化的側面)に対する博物館のアクセシビリティに関する議論に反応し、後に博物館がその訪問者を力づける能力(社会的、経済的、政治的側面)に関する議論を含む。 0.59
Engaging social inclusion in the museum sector has become an important part of the discussion about democratising the museum practice [35]. 博物館における社会的包摂性は,博物館の実践の民主化に関する議論の重要な部分となっている[35]。 0.71
In contrast to its traditional image being situated in a power structure that posits museum staff as experts and a top-down practice model, the democratised museum practice seeks to revisit accessibility to the museum not just in terms of physical access, but also in terms of social, cultural and economic access, changing its relationship with the communities that have long been underrepresented by the museum sector. 博物館のスタッフを専門家として、そしてトップダウンの練習モデルとして実証する伝統的なイメージとは対照的に、民主化された博物館の実践は、物理的なアクセスだけでなく、社会的、文化的、経済的アクセスの観点からも、博物館へのアクセシビリティを再考し、博物館部門で長年過小評価されてきたコミュニティとの関係を変えようとしている。 0.65
Democratised museum thinking is manifest in the changes in the theorising of representation and meaning-making in museum practices. 民主化された博物館思想は、博物館の実践における表現と意味づけの理論の変化に現れている。 0.58
As Mason outlines in the representational discourse of social inclusion in museums practices, there are three メイソンが美術館における社会的包摂の表現的談話で概説しているように 0.59
1https://icom.museum /en/news/on-the-way- to-a-new-museum-defi nition-we-are-doing- it-together/, retrieved April 30, 2022. 1https://icom.museum /en/news/on-the-way- to-a-new-museum-defi nition-we-are-doing- it-together/ 2022年4月30日閲覧。 0.24
National committees have been asked to identify their preferred proposals in the fourth and final stage of consultation. 全国委員会は、協議の第4段階と最終段階において、望ましい提案を特定するよう求められている。
訳抜け防止モード: 全国委員会が要請された コンサルテーションの第4段階と最終段階の 優先提案を特定。
0.72
The final report is scheduled to be published in May 2022. 最終報告は2022年5月に公開される予定である。 0.70
3 3 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem 0.37
strands of influences that intertwine to make socially inclusive practice an important aspect in the contemporary museum practice [25]. 現代美術館の実践において,社会的な包括的実践に介入する影響が重要である[25]。 0.84
As the targeted audience shifts, from the elite educated and knowledgeable group to a more general public without specialist knowledge, subject matters also shift to include folk life and everyday collecting: the ordinary heritage that the visitors can recognise themselves in. 対象とする観衆が高度に教育された知識のあるグループから、専門知識のない一般大衆へと移行するにつれ、対象は民生や日常的な収集にシフトし、訪問者が自覚できる通常の遺産へと変化していく。 0.74
A second strand is the shift of Culture with capital C to culture with small letter c, from the elitist culture to simply referring a way of life. 第二のストランドは、資本のcから小さな文字のcを持つ文化への文化の転換であり、エリート文化から単に生活様式を参照することである。 0.76
The third strand is the influence of the environmental movements in the 1960s and discussions on these in the museum sector, in the form of new museology [46] for ecomuseology [10]. 第3のストランドは、1960年代の環境運動の影響と、博物館におけるそれらの議論であり、新しい博物館学 [46] for ecomuseology [10] の形式である。 0.69
At the core of the ecomuseum philosophy is the museum’s thinking beyond the confinement of its four walls, building relationships with communities. エコミュージアム哲学の核心は、博物館が4つの壁の閉じ込めを超えて考えることであり、コミュニティとの関係を構築している。 0.72
Development in museum learning theories also informs new perspectives in the meaning-making of museum visits. 博物館学習理論の発展は、博物館訪問の意味づけにおける新しい視点を示唆する。 0.69
Literature of how museum visitors make sense of the messages conveyed in exhibitions and programmes suggests that there is no one universal manner of museum visit experience. ミュージアムの訪問者が展示会や番組で伝えられたメッセージを理解する方法の文献は、博物館訪問体験の普遍的な方法が存在しないことを示唆している。 0.63
Visitors go to museums for different purposes with various expectations [13, 19]. 来館者は様々な目的のために美術館に行く[13, 19]. 0.76
It is therefore impossible for museums to create a ‘one thing fits all’ programme. したがって、博物館が‘すべてに合致する’プログラムを作ることは不可能だ。 0.82
The visitors who come through the gate also bring with them their own personal, cultural, social and political context. 門を通ってくる訪問者は、彼ら自身の個人的、文化的、社会的、政治的文脈も持ってくる。 0.56
Every visitor can experience a museum visit very differently. どの訪問者も美術館の訪問を全く異なる形で体験することができる。 0.52
To illustrate how these notions were implemented for socially inclusive museum experiences, we discuss three key principles, which in our perspective can be translated to parallels in AI practice. これらの概念が社会的に包括的な博物館体験にどのように実装されたかを説明するために、我々は3つの重要な原則について論じる。 0.60
First of all, we describe how instead of setting neutrality as the ultimate goal, an attitudinal change informed by cultural humility may provide better guidance. まず、中立を究極の目標とするのではなく、文化の謙虚さによって知らされる微妙な変化がより良いガイダンスを提供するかを説明する。 0.53
Secondly, allowing room for situational interpretation at different stages of the development process ensures that different contexts are considered and acknowledged. 第二に、開発プロセスの異なる段階で状況解釈を行う余地が、異なるコンテキストが考慮され、認識されることを保証する。 0.63
This implies that potential biases should keep being readdressed throughout the whole chain of services; that is, not only at the data collection, but also during the design, interpretation and implementation stages. つまり、潜在的なバイアスは、データ収集だけでなく、設計、解釈、実装の段階においても、サービスのチェーン全体を通して読み込まれるべきである。 0.59
Lastly, it is important to actively engage communities so that the practice connects with the community experience. 最後に,実践がコミュニティ体験と結びつくように,コミュニティに積極的に関与することが重要である。 0.78
3 THE MUSEUM INSIGHTS 3.1 Neutrality Revisited As discussed earlier, to become more socially inclusive, a sectoral change is needed to transform the traditional museum practice. 3 The MUSEUM INSIGHTS 3.1 Neutrality Revisited 先に述べたように、より社会的に包括的になるためには、伝統的な博物館の慣行を変えるために、部分的な変化が必要である。
訳抜け防止モード: 3 MUSEUM INSIGHTS 3.1 Neutrality Revisited 前述したとおり。 より社会的に包摂的になる 伝統的な博物館の慣行を変えるには 部分的な変化が必要です
0.65
This does not trivially happen. これはささいなことではありません。 0.46
Among the aspects identified by Sandell that inhibit the sectoral change, he first points out the attitudes of museum workers that do not subscribe to social inclusion [35]. セクター変革を抑制するサンデルが特定した側面の中で、彼はまず、社会的包摂に加入しない博物館労働者の態度を指摘した[35]。 0.64
To facilitate attitude changes, Sandell suggests training programmes based on first-hand experience and guided by the groups and communities, that have traditionally not seen themselves represented in the museums. 態度の変化を容易にするため、サンデルは直接の経験に基づいて訓練プログラムを提案し、伝統的に博物館で表現されていないグループやコミュニティに導かれている。 0.61
Such attitude change can be summarised as ‘cultural humility’. このような態度の変化は「文化的謙虚」と要約できる。 0.72
The concept of cultural humility has originally been promoted in health care and library and information science, to tackle oppressive descriptions in the medical and archival practices, respectively. 文化的謙虚の概念は、もともと医療と図書館、情報科学において、それぞれ医学と考古学の実践における抑圧的な記述に取り組むために推進されてきた。 0.64
It refers to the ability to acknowledge the influences personal backgrounds could have on the practitioners and their practices, and finding appropriate approaches to deal with these influences [42]. 個人的背景が実践者やその実践に与えた影響を認識し、これらの影響に対処するための適切なアプローチを見つける能力 [42] を指す。 0.79
Museums do not exist in a vacuum and neither do the visitors. 博物館は真空中に存在せず、訪問者も存在しない。 0.71
As Stijn Schoonderwoerd, the general director of National Museum of World Cultures (NMVW), points out, “Museums, although they are often seen as places solely dedicated to beautiful things, and therefore as neutral and non-political spaces, are players in the social and political arena too” [37]. nmvw(national museum of world cultures)の所長であるstijn schoonderwoerd氏が指摘するように、museumsは美しいものだけにのみを捧げる場所と見なされることが多いが、中立的で非政治的な空間として、社会と政治の場におけるプレイヤーでもある [37]。 0.71
A museum collects, interprets and displays tangible and intangible heritage in its care. 博物館は、その管理において有形無形遺産を収集、解釈、展示している。 0.59
Its decisionmaking process illustrates a perspective curated and presented by the museum. その意思決定プロセスは、博物館がキュレーションし提示した視点を示している。 0.56
The key word here is a perspective, rather than the perspective. ここでのキーワードは視点ではなく視点です。 0.55
In this process, a museum makes decisions about what the museum deems relevant to the この過程において、博物館は博物館が関連すると考えるものを決定する。 0.74
4 4 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から 0.50
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
institution in its exhibitions and education and outreach programmes. 展覧会、教育、アウトリーチプログラムの機関。 0.56
Museums function, therefore, in curated contexts that are not without implications of certain values. したがって、博物館は特定の価値を含まないキュレートされた文脈で機能する。 0.62
Instead of emphasising how ‘neutral’ museums should be, an attitude of ‘cultural humility’ signifies changes in the curatorial practices of museums. 博物館の「中立」を強調する代わりに、文化的な謙虚さ」という態度は、博物館のキュレーター的実践の変化を表している。 0.62
To facilitate an inclusive curatorial practice, the selection processes to decide what goes in the collections are informed by a museum’s mission statement and collection policy. 包括的キュレーターの実践を容易にするために、コレクションに何が起こるかを決めるための選択プロセスは、博物館のミッションステートメントと収集ポリシーによって通知される。 0.67
The collection policy will be reviewed at a regular interval to make sure the museum does not collect too many repeated, similar items, and the policy keeps up with developments within the museum. コレクションポリシーは定期的にレビューされ、博物館内での展開に沿うように、何度も繰り返される、類似したアイテムを収集しないことが保証される。 0.72
Changes can also be seen in the calls for decolonising museum narratives, that go from seeing different cultures as the exotic others, to placing different cultures in their own contexts. また、異なる文化をエキゾチックなものとして見ることから、異なる文化を自身のコンテキストに置くことまで、博物館の物語をデコロニゼーションする要求にも変化が見られる。 0.72
History and the heritage of the ruling and dominant groups are not the only heritage considered ‘qualified’ for museum collections. 支配的・支配的グループの歴史と遺産は、博物館コレクションの「資格」と見なされる唯一の遺産ではない。 0.69
One of the most telling examples in the museums’ efforts of putting cultural humility to practice, is the re-examination of terminology used in the museum sector. 文化的な謙虚さを実践しようとする博物館の努力で最も顕著な例の1つは、博物館部門で使われる用語の再検討である。 0.72
When an item is accepted into the collection, museum curators conduct research into its material culture such as its origin, material, artist, maker and previous collectors, and update relevant findings and literature related to the item. コレクションにアイテムが受け入れられると、博物館の学芸員は、その起源、素材、アーティスト、メーカー、過去の収集家などの素材文化の研究を行い、関連する発見や文献を更新する。 0.74
Derogatory terms in the catalogue descriptions and exhibition texts that are outdated in contemporary society are being identified and updated through research projects in museum terminology. 現代社会で時代遅れのカタログ記述や展示テキストの引用用語は、博物館用語学の研究プロジェクトを通して特定され、更新されている。 0.66
A good example of this is the Terminology project by the Amsterdam Rijksmuseum2. その好例がアムステルダムのrijksmuseum2による用語プロジェクトである。 0.62
The Rijksmuseum’s Terminology project started in 2015 with the painting shown in Figure 1. rijksmuseumの用語プロジェクトは2015年に始まり、図1に示されている。 0.68
When the painting became part of the museum’s collection in 1922, it was described as “East Indian type. Oriental girl sitting in an armchair”. 1922年にこの絵画が博物館のコレクションの一部になったとき、「東インド型。東洋の少女が肘掛け椅子に座っている」と表現された。 0.78
In the 1970s, the work was titled “Little Negress” by one of the curators then. 1970年代、この作品はキュレーターの1人によって「リトル・ネグレス」と題された。 0.50
In 2015, this title set off a public debate; as a result, the Museum assembled an inter-departmental team tasked to investigate the language used by the museum. 2015年、このタイトルは公の場で議論され、結果として博物館は、博物館が使用する言語を調査するための部門間チームを結成した。
訳抜け防止モード: 2015年にこのタイトルは公開討論を始めました 結果,博物館は,博物館が使用する言語について調査する部門間チームを編成した。
0.74
Although the task force originally gave the painting a new title “Young Woman with a Fan”, further research into the documents and communications in the Maris family archives unveiled in 2020 that the girl’s first name is Isabella, and that she was 12 years old when she posed for Maris. タスクフォースは当初、この絵に「ファンを持つ若い女性」という題名を与えたが、2020年にマリス家の文書やコミュニケーションに関するさらなる調査により、イザベラ(isabella)という女性の名前が判明し、マリスのポーズをとっていた12歳だったことが判明した。 0.71
“Isabella” sparked a series of term changes in the museum, for instance, ‘slaves’ are now described as ‘enslaved’ and ‘koelies’ are now referred to as ‘contract workers’. isabella" は博物館における一連の用語変更のきっかけとなり、「奴隷」は「奴隷化」、koelies は「請負業者」と呼ばれるようになった。
訳抜け防止モード: 「イザベラ」は博物館で一連の長期的変化を引き起こした。 例えば‘slaved ’ は ‘slaved ’ と記述されるようになりました そして'koelies'は'contract workers'と呼ばれるようになった。
0.74
Eurocentric terms have also been identified; for example, ‘Indians’ are now referred to as ’original residents of America’ and ‘exotic’, an adjective used to describe someone different from the European norm, is now avoided by the museum. 例えば「インド人」は現在では「アメリカ原住民」や「エキゾチック」と呼ばれており、ヨーロッパの標準とは異なる人物を表す形容詞として使われているが、現在は博物館によって避けられている。 0.75
Similarly, it is worthwhile to highlight the Words Matter project by the Dutch National Museum of World Cultures3. 同様に、オランダ世界文化博物館のWords Matterプロジェクトも注目に値する。
訳抜け防止モード: 同様に 価値はありますが オランダ国立世界文化博物館のwords matterプロジェクトについて紹介する。
0.70
This project produced a work-in-progress document, compiling a list of terms that were previously used but are now identified as derogatory, accompanied by various commenting essays [30]. このプロジェクトでは、以前使用されていた用語のリストを編纂し、様々なコメントエッセイを添えて、現在では軽蔑の対象とされています[30]。 0.59
It also discusses how terminology used in museums have impacts on its work; not just in collection, but also in education and interpretation, and its relationship to the community. また、博物館で使われる用語は、収集だけでなく、教育や解釈、コミュニティとの関係にもどのように影響するかについても論じている。 0.73
Wayne Modest, one of the authors in the Words Matter document, says in response to controversies in the Netherlands about changing words and texts, that “Paying attention to words means acknowledging that the words we use affect a person or a group feels excluded or included, whether they feel a sense of belonging to society. This is about representation, recognition and respect.” [29] Words Matterの著者の1人であるWayne Modest氏は、オランダでの言葉とテキストの変更に関する論争に対して、「言葉に注意を払うことは、私たちが使っている言葉が社会に属していると感じようとも、人やグループに影響を及ぼす言葉が除外されたり、含まれていると感じることを意味する」と述べている。 0.71
3.2 Situational Interpretation As mentioned in Section 2, social inclusion is a fluid concept and its definition and practice differ according to the context in which it is applied. 3.2 状況解釈 第2節で述べたように、社会的包摂は流動的な概念であり、その定義と実践は適用状況によって異なる。 0.81
The museum practice of social inclusion goes beyond ensuring that a collection has a diverse representation of its communities and audiences: beyond the collection and curatorial departments, other areas 社会包摂に関する博物館の慣行は、コレクションがコミュニティと聴衆の多様な表現を持つことを保証するだけでなく、収集部門やキュレーター部門、その他の領域を越えている。
訳抜け防止モード: 博物館におけるソーシャル・インクルージョンの実践は、それを保証するだけでなく コレクションはコミュニティや聴衆を多様に表現しています 資料収集・カリキュラム部門以外
0.71
2https://www.rijksmu seum.nl/en/research/ our-research/overarc hing/terminology, retrieved April 30, 2022. 2https://www.rijksmu seum.nl/en/research/ our-research/overarc hing/terminology 2022年4月30日閲覧。 0.37
3https://www.materia lculture.nl/en/publi cations/words-matter , retrieved April 30, 2022. 3https://www.materia lculture.nl/en/publi cations/words-matter 2022年4月30日閲覧。 0.41
5 5 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem 0.37
Fig. 1. Isabella, Simon Maris, c. 図1。 Isabella, Simon Maris, c 0.32
1906, oil on canvas. 1906年 キャンバスの石油 0.57
Rijksmuseum, Amsterdam. アムステルダムのRijksmuseum出身。 0.70
of the museum practice, such as the education and outreach departments, actively engage in offering inclusive services. 教育やアウトリーチ部門のような 博物館の実践は 積極的に 包括的なサービスを提供しています 0.72
Different parts of the museum services provide situational interpretation to respond to the needs of the audience groups they are catering for. 博物館サービスの様々な部分は、彼らが応えている聴衆グループのニーズに応えるために状況解釈を提供する。 0.78
Apart from changing the outdated languages used in the museum sector, as outlined in Section 3.1, changes can be seen in how curators produce interpretive texts of museum exhibitions with more visitor-oriented approaches. 博物館部門で使われている時代遅れの言語の変更は別として、3.1節で概説されているように、キュレーターがより訪問者指向のアプローチで博物館展示の解釈テキストを作成する方法に変化が見られる。 0.54
Accessible texts that are easy for the public to read and relate to, instead of jargon-loaded academic texts, are considered more effective in getting the messages across. 一般に読みやすいアクセシブルテキストは、ジャーゴンでロードされた学術テキストの代わりに、メッセージを横断する上でより効果的であると考えられている。 0.70
Moreover, there is no guarantee that the texts and messages will be さらに、テキストとメッセージが保証されない。 0.59
6 6 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から 0.50
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
perceived and understood to the same degree and effect by all visitors [19]. あらゆるビジターから 同じ程度と効果を 認識され 理解されました [19] 0.76
Understanding that meanings of museum displays can be shifting from one visitor to another, museums start exploring the inclusion of texts written by community members, and the engagement of visitors in reflective questions in exhibitions. 博物館の展示の意味が、ある訪問者から別の客へと移り変わることを理解すると、博物館は、コミュニティメンバーが書いたテキストの包含や、展示会における反省的な質問への訪問者の関与を探求し始める。 0.62
In New York, for example, an exhibition by the New York Historical Society, Scenes of New York City, displays art works alongside texts written by New Yorkers who are connected to the subject matters of the works on display4. 例えばニューヨークでは、ニューヨーク歴史協会の展覧会『ニューヨーク・シーンズ・オブ・ニューヨーク』では、作品の主題と関係のあるニューヨーカーが書いたテキストと共に美術作品を展示している。
訳抜け防止モード: 例えばニューヨークでは、ニューヨーク歴史協会の展覧会が開催されている。 ニューヨーク市のシーンは、ニューヨーカーが書いたテキストと一緒に芸術作品を展示しています。 ディスプレー4の 作品の主題と つながっています。
0.85
For an oil painting by Gifford Beal which features a top-hat-wearing horse carriage driver, visitors see both interpretive texts from the exhibition curator, and from a horse carriage driver in Central Park. ギフォード・ビールの油絵では、トップハットの乗用車ドライバーが描かれており、展示館のキュレーターからの解釈テキストとセントラルパークの乗用車ドライバーの両方を見ることができる。 0.59
While the curator’s text introduces the painter and touches on the carriage tour history at Central Park, the carriage driver’s text is a personal reflection of spring time and being a carriage driver in warm weather in the park, memories triggered by the painting [23]. キュレーターのテキストは画家を紹介し、セントラルパークの馬車ツアーの歴史に触れているが、馬車の運転手のテキストは春の時間を反映したもので、公園の暖かい気候の馬車の運転手であり、絵画[23]によって引き起こされた記憶である。 0.67
Similarly, when museum educators plan to utilise an item in collection as part of their education programme or campaign, the research results (such a descriptive texts in the catalogue or labels from past exhibitions) will form the basis of this endeavour. 同様に、博物館教育者が教育プログラムやキャンペーンの一部として収集品を活用しようとすると、研究結果(カタログや過去の展覧会のラベルに記載された文書など)がこの試みの基礎となる。 0.72
They are, however, often adapted in order to become suitable to the learning needs and specific contexts of the target audience. しかし、それらはしばしば、対象の聴衆の学習ニーズや特定の文脈に適合するように適応される。 0.69
In the process of developing these resources, the collaboration between the curatorial department and the education department makes sure that the produced texts or knowledge promoted is in line with the research result of the curatorial department, but also incorporates the understandings of the education department on how best to convey messages across to the target group to achieve the desired learning outcomes. これらの資源の育成過程において、キュレーター部と教育部とのコラボレーションにより、制作されたテキストや知識がキュレーター部の研究結果に合致していることを確認するとともに、目標グループにまたがってメッセージを伝達し、望ましい学習結果を達成するための最善の方法に関する教育部の理解も取り入れる。 0.77
With the museum collection as backbones, situational interpretation enables different parts of the museum services to be bridges between the collection and the visitors, by translating into languages or formats that visitors feel comfortable with. 博物館コレクションをバックボーンとして、状況解釈により、博物館サービスの様々な部分が、訪問者が快適に感じる言語や形式に翻訳することで、コレクションと訪問者の間の橋となることができる。 0.71
An inclusive museum is not only constituted by an inclusive collection, but includes a whole range of museum services that reach the museum visitors. インクルーシブ・ミュージアムはインクルーシブ・コレクションによって構成されるだけでなく、博物館の訪問者に届く幅広い博物館サービスを含んでいる。 0.69
3.3 Community Participation In the effort to offer inclusive practices, the community plays an important role, as informed by the new museology and ecomuseum philosophy. 3.3 コミュニティ参加 包括的実践を提供する取り組みにおいて,コミュニティは,新しいミューズロジーと共用哲学によって知らされるように,重要な役割を担っている。
訳抜け防止モード: 3.3 コミュニティ参加 包括的プラクティスを提供する取り組みにおいて、コミュニティは重要な役割を果たす。 新しい博物館哲学と共生哲学から学べる。
0.78
New museology places museums in relationships with the communities in which they exist, and serve at the centre of its discussion. ニューミューズロジーは博物館を、彼らがいるコミュニティとの関係に位置づけ、その議論の中心に位置づけている。 0.71
The ecomuseum philosophy expands on this and argues that museums should not be confined to its four walls. ecomuseumの哲学は、博物館は4つの壁に限定されるべきではないと主張する。 0.77
Instead of a museum building, an ecomuseum operates within a territory, instead of a building, and has a close tie with the communities whose lives are attached to this territory [7]. 博物館のビルの代わりに、博物館は建物の代わりに領域内で運営され、この領域に生命が付着しているコミュニティと密接な関係がある [7]。 0.68
Museums serve, therefore, as a ‘contact zone’ where the different contexts, narratives and complexities converge [48]. したがって博物館は、異なる文脈、物語、複雑さが収束する「接触ゾーン」として機能する [48]。 0.70
In order to have more diverse community narratives in the museums, audience development becomes an important aspect of museums’ public engagement. ミュージアムにより多様なコミュニティの物語を持たせるために、オーディエンスの開発は博物館の公的な活動の重要な側面となっている。 0.66
The lack of a universal definition of what constitutes a diverse and inclusive museum is evident in the audience development practice. 多様な包括的博物館を構成するものの普遍的な定義の欠如は、観客育成の実践において明らかである。 0.61
For example, the concept of community curators both refers to a method of collecting, and a strategy of audience development and outreach. 例えば、コミュニティキュレーターの概念は、どちらも収集の方法と、オーディエンスの発展と展開の戦略を指す。 0.58
This way of collecting is usually a project-based, community-oriented approach to collecting. このような収集方法は通常、プロジェクトベースのコミュニティ指向の収集アプローチです。 0.71
The contexts of this collecting process are documented through recordings of interviews of relevant parties and descriptions, so that these unique decision-making processes are not lost. この収集プロセスのコンテキストは、関連する関係者のインタビューや記述の記録を通じて記録されるため、これらのユニークな意思決定プロセスは失われない。 0.65
Such an approach is also a way to build relationships with underrepresented groups. このようなアプローチは、疎いグループとの関係を構築する方法でもある。 0.65
Collecting Birmingham, for example, was a three-year (2015–2018) project by the Birmingham Museums Trust in the city of Birmingham, UK5. バーミンガム収集プロジェクト(英: Collecting Birmingham)は、イギリスのバーミンガム市にあるバーミンガム博物館トラストによる3年間のプロジェクトである。 0.71
The first year of the project mainly consisted of consultation sessions with focus groups to discuss different themes surrounding the participants’ life experiences in Birmingham. プロジェクトの初年度は、主にバーミンガムでの参加者の生活経験を取り巻くさまざまなテーマについて議論する焦点グループによるコンサルティングセッションで構成された。 0.74
The Trust also recruited Collection Ambassadors who promoted the project in different areas of the city. トラストはまた、市内の様々な地域でプロジェクトを推進した収集大使を募集した。 0.65
After the first year, however, the Trust しかし、初年度以降は、信託 0.51
4https://www.nyhisto ry.org/exhibitions/s cenes-of-new-york-ci ty-elie-and-sarah-hi rschfeld, retrieved April 30, 2022. 4https://www.nyhisto ry.org/exhibitions/s cenes-of-york-city-e lie-and-sarah-hirsch feld 2022年4月30日閲覧。 0.16
5https://dams.birmin ghammuseums.org.uk/a sset-bank/action/bro wseItems? 5https://dams.birmin ghammuseums.org.uk/a sset-bank/action/bro wseItems? 0.13
categoryId=1978&categoryTypeId=2, retrieved April 30, 2022. categoryId= 1978&categoryTypeId=2 2022年4月30日検索。 0.34
7 7 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem 0.37
Fig. 2. Kamen’s minivan, Object No. 0001 of Echt Rotterdams Erfgoed collection. 図2。 カメンのミニバン、Echt Rotterdams ErfgoedコレクションのObject No. 0001。 0.61
Photo Credit: Joop Reijngoud. 写真クレジット:Joop Reijngoud。 0.77
felt that most participants were already people involved in heritage in some way, and looked to expand its participant profiles. ほとんどの参加者は、何らかの形で遺産に関わる人々であり、参加者のプロフィールを拡張しようとしていました。 0.58
In the second year, the project team went to different venues and events in the local neighbourhoods. 2年目には、プロジェクトチームは地元の様々な場所やイベントに行きました。 0.65
More contentious objects related to race or religion emerged as a result of the diversity of respondents in the second year [2]. 人種や宗教にまつわるより論争的な対象は、第2年度の回答者の多様性の結果として現れた[2]。 0.66
Echt Rotterdams Erfgoed (Authentic Rotterdam Heritage, ERE hereon) is an ongoing project started by Museum Rotterdam in the Netherlands and now is part of the Stichting Wijkcollectie (District collection Foundation) programmes67. Echt Rotterdams Erfgoed(英語:Authentic Rotterdam Heritage, ERE hereon)はオランダのミュージアム・ロッテルダムが現在進行中のプロジェクトであり、現在はStichting Wijkcollectie (District Collection Foundation)プログラム67の一部となっている。 0.83
The ERE project started with a Volkswagen minivan (shown in Figure 2) that belonged to a Bulgarian named Kamen. ereプロジェクトは、ブルガリアのkamenに属するvolkswagenミニバン(図2)から始まった。 0.50
Kamen was travelling back and forth between Bulgaria and The Netherlands with this minivan, transporting his fellow Bulgarians who had been travelling between the two countries. カメンはこのミニバンでブルガリアとオランダの間を行き来し、両国の間を旅していた仲間のブルガリア人を輸送した。 0.68
Museum Rotterdam considered this minivan to be an embodiment of the changing Europe and city of Rotterdam. ロッテルダム博物館はこのミニバンをヨーロッパとロッテルダムの変化する都市を具現化したものだと考えた。 0.56
However, the question was how such an item could be ‘collected’, while the owners still needed it for traveling across Europe. しかし問題は、その商品がどうやって‘収集’されるのか、そして所有者はヨーロッパを旅するのにそれを必要としていた。
訳抜け防止モード: しかし 問題は このようなアイテムは‘収集’できるが、所有者はヨーロッパを旅するのにそれを必要としている。
0.71
Museum Rotterdam decided to number the minivan and register it in their collection, but not to take it out of its running to place it in their depot. ミュージアム・ロッテルダムはミニバンを番号付けして彼らのコレクションに登録することに決めたが、彼らの保管庫に保管するためにそれを取り出さなかった。 0.59
After identifying an initial collection of 30 items, Museum Rotterdam called on Rotterdam residents for additional proposals, and was overwhelmed by the number of proposals received. 最初のコレクション30点を特定した後、ロッテルダム博物館はロッテルダム住民に追加提案を求め、受け取った提案の数に圧倒された。 0.65
The Museum then decided to put out a call for Rotterdam residents to form a collection committee. 博物館はその後、ロッテルダム住民に収集委員会を設立するよう呼びかけることに決めた。 0.72
The committee has, since 2017, determined collection criteria and met regularly for collection meetings. 委員会は2017年以降、収集基準を決定し、定期的に収集会議に出席している。 0.57
To date, one hundred exemplars of Rotterdam’s living heritage have been included in this collection, such as the Mayor Aboutaleb, who has been Mayor of Rotterdam since 2009, the Pauluskerk, a church that offers overnight shelters and warm food for those in need, and the Summer Carnival Rotterdam, reflecting the multicultural character of the harbour city. 2009年からロッテルダム市長を務めてきたオタレブ市長(英語版)や、必要に応じて一晩の避難所や温かい食べ物を提供するパウルスケルク(英語版)、港湾都市の多文化的な特徴を反映した夏のカーニバル・ロッテルダム(英語版)などである。
訳抜け防止モード: これまで、このコレクションにはロッテルダムの遺産の100の例が収められている。 例えば、2009年からロッテルダム市長を務めたオタレブ市長などである。 パウルスケルク教会は 困っている人のために一晩の避難所と温かい食べ物を提供している。 夏のカーニバル ロッテルダム 港湾都市の多文化的な特徴を反映しています
0.59
In both examples, the museums rely on the local communities’ insights into lives in their cities, and explicitly let the communities identify what heritage matters to them. どちらの例でも、博物館は都市の生活に関する地域コミュニティの洞察に依存しており、コミュニティに彼らの重要な遺産を明確に特定させる。 0.72
This raises attention to aspects that probably would not have been covered from the museum practitioners’ perspectives alone. これは、おそらく博物館の実践者の視点だけではカバーされなかったであろう側面に注意を向ける。 0.62
6https://museumrotte rdam.nl/ontdek/categ orie/echt-rotterdams -erfgoed, retrieved April 30, 2022. 6https://museumrotte rdam.nl/ontdek/categ orie/echt-rotterdams -erfgoed 2022年4月30日閲覧。 0.42
7https://wijkcollect ie.nl/ere/, retrieved April 30, 2022. 7https://wijkcollect ie.nl/ere/ 2022年4月30日閲覧。 0.51
8 8 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から 0.50
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
4 REFLECTING ON AI PRACTICE Having described multiple key principles and actions observed in the museum community to promote social inclusion, we now reflect on ways in which these also can be useful for AI applications. 4 ReFLECTING ON AI PRACTICE 博物館のコミュニティで観察された、社会的包摂を促進するための重要な原則と行動について、我々は現在、これらがAIアプリケーションにも役立つ方法を反映している。 0.63
Here, we especially consider AI applications that involve supervised machine learning procedures on data that relies on human interpretation, and where intended applications will involve curation steps. ここでは、人間の解釈に依存するデータに機械学習手順を監督するaiアプリケーションや、意図したアプリケーションがキュレーションステップを含むようなaiアプリケーションについて特に検討する。
訳抜け防止モード: ここでは特にAIアプリケーションについて検討する。 人間の解釈に依存するデータに対する教師付き機械学習手順を含む。 意図されたアプリケーションには キュレーションのステップが伴います
0.62
4.1 Neutrality Revisited As surveyed by Birhane et al , in many published research works in machine learning, generalisation and efficiency can be recognised as core important values defining achievement [3]. 4.1 中立の再考 バーハインらが調査したように、機械学習における多くの研究成果において、一般化と効率性は達成を定義する中核的な重要な価値として認識することができる[3]。 0.57
Denton et al [11] point out the common (often implicit) stance that more data examples will lead to better learning outcomes. Denton氏ら[11]は、より多くのデータサンプルがより良い学習結果をもたらすという一般的な(しばしば暗黙の)スタンスを指摘している。 0.65
At the same time, dataset construction historically has been less valued and incentivised in the community, as also emphasised by Sambasivan et al [33]. 同時に、歴史的にデータセットの構築は、sambasivan et al [33]によって強調されたように、コミュニティでの価値とインセンティブが低下してきた。 0.62
Thus, available large-scale datasets have commonly been reused, becoming ‘naturalised’ and appearing value-neutral in the process [11]. このように、利用可能な大規模データセットは一般的に再利用され、‘自然化’され、プロセス[11]でバリューニュートラルが現れます。
訳抜け防止モード: したがって、利用可能な大規模データセットは一般的に再利用されている。 は、プロセス [11 ]において中立となる。
0.63
The stance that datasets—and the technologies built on them—are not actually value-neutral, has only recently been gaining traction and debate in the machine learning community [36]. データセットとその上に構築された技術は、実際には価値中立ではないというスタンスは、機械学習コミュニティで最近注目を浴び、議論を呼んでいます [36]。 0.58
However, this notion has already been recognised as early as in 1996, in Forsythe’s paper outlining insights from three years of anthropological observations in an AI development project for migraine sufferers [15]. しかし、この概念は1996年のForsytheの論文ですでに認識されており、片頭痛患者のためのAI開発プロジェクトにおける3年間の人類学的観察の知見の概要を概説している [15]。 0.70
The work illustrates the hidden presumptions in developing an AI tool, arguing that different decisions are made with different intentionality. この研究は、AIツールの開発における隠れた前提を示し、異なる決定は異なる意図でなされる、と論じている。 0.62
Designers might think they cannot build their own cultural backgrounds and values into the system they are developing, but these explicit or tacit intentions often carry hidden presumptions. 設計者は、開発中のシステムに独自の文化的背景や価値を構築することはできないと考えるかもしれないが、これらの明示的あるいは暗黙的な意図は、しばしば隠れた仮定を伴っている。 0.58
These tools are not only ‘located’ in specific design settings, but also in specific practice settings. これらのツールは、特定のデザイン設定だけでなく、特定のプラクティス設定でも‘位置’される。 0.72
The people who deal with data will consciously or unconsciously be influenced by their own background and those of others. データを扱う人々は、意識的にも無意識的にも、自分自身のバックグラウンドや他人の影響を受けます。 0.69
By claiming to be neutral or striving to be neutral, the chances of addressing the influences and biases would actually be lost. 中立性を主張したり中立性を目指すことによって、影響や偏見に対処する可能性は実際に失われる。 0.67
As argued by Scheuerman et al [36], such an awareness in documentation practices is key to changing the culture of dataset development among the practitioners. Scheuerman氏らによって主張されたように、ドキュメントのプラクティスに対する認識は、実践者間のデータセット開発文化を変える鍵となります。 0.70
Thus, bias is not necessarily problematic per se, and always will be present to some degree. したがって、偏見は必ずしも問題ではなく、常にある程度存在する。 0.57
Both professional archives [24] and museums will explicitly not seek to collect unbiased samples of the broad universe, but will set an explicit collection policy, purposefully making choices according to this policy and the institute’s overall mission statement. プロフェッショナルアーカイブ[24]とミュージアムの両方が、広宇宙の偏りのないサンプルの収集を明示的に求めるのではなく、このポリシーと研究所の全体的なミッションステートメントに従って意図的に選択を行う明示的な収集方針を設定します。 0.76
As already argued by Jo and Gebru [24], more transparency on the policies and criteria behind machine learning datasets can be achieved through more explicit policy documentation, and existing proposals on datasheets for datasets [16] and model cards for model reporting [28] can naturally complement this. 既にjoとgebru [24]で議論されているように、機械学習データセットの背後にあるポリシーと基準の透明性は、より明示的なポリシードキュメントを通じて達成でき、データセット [16] 用のデータシートとモデルレポート [28] のためのモデルカードに関する既存の提案は、自然にこれを補完することができる。 0.67
It will be beneficial to explicitly write these with a mindset of cultural humility, accepting up front that the currently presented world view is not the one and only, canonical world view, and perspectives may need adjustment over time. 文化の謙虚さという考え方でこれらを明確に書き、現在提示されている世界観が唯一の標準世界観ではなく、時間とともに調整を必要とするかもしれないと前もって受け入れることは有益である。
訳抜け防止モード: これを文化的謙虚の考え方で明示的に書くことは有益である。 前もって受け入れて 現在提示されている世界観は 唯一の標準世界観ではありません 視点は時間とともに調整が必要です
0.72
It should be noted that many ‘canonical’, heavily-employed, large-scale machine learning datasets were explicitly not constituted with a mindset of cultural humility. 大規模な機械学習データセットの多くは、文化的謙虚さの考え方で明示的に構成されていない点に注意が必要だ。 0.61
Multiple datasets in computer vision have been heavily criticised for including problematic and offensive imagery [4] and labels [9], and displaying an Amerocentric and Eurocentric representation bias [39]. コンピュータビジョンにおける複数のデータセットは、問題のある画像[4]とラベル[9]を含み、Ameroセントリックでユーロセントリックな表現バイアス[39]を表示することで批判されている。 0.68
The follow-up to these criticisms had various forms. これらの批判の続行には様々な形態があった。 0.55
Where the work of Shankar et al on geodiversity issues both sparked more inclusive benchmarking efforts [38] and well-publicised commentaries drawing attention to culturally specific AI biases [49], Crawford and Paglen pointing out offensive class labels in ImageNet [9] led to those categories shankarらによる地理的多様性問題の研究は、より包括的なベンチマークの取り組み [38] と、文化的に特定のaiバイアス[49]に注意を向けるよく公表されたコメントの双方を引き起こし、crawfordとpaglenはimagenet[9]で攻撃的なクラスラベルを指摘した。 0.62
9 9 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem 0.37
being removed from the ImageNet public dataset. ImageNetパブリックデータセットから削除される。 0.75
Even more radically, Birhane and Prabhu’s audit [4] of the Tiny Images dataset [43] led to this dataset to be fully and permanently taken offline. さらに急進的に、birhane氏とprabhu氏の“4] of the tiny images dataset [43]によって、このデータセットは完全にオフラインにされることになった。 0.68
As discussed in Section 3.1, it is not uncommon in museums that language and representation of collections items used to be accepted at collection time, but today would be considered derogatory and offensive. 第3.1節で論じられているように、コレクションアイテムの言語と表現が収集時に受理されていたことは博物館では珍しくないが、今日では卑劣かつ攻撃的とみなされている。
訳抜け防止モード: 第3.1節で述べたように、博物館では珍しくない。 収集時に受理されたコレクション項目の言語および表現 しかし、今日は卑劣で攻撃的だと見なされる。
0.66
In reaction, this language has been revised and updated; however, this does not necessarily have to mean the previous language is fully erased. これに対し、この言語は改訂され、更新されているが、必ずしも以前の言語が完全に消去されたという意味ではない。 0.63
For example, the Words Matter document explicitly addresses these terms, but with clear contextualisation of how these terms today are problematic, and a clear underlying message that these terms should not be used anymore. 例えば、matter documentはこれらの用語を明示的に扱っているが、今日の用語がどのように問題になっているかを明確にコンテキスト化することで、これらの用語をもはや使用すべきでないという明確なメッセージが存在する。
訳抜け防止モード: 例えば、Words Matterドキュメントはこれらの用語を明示的に扱います。 しかし今日の言葉の 明確な文脈化によって そして、これらの用語はもはや使用すべきでないという明確な基盤となるメッセージ。
0.66
Contrasting this to the removal actions undertaken on problematic machine learning categories and datasets, while full permanent removal prevents future harmful automatic inferences, it also fully cuts off the connection and context to earlier, existing models that were trained on these datasets. これとは対照的に、問題のある機械学習のカテゴリやデータセットで実行される削除アクションに対して、完全な永続的削除は将来の有害な自動推論を防ぐ一方で、これらのデータセットでトレーニングされた既存のモデルとの接続とコンテキストを完全に遮断する。 0.65
4.2 Situational Interpretation The previous discussion raised that over time, descriptive language may need revision, updating, and re-tailoring to the presently relevant audiences. 4.2 状況解釈 前回の議論では、記述言語は時間とともに、現在の関連する聴衆に修正、更新、再調整を必要とする可能性があると論じられた。 0.56
In the discussion in Section 3.2, we raised that for museums, these audiences can be highly diverse, and in need of different languages and perspective highlights. 第3章2節の議論では、これらの観客は多種多様であり、異なる言語や視点のハイライトを必要としている。 0.57
These notions lead to multiple reflections on AI practice. これらの概念は、AIの実践に複数の反映をもたらす。 0.60
First of all, in museums, the same collection item may be described in different ways, or purposefully draw attention to different aspects of the item. まず、博物館では、同じコレクションアイテムを異なる方法で記述したり、そのアイテムの異なる側面に意図的に注意を向けることができる。 0.74
When seeing a picture of a carriage driver with a top hat in Central Park, some people will focus on characteristics of the carriage, some will reminiscence about being a carriage driver, and some may remember a similar carriage trip elsewhere; these memories may be visual and factual, or abstract and affective. セントラルパークでシルクハットをかぶった馬車の運転手の写真を見るとき、車体の特徴に注目する人もいれば、馬車の運転手であることを思い出す人もいるだろうし、他の場所でも同様の客車旅行を思い出す人もいる。
訳抜け防止モード: セントラルパークでシルクハット付きの馬車運転手の写真を見るとき 馬車の特徴に注目する人もいます 馬車運転手を思い出す人もいるでしょう 他の場所でも同様の旅を思い出す人もいるかもしれません これらの記憶は視覚的、事実的、あるいは抽象的で感情的かもしれない。
0.63
They are very differently-natured responses, that jointly constitute the experience to the item, while the physical representation of the item itself remains the same. それらは非常に異なる性質の反応であり、アイテムに対する体験を共同で構成する一方で、アイテム自体の物理的表現は同じままである。 0.74
In an AI context, the item would have the exact same encoded input representation, but a highly diverse vocabulary of associated output labels. AIのコンテキストでは、アイテムはまったく同じエンコードされた入力表現を持つが、関連する出力ラベルの非常に多様な語彙を持つ。 0.77
Would these be considered in a single, general learning or tagging task, the same problems as encountered with ImageNet would occur [9], where not all terms would have a visual observable link, and some associations may not be desirable to learn. これらは単一の一般的な学習またはタグ付けタスクで考慮されるならば、imagenetで遭遇したのと同じ問題が [9] 発生し、すべての用語が視覚的に観測可能なリンクを持つわけではないし、いくつかの関連が学習を望まないかもしれない。 0.63
Furthermore, considering the Isabella painting depicted in Figure 1 and discussed in Section 3.1, without context, one may describe the painting as a depiction of a seated young girl with a fan in fine clothing. また、図1に描かれ、第3.1段で論じられたイザベラの絵を文脈なしに、扇風機を身に着けた着席した少女の描写として表現することができる。 0.66
In contrast, a professional may describe it as an oil on canvas painting. 対照的に、プロはそれをキャンバスの絵の油と表現することができる。 0.62
However, knowing the context of the discussion this painting sparked, it may now be described as the art object that triggered the Rijksmuseum’s terminology revisions, and used to be problematically titled. しかし、この絵の議論の文脈を知ることがきっかけとなり、現在はリヒクスムゼムの用語の改訂を引き起こした美術品として表現され、以前は問題視されていた。 0.72
Again, this further strengthens the perspective that single, universal, ‘neutral’ descriptions and representations of the item should not be strived for. これはまた、単一で普遍的で「中立」な記述とアイテムの表現は努力すべきでないという視点をさらに強化する。 0.67
Parallel vocabularies, labels and descriptions may validly exist for a single item, referring to different sources and broader background contexts. パラレル語彙、ラベル、記述は、異なるソースとより広い背景コンテキストを参照しながら、1つの項目に対して有効に存在する可能性がある。
訳抜け防止モード: パラレル語彙、ラベル、記述は、1つの項目に対して有効に存在する。 異なる情報源と より広い背景に言及します
0.63
Encoding these as multiple tags of a single vocabulary, which often would happen in supervised machine learning contexts, would both be too simple, and taxonomically problematic. それらを単一の語彙の複数のタグとしてエンコーディングすることは、しばしば教師付き機械学習のコンテキストで起こるが、どちらもあまりにも単純で、分類学的に問題となる。
訳抜け防止モード: これらは単一の語彙の複数のタグとしてエンコーディングされ、教師付き機械学習コンテキストでしばしば発生する。 どちらも単純すぎるし 分類学的にも問題です
0.74
In terms of encoding parallel, polyvocal interpretations, richer labels and annotations can be achieved by employing Web technology. 並列のエンコーディング、多義的解釈、よりリッチなラベルとアノテーションは、web技術を使用することで実現できる。 0.68
The Semantic Web naturally gives opportunities for richer and parallel linking of differing viewpoints, as e g outlined by Van Erp and De Boer [44]. セマンティックWebは、Van Erp氏とDe Boer氏[44]によって概説されたegのように、異なる視点のよりリッチで並列なリンクの機会を自然に与えます。
訳抜け防止モード: Semantic Webは自然に、異なる視点のよりリッチで並列なリンクの機会を与えます。 Van Erp と De Boer による e g の概要 [44 ]
0.85
Next to this, for digital music content, Solid Pods were proposed by Weigl et al as a means to link various content types (e g textual annotations, scores, and recordings) at various levels of authority and intended visibility (e g professional commentary vs. private notes), facilitating provenance information, while explicitly keeping governance in the hands of the owner [47]. 次に、デジタル音楽コンテンツでは、様々なコンテンツタイプ(テキスト注釈、スコア、録音など)を様々なレベルの権威と意図的な可視性(専門家の注釈やプライベートノートなど)でリンクする方法として、weiglらによって堅固なポッドが提案され、プロヴァンス情報を容易にし、オーナーの手に明示的にガバナンスを保ちながら[47]。 0.68
10 10 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から 0.50
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Beyond technological questions of encoding and representation, more conceptually, questions can be asked about the nature and scope of personalisation. エンコーディングと表現に関する技術的な問題以外にも、より概念的には、パーソナライゼーションの性質とスコープについて質問することができる。 0.53
In search engines and recommender systems, personalisation typically happens in the back-end of a system as part of the filtering process, leading to personalised curated samplings of a collection. 検索エンジンやレコメンダシステムでは、パーソナライズは通常、フィルタリングプロセスの一部としてシステムのバックエンドで行われ、コレクションのパーソナライズされたキュレーションが行われる。 0.70
Different user profiles may be offered different selections of items to consume, that may also be differently ranked. 異なるユーザープロフィールは、消費するアイテムの異なる選択が提供され、異なるランク付けも可能である。 0.75
An interesting notion in the museum practice is that the filtering process was performed by a human curator, and the filtered sample of a collection for a given exhibition will be fixed: everyone going to the same exhibition will in principle be offered the same collection items to see. 博物館の実践における興味深い概念は、フィルタリング処理は人間のキュレーターによって行われ、ある展覧会のコレクションのフィルタリングされたサンプルは固定され、同じ展覧会に行く人は、原則として同じコレクションアイテムを提示される。 0.82
Any possible personalised differentiation will be in the presentation and interpretation; the parallel in the digital world would be in the front-end user experience. 可能なパーソナライズされた差別化は、プレゼンテーションと解釈であり、デジタルワールドにおける平行性は、フロントエンドのユーザーエクスペリエンスにある。 0.68
With regard to this, the discussion in Section 3.2 very strongly emphasised purposeful communication practice, that would link elements of curation and education. これに関して、第3.2節の議論は、キュレーションと教育の要素を結びつける目的的なコミュニケーションの実践を強く強調した。 0.70
In digital information access, tailored communication strategies focusing on item presentation are still relatively rare. デジタル情報アクセスでは、アイテムの提示に焦点を絞った通信戦略が比較的稀である。 0.70
Furthermore, in machine learning pipelines, deliberate connections across different stages in the process—from collection through curation to presentation—are hardly seen. さらに、機械学習パイプラインでは、プロセスのさまざまなステージ(収集からキュレーションからプレゼンテーションまで)にわたる意図的な接続はほとんど見えません。 0.55
Typically, datasets would be established in a general-purpose mindset: model learning may be tailored to a given learning task, but the user-facing presentation of the outcomes of this task are considered to be outside of the scope of the machine learning procedure. 通常、データセットは汎用的な考え方で確立される: モデル学習は与えられた学習タスクに合わせることができるが、このタスクの結果のユーザによるプレゼンテーションは、機械学習手順の範囲外であると考えられている。 0.79
The equivalent to the audience-tailored museum exhibit experience, where end-user-specific front-end requirements would affect criteria on data annotation and curation, has to the best of our knowledge not been implemented as a process yet. エンドユーザー固有のフロントエンド要件が、データアノテーションやキュレーションの基準に影響を及ぼすような、オーディエンスに適した博物館展示体験と同等なことは、私たちの知識のほとんどをまだプロセスとして実装されていない。 0.56
Especially in current works emphasising the importance of quality assurance on data, calls for a more holistic take are emerging and increasing, explicitly connecting practice downstream to dataset creation processes upstream. 特に、データの品質保証の重要性を強調する現在の作業では、より包括的なアプローチを求める声が高まり、下流のプラクティスと上流のデータセット作成プロセスを明確に結びつけている。 0.66
This e g is the case for the proposal of Hutchinson et al to more explicitly include software development practices in dataset development [21], but also for Sambasivan et al ’s work on data cascades, showing that uninformed choices made during dataset development will cause major problems in downstream applications [33]. この例では、hatchinsonらの提案により、データセット開発 [21] にソフトウェア開発プラクティスをもっと明確に含めるだけでなく、sambasivan氏らによるデータカスケードに関する作業にも当てはまる。
訳抜け防止モード: このegはハッチンソンらの提案の例で、データセット開発 [21] にソフトウェア開発のプラクティスをより明確に含めています。 さらに、Sambasivan氏らによるデータカスケードの研究もそうです。 データセット開発中に行われた不正な選択がダウンストリームアプリケーションに大きな問題を引き起こすことを示す[33]。
0.74
In addition, it increasingly is acknowledged and recognised that more holistic connections will need to be made between machine learning prediction in AI and user experience (UX) considerations, e g in the call to action put forward by Cramer and Kim [8]. さらに、AIにおける機械学習の予測とユーザエクスペリエンス(UX)の考慮との間には、より包括的なつながりがあることが認識され、認識されるようになった。
訳抜け防止モード: さらに、AIにおける機械学習予測とユーザエクスペリエンス(UX)の考慮との間には、より包括的な接続が必要であると認識され、認識されるようになった。 Cramer と Kim [8 ] が提案した行動の呼び出しで、eg を g にします。
0.65
4.3 Community participation In striving for social inclusion, museums have emphasised a pro-active focus on communities whose voice has not yet been heard and uplifted. 4.3 コミュニティ参加 社会参加を目指して、博物館は、まだ声が聞こえていないコミュニティに積極的に焦点を当てている。 0.71
Translating this to AI practice, care should be taken in doing this. これをAIの実践に翻訳するには、注意が必要だ。 0.67
Often, minoritised communities were already implicitly involved in system development, but as low-paid laborers, conducting data labeling tasks during the dataset creation phase [11]. 多くの場合、少数派コミュニティはシステム開発に暗黙的に関与していましたが、低賃金労働者として、データセット作成フェーズでデータラベリングタスクを実行しています [11]。 0.51
This labeling procedure would normally not solicit their personal perspectives, but rather ask for standardised descriptions. このラベル付け手順は、通常、彼らの個人的視点を要求せず、むしろ標準化された記述を要求する。 0.55
Indeed, when participatory machine learning was coined as a way to more inclusively involve communities, warnings were put out by Sloane et al that this should not lead to further exploitation and participation-washin g, where community work does not benefit the community, but rather serves a party with power over this community [41]. 実際に、参加型機械学習がコミュニティを包括的に巻き込む手段として作られたとき、Sloaneらによって、コミュニティワークがコミュニティに利益をもたらすのではなく、このコミュニティに権限を持ったパーティー(41)を提供するような、さらなる搾取や参加洗浄につながるべきではないという警告が出された。 0.65
Looking at how the museum world implemented community participation, all of the examples discussed in Section 3.3 clearly indicate agency of the community itself. 博物館の世界がコミュニティ参加の実施方法を考えると、第3条3項で論じられた例は明らかにコミュニティ自体のエージェンシーを示している。 0.63
In the ecomuseum setting, the items of relevance to the community explicitly remain in the context and under the governance of the community. ecomuseum設定では、コミュニティとの関連性に関する項目は、コミュニティのコンテキスト内および管理下において明示的に保持される。 0.68
When inviting community members to perform community creation, it also is clear the suggestions and insights will be respected, even if they may differ from what an ‘authoritative’ curator would do. コミュニティのメンバにコミュニティの創造を誘う場合,“権威ある”キュレーターが行うものとは違っても,提案や洞察が尊重されることは明らかです。 0.60
Looking at participatory methods in the digital world, participation through a citizen science perspective may be a better form than through a crowdsourcing perspective. デジタル世界の参加方法を考えると、市民科学の視点による参加は、クラウドソーシングの視点よりも良い形かもしれない。 0.70
Where in the latter case, participant knowledge is solicited by a 後者の場合、参加者の知識は、ある人によって勧誘される 0.56
11 11 0.43
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem 0.37
requesting party, to benefit that party’s intentions, in the earlier case, the participant is an actual, fully acknowledged participant, who will more comprehensively join the full process leading to relevant insights. パーティーを要請し、その党の意図を享受するために、以前のケースでは、参加者は実際に完全に認められた参加者であり、より包括的なプロセスに参加して、関連する洞察につながるでしょう。
訳抜け防止モード: 当事者にその当事者の意図に利益を与えるよう要求する 前のケースでは、参加者は実際に、完全に認められた参加者です。 より包括的にプロセスに参加し 関連する洞察を導きます
0.66
As e g documented in Hsu et al [20], the community citizen science approach can effectively include communities, engaging on concerns that demonstrably are relevant to them. Hsu et al [20]に記録されているegのように、コミュニティ市民科学のアプローチは、コミュニティを効果的に含めることができる。
訳抜け防止モード: Hsu et al [ 20 ] で記録されている e g として コミュニティ市民科学のアプローチは 効果的にコミュニティを組み込むことができます 明らかに彼らに関連する懸念に 関わります
0.75
Finally, the community participation practices in the museum world again illustrate the importance of communication and education. 最後に、博物館の世界におけるコミュニティ参加の実践は、コミュニケーションと教育の重要性を再び示している。 0.66
Earlier, in Section 3.1, it was emphasised that cultural humility may not naturally be ingrained in an institute, and minoritised communities will need to assist in educating the institutes about their blind spots. 以前、第3条1節では、文化的な謙虚さは自然に研究所に浸透するものではないことが強調され、未成年コミュニティは盲点に関する教育を支援する必要がある。 0.53
The other way around, coming back to Sambasivan et al [33], data cascades can be avoided when data literacy is improved, which presently still gets little attention and investment. 別の方法として、Sambasivan氏ら[33]に戻ってくると、データのリテラシーが改善されたときに、データカスケードが回避される。
訳抜け防止モード: その逆です sambasivan et al [33]に戻る。 データカスケードは、いつ避けられるか データリテラシーは改善され、現時点ではほとんど注意と投資を受けていない。
0.61
5 ACTIONABLE ORGANISATIONAL CHANGE: LIBRARIES IN DIGITAL TRANSITION Having built forth on the Lessons from Archives paper [24], and now discussing insights from the museum sector, we have been broadening perspectives on social inclusion and AI from a wider range of the so-called GLAM sector (galleries, libraries, archives and museums). 5 行動可能な組織変更: デジタルトランスフォーメーションの図書館は、アーカイブ論文[24]から学んだことに基づいて構築され、博物館部門からの洞察を議論し、いわゆるglamセクター(ギャラリー、図書館、アーカイブ、博物館)から、社会的包摂とaiに対する視点を広げてきました。 0.62
While differently-natured in their provided services, all these four institution types are responsible for the collection, preservation, presentation and dissemination of cultural heritage. 提供されたサービスで異なる特徴を持つが、これら4つの機関はいずれも文化遺産の収集、保存、展示、普及に責任を負っている。 0.60
To further illustrate the relevance of GLAM sector experiences for current social inclusion challenges in AI, as a final illustration, we wish to draw attention to the library sector. AIにおける現在の社会的包摂的課題に対するGLAMセクターの経験の関連性をさらに説明するために、図書館セクターに注意を向けたい。 0.70
In terms of its practice and servicing, this sector may sit between the museum community and AI communities. 実践とサービテーションに関して言えば、この部門は博物館コミュニティとaiコミュニティの間に位置する可能性がある。 0.57
Currently, it actively goes through a digital transition in which former core public values (e g ‘neutrality’) need revision and debate. 現在は、以前のコアパブリックバリュー(“中立性(neutrality)”など)がリビジョンとディベートを必要とするデジタル移行を積極的に実施しています。 0.64
In showing how this currently is tackled in the public library community in The Netherlands, we again have an inspirational example of how social inclusion in collection and curation contexts is taken up as an organisational challenge, driven by explicitly set policies. オランダの公共図書館コミュニティでこれがどのように取り組まれているかを示す中で、収集とキュレーションのコンテキストにおける社会的包摂が、明確に設定されたポリシーによって引き起こされる組織的な課題としてどのように扱われるかという、インスピレーションのある例を紹介します。 0.58
The public library has historically been a source for knowledge and information, purported to be offered in neutral ways. 公共図書館は歴史的に知識と情報の源であり、中立的な方法で提供されたと考えられている。 0.71
However, local public libraries never would have the shelf space to store all the books in the world. しかし、地元の公共図書館は、世界中のすべての本を保管する棚のスペースを持っていない。 0.72
Therefore, collection policies have always actively been applied. そのため、常に収集政策が適用されてきた。 0.59
With digitalisation boosting online information access, today, the public library may not be sought out as much anymore for knowledge. デジタル化によってオンライン情報アクセスが促進されるため、今日、公共図書館は知識のためにあまり探し出されないかもしれない。 0.68
However, it still very explicitly is a social meeting space, where people from different backgrounds and perspectives may naturally encounter one another, where this would not be trivial anymore in other aspects of daily life. しかし、それはまだ非常に明白なソーシャルミーティングスペースであり、異なる背景や視点を持つ人々が自然に互いに遭遇する可能性があり、日常生活の他の面では、これはもはや自明ではないだろう。 0.66
Against the backdrop of these developments, a dedicated Dutch law on public library facilities was passed in 2015 [1], quoting independence, reliability, accessibility, pluriformity and authenticity as core public values to uphold, and listing five core library tasks: これらの発展を背景に、2015年に公立図書館施設に関するオランダの法律が成立し、独立性、信頼性、アクセシビリティ、多元性、信頼性を掲げて5つの中核的な図書館の課題を列挙した。 0.70
(1) to facilitate knowledge and information; (2) to offer possibilities for development and education; (3) to promote reading and introduce literature; (4) to organise encounters and debates; (5) to acquaint the audience with arts and culture. 1)知識と情報を促進すること、(2)開発と教育の可能性を提供すること、(3)文学の読解と紹介を促進すること、(4)出会いと議論を組織すること、(5)聴衆に芸術と文化を知ること。 0.83
Looking at this, it is striking that ‘neutrality’ indeed is not mentioned, but ‘pluriformity’ is. これを見ると、実際には‘中立性’は言及されていないが、‘多重性’は顕著である。 0.56
Even more strongly, strategic library innovation agendas especially emphasise the pluriformity aspect [18], noticing that the public library is one of the few remaining trusted places where confrontations with a different perspective than one’s own may be tolerated. より強固に言えば、戦略的ライブラリーのイノベーションの課題は、特に多元性(pluriformity)の側面[18]を強調しており、公共図書館は、自分自身と異なる視点の対立が許容される数少ない信頼された場所の1つであることに注意している。
訳抜け防止モード: さらに強く、戦略的な図書館のイノベーションの課題は、特に多様性(pluriformity)の側面を強調しています [18]。 公立図書館は数少ない 信頼できる場所の1つで 個人と異なる視点での対立は許容されるかもしれない。
0.66
Interestingly, the present eight ethical principles for using AI [45], authored by the National Library of the Netherlands, still call for neutrality as a core principle, explaining this as “not steering users into directions that they may not choose 興味深いことに、オランダ国立図書館(National Library of the Netherlands)が著した、AIを使用するための8つの倫理的原則[45]は、現在でも中立を中核原則として求めており、これを「ユーザーが選択できない方向にユーザーを誘導しない」と説明している。
訳抜け防止モード: 興味深いことに、AIを使うための8つの倫理的原則[45]。 オランダ国立図書館によって作成され、中核原理として中立を求める。 ユーザーを選択できない方向に誘導するものではない。
0.71
12 12 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から 0.50
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
outside of AI context”. AIコンテキストの外部”。 0.69
At the same time, the libraries voice explicit interest in digital recommender systems, and a major concern voiced in strategic documents is that the application of AI in filtering processes would narrow down a user’s perspective in undesirable ways [18]. 同時に、図書館はデジタルリコメンデーションシステムに対する明確な関心を表明しており、戦略的文書では、フィルタリングプロセスにおけるaiの適用が、望ましくない方法でユーザーの視点を狭めることを主な関心事としている[18]。 0.73
In other words, the neutrality core principle needs revision, and responsible AI recommenders in the public library context maybe even should actively steer users beyond the perspectives they would choose without the recommender. 言い換えれば、中立性のコア原則にはリビジョンが必要であり、パブリックライブラリのコンテキストにおける責任あるAIレコメンダは、レコメンダなしで選択する視点を越えて、積極的にユーザを操るべきかもしれない。 0.54
Beyond the possible role of AI technology in this challenge, similarly to museums, libraries do not only seek to stimulate more inclusive practice as part of a filtering or book-lending procedure. この課題におけるAI技術の役割だけでなく、博物館と同様、図書館はフィルタリングや書籍貸出の手続きの一環として、より包括的な実践を刺激しようとしている。 0.59
Considering the five core tasks of a public library, organised social activities and cultural programming explicitly are included as part of these tasks, and actively employed to further engage relevant audiences. 公立図書館の5つの中核的な課題を考えると、組織化された社会活動と文化的プログラミングがこれらの課題の一部として含まれており、関連する観客のさらなる参加のために積極的に採用されている。 0.54
Here, the parallels with the community-oriented activities of museums can easily be seen. ここで、博物館のコミュニティ指向の活動との類似性は容易に見ることができる。 0.60
In line with their task to offer possibilities for development and education, Dutch public libraries have today been designated as the place where citizens can learn important skills necessary for daily life. オランダの公立図書館は、開発と教育の可能性を提供するために、今日、市民が日常生活に必要な重要なスキルを習得できる場所として指定されている。 0.66
This includes courses on reading comprehension, but also increasingly focuses on digitalisation. これには読解に関するコースも含まれているが、デジタル化にも注目が集まっている。 0.52
Beyond introductory computer courses, this e g includes assistance with making use of digital public services, such as making vaccine appointments in the COVID-19 pandemic. 入門コンピュータコース以外にも、新型コロナウイルス(covid-19)パンデミックでワクチンのアポイントメントを行うなど、デジタル公共サービスの利用を支援する。 0.55
Furthermore, the public libraries also will be conducting outreach projects to raise citizen awareness of AI. さらに、公立図書館は、AIに対する市民の意識を高めるために、アウトリーチプロジェクトも実施する。 0.59
Increasing this awareness is vital for allowing more inclusive and informed public debates on AI technologies, their impact on society, and the true needs and wishes of users. この認識を高めることは、AI技術、彼らの社会への影響、そしてユーザの真のニーズと願望について、より包括的で周知な公開討論を可能にするために不可欠である。
訳抜け防止モード: この認識の増大 AI技術に関するより包括的で情報のある公開討論を可能にするために不可欠です。 彼らの社会への影響と ユーザの本当のニーズと願望
0.73
In the United States of America, for similar reasons, the ‘We are AI’ course was developed and implemented as a collaboration between the Center for Responsible AI at New York University’s Tandon School of Engineering, the Peer 2 Peer University, and the Queens Public Library, in the form of a learning circle at the public library8. 同様の理由から、米国では、ニューヨーク大学のタンドン工科大学(Tandon School of Engineering)の責任AIセンター(Center for Responsible AI)、ピア2ピア大学(Peer 2 Peer University)、クイーンズ公共図書館(Queens Public Library)の協力のもと、公立図書館8の学習サークルという形で‘We are AI’コースが開発された。 0.79
6 CONCLUSION In this article, we reviewed how social inclusion practices have been integrated in the practice of museums, particularly focusing on the perception of ‘neutrality’, the need for situational interpretation, and the role of community participation. 6 結論 本論文では,「中立性」の認識,状況解釈の必要性,コミュニティ参加の役割に着目し,博物館の実践に社会的包摂的実践がどのように統合されているかをレビューした。 0.85
We highlighted how mindset changes in the museum world may be inspirational in tackling social inclusion challenges in AI technology. 私たちは、博物館の世界におけるマインドセットの変化が、AI技術における社会的包摂的課題にどう対処するかを強調した。 0.48
We wish to emphasise that the museum sector did not yet ‘solve’ matters of inequality in representation and ownership. 博物館部門は、表現と所有権の不平等の問題をまだ解決していないことを強調したい。 0.62
With the ICOM museum definition discussion still ongoing, social inclusion has not formally been institutionalised yet. ICOMの博物館定義に関する議論が続いているが、社会的包摂性はまだ公式には確立されていない。 0.49
Furthermore, some societal public museum statements have been criticised to be lip service. さらに、いくつかの公共博物館の声明はリップサービスであると批判されている。 0.57
For example, during the global Black Lives Matter movement in 2020—in the middle of the COVID-19 pandemic and anger surrounding the death of George Floyd at the hand of the Minneapolis police—major museums such as the British Museum issued statements to express solidarity with the movement. 例えば、2020年のグローバル・ブラック・ライフ・マター・ムーブメント(covid-19パンデミックとミネアポリス警察の手によるジョージ・フロイドの死をめぐる怒り)では、大英博物館のような主要な博物館が、この運動と連帯性を示す声明を発表した。 0.57
These gestures were, however, met with criticisms that museums need to do better to turn words into deeds by re-examining how Black communities have been portrayed. しかし、これらのジェスチャーは、黒人コミュニティがどのように描かれてきたかを再検討することで、美術館は言葉を行為に変えるためにより良い行動を取る必要があるという批判を受けた。
訳抜け防止モード: しかし、これらのジェスチャーは博物館が必要とする批判と一致した。 黒人コミュニティがいかに描かれてきたかを調べることで、言葉を行為に変えるのがよい。
0.59
In the case of the British Museum, for example, the Museum came under fire again for controversial colonial-period objects within its collection, such as the Benin Bronzes [5, 17]. 例えば大英博物館の場合、この博物館はベニン青銅器[5, 17]など、そのコレクション内で議論を呼んだ植民地時代の物のために再び火災に遭った。 0.78
Criticisms on museums following the Black Lives Matter movement show that the minority and underrepresented communities are not yet sufficiently satisfied, and that the museum sector is still a long way from resolving issues of social inclusion and cultural diversity in its practices. ブラック・ライフ・マター運動後の博物館に対する批判は、少数派や少数派が十分に満足していないこと、そして博物館部門が社会的包摂性や文化的多様性の問題を解決していまだに長い道のりであることを示している。
訳抜け防止モード: ブラック・ライブ・マター運動後の博物館に対する批判は、 少数派と少数派は まだ十分に満足していない 博物館部門は まだまだ長い道のりです 社会的包摂と文化的多様性の問題を 解決することです
0.67
Still, at the same time, many relevant discussions are being held, many policies have noticeably been adjusted, and many tangible actions can be noticed. 同時に、多くの関連する議論が開催され、多くのポリシーが明確に調整され、多くの具体的なアクションが注目されている。 0.71
In our discussion of these, it これらの議論の中で、それは 0.64
8https://datarespons ibly.github.io/we-ar e-ai/, retrieved April 25, 2022. 8https://datarespons ably.github.io/we-ar e-ai/ 2022年4月25日閲覧。 0.20
13 13 0.85
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem 0.37
should be noted that conscious attitude changes are addressed at different stages of the curation and presentation process, with a strong focus on tailored presentation and its surrounding communicative intent. 注意すべきは、意識的な態度の変化はキュレーションとプレゼンテーションのさまざまな段階で対処され、調整されたプレゼンテーションとその周囲のコミュニケーションの意図に強く焦点が当てられることである。 0.68
Furthermore, the examples from the museum world also explicitly indicate how social inclusion requires strong organisational commitment, and how different departments within an organisation should actively be engaged in striving to improve it, while sustaining a mindset of cultural humility. さらに、博物館の世界の例は、いかに社会的包摂が強い組織的コミットメントを必要とするか、そして組織内の異なる部門が、文化的な謙虚さの考え方を維持しながら、その改善に積極的に取り組んでいかなければならないかを明示している。
訳抜け防止モード: さらに、博物館界の例は、いかに社会的包摂が強い組織的コミットメントを必要とするかを明確に示している。 組織内の異なる部門がどのようにして改善に取り組むべきか 文化的な謙虚さの考え方を維持しながら
0.56
In the AI community, the rising awareness of socioculturally specific perspectives, interpretation dynamics, bias and power has so far largely been concentrated at the side of dataset creation and documentation [11, 16, 21, 27, 33]. aiコミュニティでは、社会文化的に特定の視点、解釈ダイナミクス、バイアス、パワーに対する意識の高まりが、データセットの作成とドキュメント(11,16,21,21,27,33)の側面に集中しています。 0.70
However, in our current practice, commonly used datasets may get repurposed for different downstream tasks and applications, where the parties working on these tasks and applications may not always have been the dataset builders. しかし、私たちの現在のプラクティスでは、一般的に使用されるデータセットは、異なるダウンストリームタスクやアプリケーションのために再利用されるかもしれません。 0.62
Furthermore, considering a final application, user-facing experience considerations will likely be handled by a very different team than the team working on data-driven components of the application. さらに、最終的なアプリケーションを考えると、ユーザ向けエクスペリエンスの考慮事項は、アプリケーションのデータ駆動コンポーネントに取り組んでいるチームとはまったく異なるチームによって扱われる可能性が高い。
訳抜け防止モード: さらに,最終的なアプリケーションを考えると,ユーザ 経験に直面すること データを扱うチームとはまったく異なるチームによって処理される可能性が高い。
0.78
Thus, more holistic quality assurance mechanisms will be needed. したがって、より包括的な品質保証機構が必要である。 0.65
Even more strongly, any communicative efforts focusing on application adoption and acceptance may explicitly happen beyond technical application development cycles. さらに強固に言えば、アプリケーションの採用と受け入れに焦点を当てたコミュニケーションの努力は、技術的なアプリケーション開発サイクルを超えて明示的に起こるかもしれません。 0.49
In our discussions of museum practice, we have highlighted that there are good reasons to actively make these different departments connect, also in the light of alignment with strategic mission statements. 博物館の実践に関する議論では、戦略的なミッションステートメントに照らして、これらの異なる部門を積極的に結びつける正当な理由があることを強調しました。 0.59
We illustrated how the public libraries community in The Netherlands is presently going through a similar transformation, involving a more profound organisational mission reorientation, that manifests in a broad spectrum of associated activities. オランダの公共図書館コミュニティは、現在、関連する活動の幅広い範囲に現れる、より深い組織的ミッションの調整を含む、同様の変革を経験しています。 0.57
Having positioned our current discussion next to Jo and Gebru’s Lessons from Archives [24], we have further strengthened the argument that the AI community can learn from organisational best practices of GLAM institutes. jo氏とgebru氏のアーカイブから得た教訓[24]の隣に現在の議論を配置することで、glam研究所の組織的ベストプラクティスからaiコミュニティを学ぶことができるという議論をさらに強化しました。 0.64
These parties build upon long histories of experience with questions of curation, while at the same time being recognised as trusted, and in many cases public, spaces. これらの政党は、キュレーションに関する質問で長い歴史を築き、同時に信頼され、多くの場合、公共空間として認められている。 0.60
Many of these organisations currently are going through digital transformations. 現在、これらの組織の多くはデジタルトランスフォーメーションを行っています。 0.64
While this is happening, they can provide excellent environments for piloting more holistic takes on socially inclusive AI technologies in practice. これは起きているが、実際には社会的に包括的なAI技術をより包括的に活用するための優れた環境を提供することができる。 0.55
ACKNOWLEDGMENTS This work is part of the ‘Recommender requirements for pluriform perspectives in local public libraries’ project (NWA.1228.192.235) of the National Science Agenda (NWA) research programme, which is financed by the Dutch Research Council (NWO). ACKNOWLEDGMENTS この研究は、オランダ研究協議会(NWO)が資金を拠出するNWA(National Science Agenda)研究プログラム(NWA.1228.192.235)のプロジェクト(NWA.1228.192.235)の一部である。
訳抜け防止モード: ACKNOWLEDGMENTS この研究は、National Science Agenda (NWA ) Research Programの'Recommender requirements for pluriform perspectives in local Public Library' Project (NWA.1228.192.235 )の一部である。 オランダ研究協議会(NWO)が出資している。
0.87
The National Library of The Netherlands (Koninklijke Bibliotheek, KB) is a partner in this project. オランダ国立図書館(Koninklijke Bibliotheek, KB)は、オランダの国立図書館である。 0.60
This partner role is that of a relevant domain stakeholder, and is neither financially compensated by the project grant, nor financially contributing to the project grant. このパートナーの役割は関連するドメインステークホルダーのものであり、プロジェクト助成金によって金銭的に補償されることも、プロジェクト助成金に財政的に貢献することもありません。 0.59
In addition, Dr Liem’s research time is supported through a personal Veni grant (016.Veni.192.131) of the NWO Talent Programme. さらに、リーム博士の研究時間は nwo タレントプログラムの個人的 veni grant (016.veni.192.131) によって支えられている。 0.65
The NWO and the KB had no role in the design and conduct of the research presented in this paper; access and collection of data; analysis and interpretation of data; preparation, review, or approval of the manuscript; or the decision to submit the manuscript for publication. nwoとkbは、本論文で提示された研究の設計と実行、データのアクセスと収集、データの分析と解釈、原稿の作成、レビュー、承認、または原稿を出版するために提出する決定に何の役割も果たさなかった。
訳抜け防止モード: nwoとkbは,本論文で提示された研究の設計及び実施に何の役割も果たさなかった;データのアクセス及び収集;データの分析及び解釈;原稿の作成,審査又は承認 または、原稿を出版するために提出する決定。
0.84
The authors declare no other financial interests. 著者は他の金銭的利益を宣言しない。 0.51
REFERENCES [1] 2015. Wet stelsel openbare bibliotheekvoorzieni ngen. 2015年度より。 Wet stelsel openbare bibliotheekvoorzieni ngen。 0.39
https://wetten.overh eid.nl/BWBR0035878/2 015-01-01 [2] 2020. BWBR0035878/2015-01- 01 [2] 2020 0.28
Contemporary Collecting: An Ethical Toolkit for Museum Practitioners. 現代コレクション:博物館の実践者のための倫理的ツールキット。 0.61
London Transport Museum. ロンドン交通博物館。 0.84
Retrieved April 30, 2022 from https: 2022年4月30日 https から復帰。 0.65
//www.ltmuseum.co.uk /blog/contemporary-c ollecting-ethical-to olkit-museum-practit ioners //www.ltmuseum.co.uk /blog/contemporary-c ollecting-ethical-to olkit-museum-practit ioners 0.05
[3] Abeba Birhane, Pratyusha Kalluri, Dallas Card, William Agnew, Ravit Dotan, and Michelle Bao. [3]Abeba Birhane氏、Pratyusha Kalluri氏、Dallas Card氏、William Agnew氏、Ravit Dotan氏、Michelle Bao氏。 0.35
2022. The Values Encoded in Machine Learning 2022. 機械学習で符号化された価値 0.57
Research. In Proceedings of the 2022 ACM Conference on Fairness, Accountability, and Transparency (FAccT ’22). 研究。 2022 acm conference on fairness, accountability, and transparency (facct ’22) で開催されている。 0.55
14 14 0.42
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
Social Inclusion in Curated Contexts: Insights from Museum Practices キュレートされた文脈における社会的包摂性:博物館の実践から 0.50
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
[4] Abeba Birhane and Vinay Uday Prabhu. [4]Abeba BirhaneとVinay Uday Prabhu。 0.39
2021. Large Image Datasets: A Pyrrhic Win for Computer Vision? 2021. 大規模画像データセット:コンピュータビジョンのピュロス的勝利? 0.60
. In Proceedings of the IEEE/CVF Winter . IEEE/CVF冬季の観測 0.57
Conference on Applications of Computer Vision (WACV). コンピュータビジョン(wacv)の応用に関する会議 0.72
[5] Kate Brown. ケイト・ブラウン[5] 0.63
09 June 2021. 2021年6月09日。 0.60
’This is Performative’: Critics Mercilessly Mock the British Museum for its ’Hollow’ Statement of Solidarity with Black Lives 大英博物館の黒人生活との連帯の「ホルロー」声明を、批評家は無慈悲にも大英博物館をあざ笑う 0.62
Matter Movement. Retrieved April 30, 2022 from https://news.artnet. com/art-world/britis h-museum-black-lives -matter-1882296 物質運動。 https://news.artnet. com/art-world/britis h-museum-black-lives -matter-1882296 0.23
[6] ICOM Define Committee. 6] ICOM 定義委員会 0.61
2021. The Museum Report on the ICOM Member Feedback for a New Museum Definition. 2021. ICOMメンバーの新たな博物館定義へのフィードバックに関する博物館報告 0.62
[7] G. Corsane, P. Davis, S. Elliott, Ma. G. Corsane, P. Davis, S. Elliott, Ma. 0.38
Maggi, D. Murtas, and S. Rogers. Maggi、D. Murtas、S. Rogers。 0.84
2007. Ecomuseum Evaluation: Experiences in Piemonte and Liguria, Italy. 2007. Ecomuseum Evaluation: イタリアのピエモンテとリグリアでの経験。 0.54
International Journal of Heritage Studies 13, 2 (2007), 101–116. international journal of heritage studies 13, 2 (2007) 101–116。 0.42
[8] Henriette Cramer and Juho Kim. [8]アンリエット・クレイマーとジュホ・キム。 0.52
2019. Confronting the Tensions Where UX Meets AI. 2019. UXがAIと出会うときの緊張関係。 0.53
Interactions 26, 6 (oct 2019), 69–71. 相互作用26、6(oct2019)、69-71。 0.64
https://doi.org/10.1 145/ https://doi.org/10.1 145/ 0.18
3364625 [9] Kate Crawford and Trevor Paglen. 3364625 9]ケイト・クロウフォードとトレバー・パグレン。 0.53
2019. Excavating AI: The politics of images in machine learning training sets. 2019. excavating ai: 機械学習トレーニングセットにおけるイメージの政治。 0.59
Retrieved 20 Jan, 2022 from 2022年1月20日 0.70
https://excavating.a i https://excavating.a i 0.29
[10] Peter Davis. ピーター・デイヴィス(Peter Davis)。 0.59
2011. Ecomuseum: A Sense of Place (2nd ed.). 2011. Ecomuseum: A Sense of Place (2nd ed.) (英語) 0.63
Continuum, London and New York. コンティニュウム、ロンドン、ニューヨーク。 0.47
[11] Emily Denton, Alex Hanna, Razvan Amironesei, Andrew Smart, and Hilary Nicole. Emily Denton氏、Alex Hanna氏、Razvan Amironesei氏、Andrew Smart氏、Hilary Nicole氏。 0.74
2021. datasets: A critical history of ImageNet. 2021. データセット: ImageNetの重要な歴史。 0.62
Big Data & Society 8, 2 (2021), 20539517211035955. Big Data & Society 8, 2 (2021), 20539517211035955。 0.75
arXiv:https://doi.or g/10.1177/2053951721 1035955 arXiv:https://doi.or g/10.1177/2053951721 1035955 0.22
On the genealogy of machine learning https://doi.org/10.1 177/2053951721103595 5 機械学習の系譜について https://doi.org/10.1 177/2053951721103595 5 0.38
[12] Jocelyn Dodd and Richard Sandell. 12]ジョセリン・ドッドとリチャード・サンデル 0.64
2001. Including Museums: Perspectives on Museums, Galleries and Social Inclusion. 2001. 博物館:博物館、ギャラリー、社会包摂に関する展望。 0.60
Research Centre for Museums and Galleries, Leiceter. 博物館研究センター そして、Leiceter, Galleries。 0.79
[13] John Falk and Lynn D. Dierking. 13] ジョン・フォークと リン・d・ディアキング 0.61
2013. The Museum Experience Revisited. 2013. 博物館を再開。 0.51
Routledge, London and New York. routledge、london、そしてnew york。 0.65
[14] International Council for Museums. 国際博物館協議会[14]。 0.65
2021. ICOM announces the alternative museum definition that will be subject to vote. 2021. ICOMは、投票の対象となる代替博物館の定義を発表した。 0.58
Retrieved April 30, 2022 2022年4月30日に復帰。 0.53
from https://icom.museum/ en/news/icom-announc es-the-alternative-m useum-definition-tha t-will-be-subject-to -a-vote/ https://icom.museum/ en/news/icom-announc es-the-alternative-m useum-definition-tha t-will-be-subject-to -a-vote/ 0.07
[15] Diana. ダイアナ [15]。 0.46
E. Forsythe. 1996. e. フォーサイス 1996. 0.45
New Bottles, Old Wine: Hidden Cultural Assumptions in a Computerized Explanation System for Migraine Suffers. 新ボトル, 旧ワイン:ミグレインサファーのコンピュータによる説明システムにおける文化的推定 0.66
Medical Anthropology Quarterly 10, 4 (1996), 551–574. 医学 人類学 4 (1996), 551–574。 0.65
[16] Timnit Gebru, Jamie Morgenstern, Briana Vecchione, Jennifer Wortman Vaughan, Hanna Wallach, Hal Daumé III, and Kate Crawford. Timnit Gebru氏、Jamie Morgenstern氏、Briana Vecchione氏、Jennifer Wortman Vaughan氏、Hanna Wallach氏、Hal Daumé III氏、Kate Crawford氏。
訳抜け防止モード: [16 ]Timnit Gebru, Jamie Morgenstern, Briana Vecchione, Jennifer Wortman Vaughan, Hanna Wallach, Hal Daumé III そしてケイト・クロフォード。
0.80
2021. Datasheets for Datasets. 2021. データセット用のデータシート。 0.49
Commun. ACM 64, 12 (nov 2021), 86–92. 共産。 ACM 64, 12 (nov 2021), 86-92。 0.61
https://doi.org/10.1 145/3458723 https://doi.org/10.1 145/3458723 0.17
[17] Alex Greenberger. アレックス・グリーンバーガー(Alex Greenberger)。 0.59
08 June 2021. 2021年6月、08歳。 0.49
Controversy over Museums’ Black Lives Matters Statements continues as Critics Pillory British Institutions. 博物館のブラック・ライフズ・マターズ・ステートメントに関する論争は、批評家・ピロリー・ブリティッシュ・インスティチューションズとして続いている。 0.50
Retrieved April 30, 2022 from https://www.artnews. com/art-news/news/br itish-museums-black- lives-matter-stateme nts-controversy-1202 690203/ 回収 2022年4月30日 https://www.artnews. com/art-news/news/Br itish-museums-black- lives-matter-stateme nts-controversy-1202 690203/ 0.34
[18] Marianne Hermans and Marjolein Oomes. 18] マリアンヌ・ハーマンズと マージョレイン・オムズ 0.49
2019. Kennisagenda Openbare Bibliotheken—Samen bouwen aan kennis. 2019. Kennisagenda Openbare Bibliotheken - Samen bouwen aan kennis 0.41
Koninklijke Bibliotheek. Koninklijke Bibliotheek 0.29
https://www.kb.nl/kb html/bibliotheekinzi cht/kb_kennisagenda_ mei2019_online.pdf https://www.kb.nl/kb html/bibliotheekinzi cht/kb_kennisagenda_ mei2019_online.pdf 0.09
[19] Eilean Hooper-Greenhill. 【19】アイリーン・フーパー・グリーンヒル 0.54
2000. Museums and the Interpretation of Visual Culture. 2000. 博物館と視覚文化の解釈。 0.57
Routledge, London and New York. routledge、london、そしてnew york。 0.65
[20] Yen-Chia Hsu, Ting-Hao ‘Kenneth’ Huang, Himanshu Verma, Andrea Mauri, Illah Nourbakhsh, and Alessandro Bozzon. [20]Yen-Chia Hsu、Ting-Hao ‘Kenneth’ Huang、Himanshu Verma、Andrea Mauri、Illah Nourbakhsh、Alessandro Bozzon。
訳抜け防止モード: 20円-チアhsu、ting-hao「ケネス」huang ヒマンシュ・ヴェルマ、アンドレア・モーリ、イラ・ヌールバクシュ、アレッサンドロ・ボッツォン。
0.43
2022. Empowering Local 2022. 地方を力づける 0.54
Communities Using Artificial Intelligence. 人工知能を用いたコミュニティ。 0.62
(2022). arXiv:2110.02007 (2022). arXiv:2110.02007 0.31
[21] Ben Hutchinson, Andrew Smart, Alex Hanna, Emily Denton, Christina Greer, Oddur Kjartansson, Parker Barnes, and Margaret Mitchell. Ben Hutchinson氏、Andrew Smart氏、Alex Hanna氏、Emily Denton氏、Christina Greer氏、Oddur Kjartansson氏、Parker Barnes氏、Margaret Mitchell氏。 0.73
2021. Towards Accountability for Machine Learning Datasets: Practices from Software Engineering and Infrastructure. 2021. 機械学習データセットのアカウンタビリティに向けて:ソフトウェアエンジニアリングとインフラストラクチャのプラクティス 0.61
In Proceedings of the 2021 ACM Conference on Fairness, Accountability, and Transparency (FAccT ’21) (Virtual Event, Canada). 2021 acm conference on fairness, accountability, and transparency (facct ’21) (virtual event, canada) で開催されている。 0.74
Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 560–575. Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 560-575。 0.90
https://doi.org/10.1 145/3442188.3445918 https://doi.org/10.1 145/3442188.3445918 0.15
[22] ICOM. icom (複数形 icoms) 0.38
24 August 2007. 2007年8月24日発売。 0.40
Museum Definition. Retrieved April 30, 2022 from https://icom.museum/ en/resources/standar ds-guidelines/museum - 博物館指定。 2022年4月30日、https://icom.museum/ en/resources/standar ds-guidelines/museum から復帰。 0.51
definition [23] Julia Jacobs. 定義 ジュリア・ジェイコブス(Julia Jacobs)。 0.73
10 November 2021. 2021年11月10日生まれ。 0.47
Whose Writing Is on the Wall at the Museum? 美術館の壁に誰が書いたか? 0.77
It Could Be Yours. それはあなたのかもしれない。 0.52
Retrieved April 30, 2022 from https://www.nytimes. 2022年4月30日、https://www.nytimes. comから取得。 0.45
com/2021/11/10/arts/ design/art-museum-la beling-new-york-hist orical-society.html html.com/2021/11/10/ arts/design/art-muse um-labeling-new-york -historical-society. html 0.04
[24] Eun Seo Jo and Timnit Gebru. [24]Eun Seo JoとTimnit Gebru。 0.37
2020. Lessons from Archives: Strategies for Collecting Sociocultural Data in Machine Learning. 2020. アーカイブからの教訓: 機械学習における社会文化的データ収集戦略。 0.59
In Conference on Fairness, Accountability and Transparency (FAT ’20) January 27-30 2020, Barcelona, Spain. 会議では 公正、説明責任、透明性(FAT ’20)2020年1月27-30日、スペインのバルセロナ。 0.69
ACM, New York, NY, USA. acm、ニューヨーク、アメリカ、ニューヨーク。 0.60
[25] Rhiannon Mason. 25] リアンノン・メイソン 0.51
2004. Conflict and Complement: An Exploration of the Discourses Informing the Concept of the Socially Inclusive Museum in 2004. 論争と補足:社会包括的博物館の概念を語る言説の探索 0.51
Contemporary Britain. International Journal of Heritage Studies 10, 1 (2004), 49–73. 現代のイギリス。 International Journal of Heritage Studies 10, 1 (2004), 49–73。 0.60
[26] François Matarasso. フランソワ・マタラッソ(François Matarasso)。 0.60
1997. Use or Ornament: the social impacts of participation in the arts. 1997. 使用または装飾:芸術に参加することによる社会的影響。 0.61
Comedia. [27] Milagros Miceli, Julian Posada, and Tianling Yang. メディア。 【27】ミラフロス・ミッセリ、ジュリアン・ポサダ、天リング・ヤン 0.39
2022. Studying Up Machine Learning Data: Why Talk About Bias When We Mean Power? 2022. 機械学習データの研究:なぜパワーを意味するバイアスについて語るのか? 0.58
Proc. ACM Hum. Proc ACMヒューム所属。 0.48
-Comput. Interact. -計算。 相互作用する。 0.38
6, GROUP, Article 34 (jan 2022), 14 pages. 6グループ、34条(2022年2月)、14ページ。 0.62
https://doi.org/10.1 145/3492853 https://doi.org/10.1 145/3492853 0.17
[28] Margaret Mitchell, Simone Wu, Andrew Zaldivar, Parker Barnes, Lucy Vasserman, Ben Hutchinson, Elena Spitzer, Inioluwa Deborah Raji, and Timnit Gebru. 28]マーガレット・ミッチェル、シモーネ・ウー、アンドリュー・ザルディヴァル、パーカー・バーンズ、ルーシー・ヴァッサーマン、ベン・ハッチンソン、エレナ・スピッツァー、イニオウルワ・デボラ・ラジ、ティムニット・ゲブル
訳抜け防止モード: マーガレット・ミッチェル、シモーヌ・ウー、アンドリュー・ザルディヴァル。 Parker Barnes, Lucy Vasserman, Ben Hutchinson, Elena Spitzer Inioluwa Deborah RajiとTimnit Gebru。
0.62
2019. Model Cards for Model Reporting. 2019. モデルレポート用のモデルカード。 0.61
In Proceedings of the Conference on Fairness, Accountability, and Transparency (FAT* ’19). 公正、説明責任、透明性に関する会議の議事録(fat* ’19)において。 0.63
ACM. [29] Wayne Modest. acm。 ウェイン・モデスト(Wayne Modest)。 0.58
2020. Words Matter. 2020. 言葉が重要。 0.38
In Words Matter, Wayne Modest and Robin Lelijveld (Eds.). ウェイン・モデスト (wayne modest) とロビン・レリーヴェルド (robin lelijveld, eds.)。 0.52
National Museums of World Cultures, Leiden, NL, 国立世界文化博物館、ライデン、nl 0.59
12–17. [30] Wayne Modest and Robin Lelijveld (Eds.). 12–17. [30]ウェイン・モデストとロビン・レリーヴェルド(eds) 0.43
2021. Words Matter:An Unfinished Guide for Word Choices in the Cultural Sector. 2021. word matter:文化分野における単語選択のための未完のガイド。 0.61
National Museums of World Cultures, Leiden, NL. 国立博物館 世界文化、ライデン、NL。 0.73
Retrieved April 30, 2022 from https://www.material culture.nl/en/public ations/words-matter 2022年4月30日発売。 0.42
[31] Andrew Newman and Fiona McClean. アンドリュー・ニューマンとフィオナ・マクリーン。 0.44
2004. Presumption, policy and practice. 2004. 前提、方針、実践。 0.36
International Journal of Cultural Policy 10, 2 (2004), 167–181. International Journal of Cultural Policy 10, 2 (2004), 167–181。 0.43
[32] Andrew Newman and Fiona McLean. 32] アンドリュー・ニューマンと フィオナ・マクリーン 0.57
1998. Heritage Builds Community: the Application of Heritage Resources to the Problems of Social Exclusion. 1998. 文化遺産: 社会排他問題への遺産資源の応用。 0.67
International Journal of Heritage Studies 4, 3/4 (1998), 143–153. International Journal of Heritage Studies 4, 3/4 (1998), 143–153。 0.46
15 15 0.43
英語(論文から抽出)日本語訳スコア
FAccT ’22, June 21–24, 2022, Seoul, Republic of Korea FAccT'22, 6月21-24, 2022, ソウル, 大韓民国 0.85
Han-Yin Huang and Cynthia C. S. Liem Han-Yin HuangとCynthia C. S. Liem 0.37
[33] Nithya Sambasivan, Shivani Kapania, Hannah Highfill, Diana Akrong, Praveen Paritosh, and Lora Aroyo. [33]ニティヤ・サンバシバン、シヴァニ・カパニア、ハンナ・ハイフィル、ダイアナ・アクロン、プラヴィエン・パリトシュ、ロラ・アロイオ 0.46
2021. “Everyone wants to do the model work, not the data work”: Data Cascades in High-Stakes AI. 2021. データ処理ではなく、誰もがモデル処理をしたい”: 高スループットaiにおけるデータカスケード。 0.56
In Proceedings of the CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI ’21). chi conference on human factors in computing systems (chi ’21) の開催中である。 0.68
ACM. [34] Richard Sandell. acm。 リチャード・サンデル(Richard Sandell)。 0.64
1998. Museums as Agents of Social Inclusion. 1998. 博物館は社会的包摂のエージェントである。 0.73
Museum Management and Curatorship 17, 4 (1998), 401–418. ミュージアム・マネジメント・アンド・キュレーターシップ 17, 4 (1998), 401-418。 0.60
[35] Richard Sandell. リチャード・サンデル(Richard Sandell)。 0.66
2003. Social inclusion, the museum and the dynamics of sectoral change. 2003. 社会的包摂性、博物館、部門変化のダイナミクス。 0.53
Museum and Society 1, 1 (2003), 45–62. ミュージアム・アンド・ソサエティ1号(2003年)、45-62頁。 0.54
[36] Morgan Klaus Scheuerman, Emily Denton, and Alex Hanna. Morgan Klaus Scheuerman氏、Emily Denton氏、Alex Hanna氏。 0.33
2021. Do Datasets Have Politics? 2021. データセットには政治がありますか? 0.47
Disciplinary Values in Computer Vision Dataset コンピュータビジョンデータセットにおける懲戒値 0.67
Development. Proceedings of the ACM on Human-Computer Interaction 5 (2021), 1–37. 開発。 acm on human-computer interaction 5 (2021年) 1-37。 0.74
Issue CSCW2. [37] Stijn Schoonderwoerd. CSCW2。 [37]Stijn Schoonderwoerd。 0.56
2020. Foreword. 2020. 巻頭言 0.40
In Words Matter, Wayne Modest and Robin Lelijveld (Eds.). ウェイン・モデスト (wayne modest) とロビン・レリーヴェルド (robin lelijveld, eds.)。 0.52
National Museums of World Cultures, Leiden, 世界文化博物館、ライデン。 0.52
NL, 6–10. [38] D. Sculley, Eric Breck, Igor Ivanov, James Atwood, Miha Skalic, Pallavi Baljekar, Pavel Ostyakov, Roman Solovyev, Weimin Wang, and Yoni Halpern. NL, 6-10。 D. Sculley, Eric Breck, Igor Ivanov, James Atwood, Miha Skalic, Pallavi Baljekar, Pavel Ostyakov, Roman Solovyev, Weimin Wang, Yoni Halpern。
訳抜け防止モード: NL, 6-10。 [38 ] D. Sculley, Eric Breck, Igor Ivanov, James Atwood, Miha Skalic, Pallavi Baljekar, Pavel Ostyakov ロマン・ソロヴィエフ、ヴァイミン・ワン、ヨニ・ハルパーン。
0.58
2019. The Inclusive Images Competition. 2019. インクルーシブイメージコンペティション。 0.42
[39] Shreya Shankar, Yoni Halpern, Eric Breck, James Atwood, Jimbo Wilson, and D. Sculley. Shreya Shankar氏、Yoni Halpern氏、Eric Breck氏、James Atwood氏、Jimbo Wilson氏、D. Sculley氏。 0.76
2017. No Classification without Representation: Assessing Geodiversity Issues in Open Data Sets for the Developing World. 2017. 表象のない分類:開発途上国向けオープンデータセットにおける地理多様性問題の評価 0.57
In Proceedings of the Machine Learning for the Developing World Workshop (ML4D) at NeurIPS 2017. In Proceedings of the Machine Learning for the developing World Workshop (ML4D) at NeurIPS 2017 0.43
[40] Hilary Silver. [40]ヒラリー・シルバー。 0.84
2015. The Context of Social Inclusion. 2015. 社会的包摂の文脈。 0.48
[41] Mona Sloane, Emanuel Moss, Olaitan Awomolo, and Laura Forlano. モナ・スローン、エマニュエル・モス、オレイタン・アウォモロ、ローラ・フォーラノ。 0.46
2020. Participation is not a Design Fix for Machine Learning. 2020. 参加は機械学習の設計修正ではない。 0.59
In Proceedings of the Participatory Machine Learning workshop at ICML 2020. 訴訟の手続において ICML 2020の参加型機械学習ワークショップ。 0.54
[42] Jessica Tai. ジェシカ・タイ(Jessica Tai)。 0.62
2020. Cultural Humility as a Framework for Anti-Oppressive Archival Description. 2020. 反抑圧的アーカイブ記述の枠組みとしての文化的謙虚さ。 0.49
Journal of Critical Library and Information Studies 3, Journal of critical Library and Information Studies 3(英語) 0.85
1 (2020), 1–23. 1 (2020), 1–23. 0.48
Conference (ESWC). [43] Antonio Torralba, Rob Fergus, and William T. Freeman. 会議(ESWC)。 [43]アントニオ・トーラルバ、ロブ・ファーガス、ウィリアム・t・フリーマン。 0.67
2008. 80 Million Tiny Images: A Large Data Set for Nonparametric Object and Scene 2008. 800万画素画像:非パラメトリックなオブジェクトとシーンのための大規模なデータセット 0.56
Recognition. IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence 30, 11 (2008), 1958–1970. 認識 IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence 30, 11 (2008), 1958–1970 0.42
https://doi.org/10.1 109/TPAMI.2008.128 https://doi.org/10.1 109/TPAMI.2008.128 0.13
[44] Marieke van Erp and Victor de Boer. 44]Marieke van ErpとVictor de Boer。 0.69
2021. A Polyvocal and Contextualised Semantic Web. 2021. Polyvocal and Contextualized Semantic Web の略。 0.63
In Proceedings of the Eighteenth Extended Semantic Web 第18回拡張セマンティックウェブの証明 0.54
[45] Jan Willem Van Wessel. ヤン・ウィレム・ヴァン・ヴェッセル(Jan Willem Van Wessel)。 0.47
2020. AI in Libraries: Seven Principles. 2020. AI in Libraries: 7つの原則。 0.64
https://doi.org/10.5 281/zenodo.3865344 [46] Peter Vergo. 10.5281/zenodo.38653 44[46] Peter Vergo 0.32
1989. The New Museology. 1989. 新しい運動学。 0.42
Reaktion Books. [47] David M. Weigl, Werner Goebl, Alex Hofmann, Tim Crawford, Federico Zubani, Cynthia C. S. Liem, and Alastair Porter. 復刻本。 David M. Weigl氏、Werner Goebl氏、Alex Hofmann氏、Tim Crawford氏、Federico Zubani氏、Cynthia C. S. Liem氏、Alastair Porter氏。 0.47
2020. Read/Write Digital Libraries for Musicology. 2020. 音楽学のためのデジタルライブラリーの読み書き。 0.50
In Proceedings of the 7th International Conference on Digital Libraries for Musicology (DLfM) (Montréal, QC, Canada). 第7回デジタルライブラリー・フォー・ミュージックロジー国際会議 (dlfm) (montréal, qc, canada) で開催。 0.69
Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 48–52. Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 48-52 (英語) 0.80
https://doi.org/10.1 145/3424911.3425519 [48] Andrea Witcomb. 10.1145/3424911.3425 519[48] Andrea Witcomb氏。 0.29
2003. Re-examining the Museum: Beyond the Mausoleum. 2003. 博物館の再検討:陵墓の向こう側。 0.56
Routledge, London and New York. routledge、london、そしてnew york。 0.65
[49] James Zou and Londa Schiebinger. 49] ジェームズ・ゾーと ロンダ・シービンジャー 0.56
2018. AI can be sexist and racist — it’s time to make it fair. 2018. AIは性差別主義者であり人種差別主義者でもある。 0.51
https://www.nature.c om/articles/d41586-0 18-05707-8 https://www.nature.c om/articles/d41586-0 18-05707-8 0.11
16 16 0.42
                                 ページの最初に戻る

翻訳にはFugu-Machine Translatorを利用しています。